ホーム > スタッフブログ > 鉄骨という選択肢

鉄骨という選択肢

鉄骨という選択肢

設計ブログ設計ブログ

日に日に秋が深まる季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
先日、紅葉を楽しむために御在所岳に連れて行って頂きましたが、
ロープウェーの高さに生きた心地がしませんでした。
IMGL9342

さて、高さという事で、ただいま工事中の物件をご紹介させて頂きます。

IMG_20151118_104234IMG_20151118_105541

なにやら大掛かりな事になっていますが、鉄骨のテラスを組み立てています。

道路と宅地の高低差があるお土地で、広いテラスが作れないか、というご相談でした。


メーカーの既成品で高所向けのテラスは確かに有るんですが、設計に制限があったり、

床板がデッキ状で隙間があり、雨の日には下に停めた車が濡れてしまったり、

テラスの足が何本も立ってしまい、駐車場の有効寸法や、見た目的にもよろしくありません。

 

そこで今回は骨組みを鉄骨でご提案させて頂き、テラス部分をコンクリートで仕上げる事により、

数々の問題を一気に解決してしまった訳です。

 

ちなみに、完成はこのようなイメージです。

ブログ用2

コンクリートの仕上げにしてありますので、将来的にこの上に人工芝を張ったり、また石貼りにしたり、

各種グレードアップが可能です。

排水についても、勾配を設けて排水パイプを繋ぎますので、水が溜まりにくくなります。

IMG_20151118_121529 ブログ用1

テラスの下の部分についても、極力広いスペースが確保出来るよう、足は1本で支えています。

IMG_20151118_121548

また、塗装がしにくい裏側については、デッキプレートをメッキ加工する事で非常に錆びにくくしてあります。

※白い骨組みの部分は写真の段階ではサビ止め塗装と、下塗りです。


なかなか鉄骨を扱っているお庭屋さんは少ないんじゃないかと思いますが、

鉄骨は鉄骨屋さんに、お庭はお庭屋さんにと、別々に依頼すると、それぞれの取り合いが難しく、

それだけお打ち合わせの手間も増えてしまいます。

その点、弊社では両方を合わせたトータルなご提案をさせて頂けると思います。

 

敷地の活用にお悩みの方、こんな方法もございますのでご検討下さいませ。

 

 

 

 

  • 前の事例へ

  • 次の事例へ

   

ページトップへ


Copyright © Feeling Garden 坂林盛樹園. All Rights Reserved