ホーム > スタッフブログ > 2015年6月の記事一覧

2015年6月の記事一覧

2015年6月の記事一覧

こんにちは、設計の山本です(^^)

 

先日施工させて頂きました神戸市東灘区のH様邸についてご紹介させて頂きます。

H様にはご自宅を新築された時からお世話になっておりまして、今回、芝生駐車場の改修をご依頼頂きました。

 

芝生駐車場は自然な感じで素敵なので臨時駐車場としては良いのですが、常時車を停めていると車の下の芝生も傷みやすく、雨や露もかからないので水の管理も大変。

IMG_1596 (2)

H様の駐車場もタイヤの乗るところが特に傷み、数年前に枕木等敷かせて頂きましたが、なかなかお手入れが難しいようでした。

しかも、イノシシが近隣に出没しているようで、こちらの駐車場は大丈夫のようですが、食べ物を求めて土を掘り返されたこともあるのだとか(( ;゚д゚))))

 

今回、アンティークレンガとカラーモルタルで土間にさせて頂き、ローメンテナンスで停めやすいように改修させて頂きました。

 

途中、作業していると、H様のお子様がお手伝いしてくださいまして、

レンガとレンガの間に目地入れをして頂け、子供好きの職人・黒目も、ほのぼのと出来て癒やされたようです(*^^*)

3()

一緒につくった駐車場が出来上がりました!!

6

ホワイトベージュ系のアンティークレンガが可愛い駐車場になりました。

 

H様、この度は施工させて頂きまして、誠にありがとう御座いました!!

 

 

 

マイナンバー

総務ブログ総務ブログ

テレビとかでマイナンバーがチョコチョコと話題になっていますね。

来年、1月からマイナンバー制度が開始されることになるということで、先日、リコーさんが主催するマイナンバー対策セミナーに三田市の商工会議所へ行ってきました。

2013年5月に国会でいつの間にか成立したこの制度は、住民票を持つ全国民(赤ちゃんからお年寄りまで全員)に12桁の番号を付けて「社会保障」「税」「防災」の給付と負担を公平化しようというものだそうです。利用範囲については今後は拡大させていくようですが、現行では利用はこの3点になっていて、その他に利用すると罰せられるようです。

交付の流れは

1.今年の10月以降に各市町村から「通知カード」と「個人番号カード申請書」、「説明書」が住民票のある住所へ書留で送られて来ます。たぶん詳細は「説明書」にかかれているのだと思います。

※現住所が住民票と違っている方は「まだ来ない」ということになりますので、住民票の確認をした方がいいかもです。

2.来年の1月以降にその「通知カード」と「個人番号カード申請書」、「写真」を用意し申請をすると顔写真入りの「個人番号カード」の交付を受けられます。

 ※個人番号カードの取得は任意で、有効期限があり、20歳以上10年、20歳未満5年となっているそうです。

メリットとしては、社会保障給付の申請や届出、税金の確定申告の際の添付書類が不要になり手続きが楽になるのだそうです。また、個人番号カードを取得すると免許等のない方などは身分証明書としても利用できるようです。

デメリットとしては、個人情報が漏洩する危険性があるということです。

また、会社にお勤めの方は年末調整や社会保険に必要なので、会社にこの番号を届出ていただかないといけません。しかも、扶養家族皆さんの番号も必要だったりします。

マイナンバーについては下記のサイト(内閣官房)でマイナちゃんが動画で説明してくれていて、ちょっと解りやすくなっていますので、よろしければご覧ください。

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/

先週末、京都嵐山の大河内山荘を訪れました。

IMG_4032

京都の中でも人気の高い竹林を抜けた先に大河内山荘があります。

IMG_4034

 IMG_4031

竹林の坂道を登り切ったところ。トロッコ嵐山駅の手前に大河内山荘の入り口があります。ここでチケットを購入します。予約不要。入場料は大人一人1000円。お抹茶とお菓子付きです。

IMG_4005

 軒下の樋は天然の竹で作られています。

IMG_4002

 縁側に腰掛けてゆっくり美しい庭を眺めました。

ここはなぜか観光客が少ないのでゆっくりお庭を探訪できるのが魅力です。

IMG_4007

IMG_4012

まるで絨毯のように綺麗に苔が広がっています

IMG_4015

高低差のある敷地の中に作られた庭園。ぐるっと回遊して頂上あたりになると急に視界がひらけ、意外な展開に一瞬驚きます。

京都の街を一望すると気分も爽快。

IMG_4021

 次は通路を下りながらまた一味違った景色が始まります。

IMG_4022

瓦で描かれた模様入の通路。

IMG_4023

下ってきた道を振り返って…

IMG_4026

 最後にお抹茶と特製抹茶あんの最中を頂きました。

昭和初期の映画俳優大河内伝次郎氏(1898~1962)が30年間かけて作り上げた大河内山荘。

お抹茶を振る舞って下さった女性の話では伝次郎氏亡き後は彼の子供達がこのお庭の管理、運営を受け継がれているそうです。

そして当時、伝次郎氏と一緒にこの庭を作り上げた庭師、広瀬利兵衛の子孫の庭師さんが今も庭の手入れを続けておられるそうです。

 IMG_4044

大河内山荘を出た後はトロッコ電車に乗ってしばし童心に還りました。

IMG_4053

 トロッコ嵐山駅では一部トンネルの中に列車が停まります。

 IMG_4066

IMG_4060

 IMG_4068

 以上、嵐山探訪でした。

京都のお寺の庭園は見飽きたという方、一度京都嵐山の大河内山荘を訪ねてみてください。

お庭の素晴らしさもさることながら他の名所に比べて観光客が少ないのでゆっくり静かに縁側に腰掛けたりしながらお庭の良さを味わうことが出来ますよ。

一番の見頃は11月中旬だそうです。

紫陽花の季節

設計ブログ設計ブログ

少し時間が出来たので、六甲山の森林植物園に紫陽花を見に出かけてきました。

今年は紫陽花だけで25種類・5万株が植えられており、好きな花という事もあって楽しみでした。

紫陽花というとまん丸な花を想像する事が多いのですが、ガクアジサイと云いまして

玉の周辺のみが開いて、中心は蕾状のままという種類があります。

今まであまり好きでは無かったのですが、今回は花びら(正確には花びらではありませんが・・)

の形が変わったものであったり、独特の色が乗ったものもあって、すっかりガクアジサイが好きになってしまいました。

高さもお庭に植えるには丁度よい高さですし、中々に趣がありましたので

来シーズンを見越してご検討なされてみてはいかがでしょうか。

以下先日撮ってきたものを・・。

IMGL5915 IMGL5936 IMGL5941 IMGL5951 IMGL5959 IMGL5967 IMGL5970 IMGL5971 IMGL5978

お粗末様でした。

 

曇り空

設計ブログ設計ブログ

こんにちは!

雨男の山矢です。

 

今週はあまりパッとしない天気が続きましたね。

それもそのはず、梅雨時期まっただ中ですね。

僕が雨男だからではないですよ。

 

梅雨が終わると夏本番の到来となりますが、 暑い夏もどちらかと言うと微妙。。。

さて、今時期の梅雨ですがいろいろな語源説があるようで、 気になって調べてみました。

sky_2011101513440001[1]

すみません!

なんとも言えぬグレーで味気ない曇り空。

 

すると、

 

梅雨の語源は6月から7月にかけての初夏の長雨を「ツユ」と呼び、漢字では 「梅雨」と書きます。

そもそもは、「バイウ」で、中国から伝わってきた言葉です。

中国は揚子江流域で、梅の実が熟す時期に雨期があり、それを梅雨と 呼んでいます。

 

それでは、「梅雨」を「ツユ」と呼ぶようになったのは?

これは江戸時代の頃からです。

 

語源については諸説がありますが、

 ・木の葉などに降りる「露」から来ている。

・梅の実が熟してつぶれる時期であることから、「つぶれる」

   を意味する「潰ゆ(ついゆ、つゆ)」から来ている。

・「梅」のつくりになっている「毎」は、毎度とか毎日とか、

   連続して雨が降るこの時期に梅雨という漢字が当てられた。

・昔中国では黴雨という字が当てられていました。

  カビの雨と書いてバイウなのですが、たしかにカビの季節とはいえ語感が悪いので、

  梅雨という字に改められたという説

 

などなど、自分なりにまとめてみましたが、まだまだ多くの説があるみたいですね。

奥が深いのか、謎に満ちているのか。。。笑

 

梅雨の時期は、植物には待ってましたと言わんばかりの時期で雑草なんて グングン伸びます。

抜いても抜いても生えてくる雑草には凄まじいパワーを感じるばかりです。

でも、負けずに頑張って抜いてくださいね。

それではまた~!!

皆さんこんにちは

今日は雑草は雑草でもスギナ、ドクダミについてお話をさせてい頂きます。皆さんはこの2種類+チガヤで困った

ことはありませんか?

①写真のように、刈り取ったスギナ、ドクダミを土の中に埋め込みます。

IMG_5971

 

②5区画に分けて実験しました。深さは12cm下がり、20cmさがり、その他

IMG_5968

 

 ③この白い粉が今回のポイント❢。 左から2番目の枠ですね。

IMG_5972

 

 ④真ん中より左側2面黒いのは牛糞です。坂林はよく植物を植えるので同じ条件にしました。

IMG_5973

 

⑤牛糞を混ぜ、後はどうなるか。因みにこの容器(アクリルガラス製)高かったですよ↗ 根の動きも観察できるし優れもの

IMG_5974 

 

⑥一番左の桝、写真では見難いですが、20cm下がりで埋めたスギナが一ヶ月後地上に上がってきた。

 この画面の 右側の白い粉をかけた方はまだ出てきていない。

CA380010

 

⑦牛糞を入れていない方からも一ヶ月後、スギナを確認。深さ⑥と同じ20cm下がり

 (写真では見難いですが。しっかりと確認できます)

  CA380008

 

⑧スギナ、ドクダミを埋めて約2ヶ月後、牛糞を入れた方は雑草の育ちが凄いです❢。

  スギナ、ドクダミもどんどん増えてきています。

  ところが・・・あの気になる白い粉。

IMG_0389

 

⑨今回の実験はスギナ、ドクダミが20cm~30cmの所から地上に上がってくるかどうか。

  なので、不要な草は引き抜きました。すると、こちら・・・

  白い粉を蒔いた左から二番目はスギナ、ドクダミとも生えていません。

IMG_0395

 

⑩最終結果は以下の通り

  30cm土がかぶっていても、中央から右側スギナとドクダミが確認できます。

File 000561

 

⑪ ⑩のアップ写真です。

File 000556

 

⑫ ⑪のさらにアップ

File 000557

 

⑬中央から左側、草まみれですが、よくよく見てみると・・・

File 000555

 

⑭ ⑬のアップ  ⑨の写真で判明しましたがやはり、一番左側はスギナがよく確認できますが左から二番目

  白い粉を使った所は雑草は生えていますが、スギナ、ドクダミは生えていません。

  この答えが欲しかったんです。

File 000558

 

⑮この写真は神戸市や三田市、宝塚市、川西市などでよく見かけます。何かと言うと

 File 000454

 

⑯スギナの根です。ぎっしりとはびこり、色は少し黒っぽいですかね。

File 000463

 

⑯この土の上に芝生を貼るので、まずは根っこをこまめに人力除去(すべて取り切ることは不可能)

  この白っぽい袋の中には、すべてスギナの根っこが入っています。

 File 000468

 

⑰ ある程度、スギナの根っこを除去します。

   その後、白い粉を巻きます

File 000467

 

⑱ 白い粉と真砂土を撹拌して完了です。

File 000518

 

*時間が来てしまいました。ニュージーランドのお話はまた、来月とさせていただきます。 

 宜しくお願い致します。

皆様ごきげんいかがでしょうか

梅雨ですね、カビの季節です

家中に湿気が溜まりやすくなるので

できるだけ風通しを良くしてあげましょう

エアコンの除湿機能や除湿機も活用して湿気を排除

風呂場やキッチン、トイレなど水回りは特に注意が必要

意外なところにカビは発生します

最近便利になった冷蔵庫の自動製氷機の水タンク

これもこまめに洗ってあげないとカビが発生し

カビ入り氷の出来上がりです

水道の蛇口の出口も危ないそうです

押入れや下駄箱の中も密閉されやすいので空気の入替えを

してあげましょう

湿気取り材なんかを置くのも有効ですね

下駄箱に靴をしまう時は濡れたまま入れるのは控えましょう

お風呂に入った後は壁についたカビの餌になりやすい石鹸などを

シャワーで流してやると発生を抑える効果があるかもしれません

そんなわけで嫌なカビを無くして気持ち良く夏を迎えましょう

 

先日車屋さんでの作業待ちの時に隣の席で打合せを行っていました

もめているわけではないのですがお客さんが営業マンに食い下がる

内容は走ってる時にテレビが見れるようにしてほしいというものでした

当然営業マンは出来ませんと言い放つ

だがお客さんも諦めない、嘘か本当かはわかりませんがT社では見れるように

してくれると言っていた

原則として正規ディーラーと呼ばれる店でそのような取付けがなされることはまずない

事故が起こり裁判沙汰になった事例もある

店側としても取付けが発覚すればただでは済まないはずである

最終的に営業マンが言い放った一言はお客さんがどうしてもテレビを見たくて

T社でそうしてもらえるならどうぞそちらでP(車)を買ってください

という言葉でした

一見乱暴で傲慢なのか?とも思われかねない表現ではあるのだが

やはり裏を返せば車に乗る人の安全であったり、自分の仕事に対するプライド

(きっちりとした仕事をしてお客様に車を提供すること)が根底にあるからでしょう

そこで融通がきかない店だと思うか良い店と判断するかはお客様次第ですが

何でもかんでもお客様の希望を鵜呑みにするよりも

ダメなものはダメと言ってもらえる店の方が安心感があると私は思います

 

今日もランチ&スイーツを載せましょう

まずは会社でお昼に作ったお手軽丼

角煮丼

ご飯にうなぎの蒲焼きのタレを掛け豚の角煮をのせて上から

ネギと刻み海苔をまぶしました

超簡単でしかも失敗のないおいしさでした

 

続いてはカレー屋さんにて

カレー

チーズナンがもうたまりません

プレーンナン

プレーンナンておかわり自由だけどこんなでっかいの何枚も食べれる??

 

カレーの後はカフェでスイーツ

ケーキセット

ここのケーキは手作りで美味しいです

アーチ

アーチが置いてありました

アーチ花

 

そんなこんなでよく食べた一日でした

 

それではまたSEE YOU(^_^)/

6月も半ばとなり、30度を超える日ある今日このごろ。

家の中にいても強い日差しが気になり始めました。

ゴーヤやつる性植物を庭先に植えて緑のカーテン…も綺麗ですが虫が気になったり、掃き出しからの出入りが難しかったり…と少々難点もありますね。

そんな中、先日開催された関西エクステリアフェア2015の会場でスタイルシェード、(又はアウターシェード)というすぐれものを見かけました。

IMG_3818

 

小さな窓用なら約2万円程度(工事費別)。大きな掃き出し窓用のタイプのものでも5万円以下、とお値段もとても魅力的です。

日差しをカットすることで冷房費を抑え20%近くの節電になるそうです。

シャッターサッシや雨戸サッシにも取付可能。

IMG_3857

 

IMG_3860

IMG_3858

 

カラーバリエーションも豊富なのでお庭の雰囲気に合わせてコーディネート可能です。

お客様にも是非オススメしたい商品です。

 

 

 

 

 

 

ほうさく

工事ブログ工事ブログ

こんにちは。

先日健康診断で身長が1センチ伸びていた工事部の永仮です。笑

グミの木

とある所に大量に成っていたグミの木。⇧

いつもお世話になっている職人さん達と採ってきました。

実がいっぱいでイヤリングみたいにぶら下がっていてとても綺麗。味は甘酸っぱくて美味しいし確かに食感がグミのような、、

自分は特に何もしていないのですが、沢山あったので60粒程いただきました。笑

 

大量と言えば最近我が家でワイルドベリーを育てているのですが、

1週間ほど前に葉っぱと茎になにか模様みたいなものがついていて目を凝らしてよく見てみると、、、

なんとアブラムシがびっしり!!!!笑

奥さん発狂!!笑

この時期はどうしてもアブラムシやうどんこ病が付き物。

でも食すため薬は控えたい、、、

そこでアブラムシ対策を調べてみた所色々な対策法がありました。

その中で今回はお酢をかけてお酢の臭いで退散させる方法を試してみました。

ワイルドベリー (2)

お酢をかけた後のワイルドベリー⇧

だいぶ数は減りましたが全滅まではなりませんでした。苦笑

アブラムシは放置していると植物の栄養を吸い取ってしまうそうなのでしばらくは虫達との戦いになりそう。

ですが、名前の通り強く繁殖力もある植物なのであまり心配はしていません。笑

他にも牛乳を水で薄めて霧吹きで噴く、てんとう虫を放す、アブラムシが好きな黄色の害虫テープを貼るなど

様々な対策があるみたいです。

 

ワイルドベリーは味はイマイチみたいですが香りはよくてジャムなどに数個入れたりするようです。

白い小さな花が咲いてとても可愛く観賞用にも持ってこいの植物、

また幸せを呼ぶ植物だとか。笑

アブラムシがいなくなりまたグミの木みたいに実が沢山付いたら今度は職人さんたちに6粒程分けてあげることにします。笑

以上ほうさくでした。

 

IMG_3786

2015年6月12日、インテックス大阪で開催された関西エクステリアフェア2015に行ってまいりました。

エクステリア関係の見本市を見るのは初めて。朝から閉館まで丸一日会場内をウロウロしました。

大きなカーポートや小さなショップが開けるくらいのスペースがある大型物置から小さな表札まで。エクステリアに関するあらゆる商品がところ狭しと展示されていました。

中にはまだ試作の段階で発売日程未定の商品もあり、まだカタログにも掲載されておらず、この会場でしかみることができないというモノもあってそういう商品に出会うとなんだかワクワクします。

IMG_3855

電動シャッター付きの大きなカーポート。防犯に優れた商品です。まだ試作段階で今回はじめての出品だとか。二年後の商品化予定だそうです。楽しみですね。

IMG_3854

IMG_3658IMG_3656

 柔らかくて優しい光を放つ照明。磁器製です。

IMG_3673

お庭のホースの先をカチッとつなぐだけでシャワーとして使用できる水栓金具。ペットを洗いたい方のニーズに応える商品だそうです。

IMG_3674 IMG_3675 IMG_3679

 可愛らしい水栓金具がいっぱい。

IMG_3696 IMG_3699

上の二枚の表札は二層の印刷。下の商品は四層の印刷です。

最近は細い門柱が増えてきているので小さなスペースにも使える表札のニーズが高まっているそうです。ちなみに上の表札のサイズは110mm x 110mmです。

IMG_3701 IMG_3702 IMG_3706 IMG_3728

IMG_3738 IMG_3746 IMG_3749

たくさん目にしたのが模様入りの床材。この商品はまるでカーペットのような模様でとても綺麗でした。

ところで今回とても勉強になったのがタカショーさんの主催の照明の効果的な使い方についてのデモンストレーションです。

背の高い木や足元の植栽等、何をどう照らすかによって適切な照明器具の選択方法や照らす方向の決め方など、実際に照明器具を使いながら説明して下さいました。理屈ではわかっているようでもなかなかはっきりとつかみきれなかった感覚ですが、今回わかりやすく説明してくださったのでとても面白かったです。

続く…

   

ページトップへ


Copyright © Feeling Garden 坂林盛樹園. All Rights Reserved