ホーム > スタッフブログ > 設計ブログの記事一覧

「設計ブログ 」の記事一覧

「設計ブログ 」の記事一覧

2016年が開けてあっという間に終わった1月の最終日、柏原町にある重要文化財黎明館内のフランス料理店、ル・クロ丹波邸に行ってきました。

reimei_out

元学校の校舎を利用して営まれているル・クロ丹波邸様。建物が重要文化財なので釘1本打てないそうです。

レストラン風にアレンジするのはなかなか大変でしょうね。
IMG_6053

IMG_6055

IMG_6056
1800円のランチメニューの1品目、オードブル盛り合わせ。
「お箸で食べるフランス料理」というコンセプトどおり、味付けも全体的にあっさりしていて日本食とフランス料理の中間という感じ。
IMG_6057
白身魚の茶わん蒸し風仕立て。和風隠し味のきいた優しい味のソースが絶品でした。
大阪で3店舗、パリに1店舗を構えておられる有名店、ル・クログループオーナーシェフである黒岩功氏が昨年春丹波市に5店舗目の出店を決められたとのこと。
大阪の友人に教えてもらったのですが、こんなおいしいフランス料理店がこんな身近なところにあったなんて驚きです。

IMG_6061

お料理を運んでくださる女性スタッフとの会話の流れで、私たちの結婚記念日が近い…という話がちらっと出たのですが、なんと最後にスタッフの皆さんで運んで下さったデザートのお皿にHappy anniversary…とメッセージを添えて下さっていました。写真撮影もしてくださり、口々に「おめでとうございます!!」とかけてくださるお言葉に照れくささとと嬉しさでおもわず「はずかしー!」と叫んでしまいました。
素敵な店内、とてもおいしいお料理、スタッフの方々の気持ち良い対応、そして思いがけない心のこもった演出…。満足度の高い最高の時間を過ごすことができて感謝しています。

聞くところによると、ル・クロ丹波邸の皆さん、昨年丹波の地に出店が決まって、スタッフ全員が大阪から丹波市に引っ越してこられたそうです。
中には職場結婚をされたカップルもそのまま務め続けられるように…と交代でベビーシッターをしながら赤ちゃん連れで働いておられるとのこと。チームワークの良さがそのまま 店の雰囲気やお料理ににじみ出ているお店でした。

ところでこんなに来店客に感動を与えられるお店っていったいどんな方が経営されているんだろう…と興味を持ち、帰宅してからネットで調べてみました。
このル・クログループオーナーの「黒岩功氏」ですが、料理人としての活躍にとどまらず、人材育成や食育、スイーツ作りをとおして障害をお持ちの方々の雇用の場を広げる活動など、様々な分野で活動しておられるそうです。
黒岩氏は自ら執筆された本の中で 「コンプレックスは力になる」ということをおっしゃっています。

「コンプレックスは力になる。
コンプレックスに苦しみ、まだ自分のポテンシャルを開花させていない、劣等感を持った人間には、成長の余地が無限に残されているからです。
つまり、コンプレックスは成長する上での最大のエネルギーになるということ。
もしそのエネルギーに火をつけることができたら、人はどこまでも伸びていくことができるのです。
僕自身、 コンプレックスを持ち、 「こんな自分を変えたい!」 と思うことがなかったら英語もフランス語もドイツ語もできないのに日本を飛び出してヨーロッパで修業すること もなかったと思います。
そしてもう一つは、人材の力を引き出すのは、すべて環境づくりにかかっているという こと。
上司から部下への働きかけによって、どのようなバックグラウンドを持った人材の集まりであっても、一丸となって最高のパフォーマンスを発揮できる。
つまり、人は組織によって、変わり、育っていくのです 。」

読んでいるとなんだか勇気がわいてくる文章ですね。
従業員の皆さんが生き生きと働かれている職場に流れる気持ちの良い空気を肌で感じ、すっかりル・クロさんのファンになってしまった私です。

こんにちは、今日は成人の日ですね。

新成人の皆様、おめでとう御座います。

 

年始早々鼻風邪をこじらせてしまった設計の山本です。

暖冬だからといって寒さを油断していたらダメですね。

皆様お気をつけ下さいー(^^;)

 

さて、今回は西宮市のI様邸をご紹介させて頂きます。

I様は数年海外赴任をされておりましたが少し前に日本へ戻ってこられ、『さあ お庭をしよう!!』と弊社へご依頼頂きました。

赴任先で親しまれた外国の街並みや自然の風景を懐かしく思われておりましたので、思い出して懐かしんで頂けるお庭になるようプランニングさせて頂きました。

 

施工前がこちら↓

20150701_163834

そして、完成がこちら↓

IMG_3399

IMG_4083

 

既存の塀を少しイメージを変えてナチュラルな雰囲気にさせて頂き、雑木系の樹木・草花で緑を楽しんで頂けるように致しました。

IMG_4079

IMG_4145

IMG_3439

リビング前にはガーデンルーム『LIXIL エクシオール ZIMA(ジーマ)』を設置してます。

20151007_153959

建物の裏側にはテラス屋根『LIXIL サンクテラスF』を設置させて頂き、勝手口までの雨除け、自転車屋根としても使って頂けます。

 

IMG_4152

冬の間は緑が少なくてすこし寂しいですが、冬の間も日々ゆっくりと変化していくお庭を楽しんで頂けているようです。

春になるのが待ち遠しいですね(´∀`)

IMG_4133

 

ご近所の方からも『素敵なお庭になりましたね』と声を掛けられたようで!!

お庭を通してご近所の輪(和)が広がって頂けたらいいですねぇ。

 

I様、この度はお庭づくりのお手伝いをさせて頂き、ありがとう御座いました。

 

追記

一緒に植えさせて頂いたプンゲンスホプシー。

IMG_3404

『ぷんちゃん』と可愛がって頂けているようです。

写真を撮影したのがクリスマス前だったのでさらにかわいくなってました(●´ω`●)

今日はわが家の愛犬をご紹介いたします。

IMG_5849 (1)

リリ7歳。トイプードルの女の子。フリスビーが得意です。

生後3ヶ月の頃、友人の知り合い宅で飼われていたのですが、当時2歳の先住犬とそりが合わず、先住犬のほうがストレスのあまり脱毛、下痢、拒食を発症・・・「このままでは命すら危ない」、と心配された飼い主さんから子犬のほうを預かって欲しいと頼まれ、7年前の昨日、我が家の子になりました。

先住犬と元飼い主さんの神経をボロボロにするほどのおてんばだったリリですが、年月を重ねるごとに良い子になり、今では耳の遠い母に電話の音や来客のインターホンの音を知らせ、聴導犬さながらの役割を果たしています。そして年老いた母の話の聴き役になったり、散歩に付き合って健康維持に一役買ったり・・・今や私たちにとってかけがえのない存在になっています。

ある方の話では犬は自分が一度飼い主から捨てられたことを覚えているのだそうです。そしてもう二度と捨てられないようにリリなりに一生懸命頑張っているのではないかとのこと・・・。
本当にそうなのかどうかはわかりませんが、もしそうだとするとあまりにも健気でいじらしい愛犬をギュッと抱きしめたくなる衝動に駆られます。

これまで柴犬・ミックス・バーニーズマウンテンドッグ・秋田犬・ポインター・・・と色んな犬と暮らしてきました。
そんな中、新しい犬との出会いの際にいつも思い出すのが犬たちの本当の気持ちを表現したと言われる「犬と私の10の約束」です。数年前映画にもなりましたね。

1.  私と気長につきあってください。
2.  私を信じてください。それだけで私は幸せです。
3.  私にも心があることを忘れないでください。
4.  言うことを聞かないときは、理由があります。
5.  私にたくさん話しかけてください。人の言葉は話せないけど、わかっています。
6.  私をたたかないで。本気になったら私のほうが強いことを忘れないでください。
7.  私が年を取っても、仲良くしてください。
8.  あなたには学校もあるし友達もいます。でも、私にはあなたしかいません。
9.  私は10年くらいしか生きられません。だから、できるだけ私と一緒にいてください。
10.  私が死ぬとき、お願いです。そばにいてください。そして、どうか覚えていてください。私がずっとあなたを愛していたことを。

何回読んでも8項目あたりから胸が一杯になって涙ぐんでしまうのですが、今や愛犬家の中では知らない人はいないとまで言われているこの言葉。動物と暮らすにあたって私たち人間が守っていかなければならないとても大切な約束だと思いつつ、毎年リリが我が家に来た日に思い出しては愛犬との付き合い方を省みています。

 

伸びる人材

設計ブログ設計ブログ

あけましておめでとうございます。

旧年中は弊社ホームページを訪れて下さり有難うございました。

フィーリングガーデンは昨日(1月6日)より新年の営業を開始致しました。

2016年の初出の日、弊社が日頃から「師」と目標にさせていただいているディーズガーデンの橋本社長・営業部長の佐賀氏、営業部西木様が新年のご挨拶を兼ねて遠路はるばる弊社に足を運んで下さり、短い時間ではありましたが数々の貴重なお話を聞くことが出来ました。

その中で一番心に残ったのが

「伸びる人」とは

素直であること

勉強熱心であること

良いと思ったことを即実行できる人

この3つを兼ね添えた人だというお話でした。

文字にすれば簡潔ですが、なかなか出来そうで出来ないことだと思います。

年齢を重ねれば重ねるほど、自分の中にある長年の経験が逆に邪魔をして頭と心が固くなり、ついつい人の意見を受け入れにくくなりがちです。

また、気がついて勉強するところまでは出来ても知識を得た時点で満足してしまい、行動というアウトプットが出来ないまま結局何も変わらなかった。変えられなかったという経験も痛いほど重ねているのが実状の私。

幸運にも新年早々のご縁で心に響いたこの言葉、今年1年の私の行動の指針にと刻んでおきたいと思います。

本年も何卒よろしくお願いいたします。

クリスマス・オン・アイス

設計ブログ設計ブログ

今年も余す所あと数日となりました。

今日はクリスマス。昨日も今日もわが家では特別なクリスマス行事はありませんが、先週末に大阪の旧なみはやドームで開催されたフィギュアスケートショー・クリスマス・オン・アイスに行ってきました。

子供の頃、札幌オリンピックに出場した「銀盤の妖精」ことジャネット・リンをテレビで見てからというもの、フィギアスケートにすっかり魅了された私なのですが当時から40年以上の月日を経て、今回生まれて初めてアイススケートショーを見る機会に恵まれました。

IMG_5863 (1)

残念ながら会場内の撮影は禁止でしたので入り口の看板だけ。

IMG_5990

私が一番見たかった高橋大輔選手。

高橋選手が現役時代、いつか彼のスケートを会場で見てみたいと思いつつ、なかなか実行できずにグズグズしているうちに引退してしまいました。

後悔先に立たず、ものすごく残念な思いをしたので今回のアイスショーの出場者の中に高橋大輔の名前を見つけたときから「絶対見に行く!!」と心に決めておりました。

当日はクリス・ハートの歌声に合わせ、他にもブライアン・ジュベールや鈴木明子、荒川静香(生イナバウアー見ました!)デニス・テン等、豪華キャストの滑りを存分に楽しみました。

「やはり生は良い!」

この次チャンスが有れば現役復帰した真央ちゃんが出場する競技会を見に行きたいなーと思っています。

ところで観覧席の目の前は氷なので当然会場内は寒いです。フィギアスケートを見に行かれる方は暖かいコート、ひざ掛け、暖かい靴、ホッカイロ、お尻の下に敷けるものを持参されることをオススメします。

特に氷上アリーナ席なんてまさに氷の上に設営された席なので万全の準備でどうぞ。

 

三田国際マスターズマラソン

設計ブログ設計ブログ

昨日は快晴のもと、三田国際マスターズマラソンが開催されました。
昨年同様、身内の応援のために有馬高校のグラウンドまで行ってきました。

IMG_5884

 今年のゲストランナーはワイナイナ選手

IMG_5944

 スタート地点でランナーの皆さんとハイタッチされるワイナイナ選手。

さわやかな笑顔で選手のみんなを送り出して下さいます。
なんだかとってもいい人でした。

IMG_5954

完走して帰宅した旦那の話によると、走っている最中、「オイ!」と言いながら背中を軽く押して励ましてくれる人物が・・・
颯爽と走り去るその人はなんとワイナイナ選手だったそうです。
ランナー全員を見送った後、最後尾からスタートを切り、みんなを追い越しながら背中をポンポンと叩いて声を掛けて下さったとのこと。ほんとにいい人です。

それにしてもランナーのみなさん、誰も彼も生き生きと楽しそうでとても良いお顔をされていました。
刺激を受けて「来年は私も!!」なんていう気持ちにはとてもじゃないけれど到達しませんが・・・それでもお陰さまでみんなの熱気にパワーをいっぱい頂いた1日でした。

12月に入り、今年もあと残り少なくなりました。

冬はお庭の緑も少なくなって草抜き作業も小休止。

そんな中、庭木の剪定で切り落としたドイツトウヒの葉を使ってクリスマスリースを作りました。

蔓製の丸い輪っかをベースにドイツトウヒの葉を丸く並べて目立たないように緑色の針金をくるくると巻き付けながら葉を固定していきます。

IMGL9520

 ベースになる輪っか、108円也。(byダイソー)

IMGL9518

 緑色の針金も108円です。(byダイソー)

IMGL9528

ちょっと葉っぱが少なくて寂しいかな・・・というわけでもう一周重ねて並べていきます。

ところで葉っぱを並べていく時、注意しなければいけないのが葉の表裏をよく見ること。ちょっとわかりづらいかもしれませんが二枚並んだ写真の上が表側、下が裏側です。

omote

ura

他に特に決まりはありません。自由に好きな形に仕上げていき、最後にリボンやドライフラワーなどでアクセントを付けて出来上がりです。

IMG_5824

金色のリボンとドイツトウヒの実をつけてこんなに素敵なリースが出来上がりました。しかも材料費は200円程度。とてもそんな風には見えません。

 冬場はお庭のお手入れの時間が少なくて済みますよね。
空いた時間を利用してクリスマスの支度にお庭の植物を散りばめた素敵なリースを作ってみてはいかがですか?

今月も届きました!毎月楽しみにしているディーズさんからの美味しいお便り。

IMG_5799 (1)

箱を開けると種類豊富な美味しそうなお漬物達がこんなに沢山入っていました。

IMG_5801 (1)

京都の台所、錦小路にある桝俉さんというお漬物屋さんの品々です。

 

遠~い昔・・・学生時代。年末に西小路のとあるお店でアルバイトをしたことを思い出しました。

お正月料理の食材の買い出しにどっと押し寄せるおばちゃんたちに「まとめて3個買うからまけて!!」ちゃんと値札がついているのに「これなんぼになるの?」とすごい勢いで迫られ、「値切る術」というものを初めて体感した日々。
最初は店と客の駆け引きに圧倒されっぱなしでしたがだんだんそのやり取りが楽しくなってきたことを思い出します。(今では自分自身が値切るおばちゃんの側になっていますが…)

 

(ちょっと話が脱線してしまいました。)ところで毎月届くお届け物ですがいつもすごいなーと思うのが品物に添えられているディーズさんの社員さん直筆のお手紙です。
心のこもった文章も嬉しいのですが皆さん全員達筆だということに大変驚きます。
もしかしてディーズガーデンさんでは書道部とかペン字クラブとかいうものがあってお手紙の練習をされているのかな・・・?一度おうかがいしてみたいです。

 

鉄骨という選択肢

設計ブログ設計ブログ

日に日に秋が深まる季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
先日、紅葉を楽しむために御在所岳に連れて行って頂きましたが、
ロープウェーの高さに生きた心地がしませんでした。
IMGL9342

さて、高さという事で、ただいま工事中の物件をご紹介させて頂きます。

IMG_20151118_104234IMG_20151118_105541

なにやら大掛かりな事になっていますが、鉄骨のテラスを組み立てています。

道路と宅地の高低差があるお土地で、広いテラスが作れないか、というご相談でした。


メーカーの既成品で高所向けのテラスは確かに有るんですが、設計に制限があったり、

床板がデッキ状で隙間があり、雨の日には下に停めた車が濡れてしまったり、

テラスの足が何本も立ってしまい、駐車場の有効寸法や、見た目的にもよろしくありません。

 

そこで今回は骨組みを鉄骨でご提案させて頂き、テラス部分をコンクリートで仕上げる事により、

数々の問題を一気に解決してしまった訳です。

 

ちなみに、完成はこのようなイメージです。

ブログ用2

コンクリートの仕上げにしてありますので、将来的にこの上に人工芝を張ったり、また石貼りにしたり、

各種グレードアップが可能です。

排水についても、勾配を設けて排水パイプを繋ぎますので、水が溜まりにくくなります。

IMG_20151118_121529 ブログ用1

テラスの下の部分についても、極力広いスペースが確保出来るよう、足は1本で支えています。

IMG_20151118_121548

また、塗装がしにくい裏側については、デッキプレートをメッキ加工する事で非常に錆びにくくしてあります。

※白い骨組みの部分は写真の段階ではサビ止め塗装と、下塗りです。


なかなか鉄骨を扱っているお庭屋さんは少ないんじゃないかと思いますが、

鉄骨は鉄骨屋さんに、お庭はお庭屋さんにと、別々に依頼すると、それぞれの取り合いが難しく、

それだけお打ち合わせの手間も増えてしまいます。

その点、弊社では両方を合わせたトータルなご提案をさせて頂けると思います。

 

敷地の活用にお悩みの方、こんな方法もございますのでご検討下さいませ。

 

 

 

 

伏見稲荷と平等院鳳凰堂

設計ブログ設計ブログ

京都の紅葉にはまだ早いかな…と思いつつ、先日、かねてから行ってみたいと思っていた伏見稲荷と平等院鳳凰堂を訪れました。IMG_5177

商売繁盛・五穀豊穣の神様として、厚い信仰を集める伏見稲荷大社。
安産や、万病平癒、学業成就などのご利益があるそうです。

IMG_5148

期待通りの赤い鳥居の道。思った以上に道のりは長い。

IMG_5154

鳥居を寄進された方のお名前や会社名が記されています。

「申年の男」って…誰?

伏見稲荷は拝観料無料、そしてお稲荷さんの目の前の広い駐車場も無料でなんだか全体的に太っ腹というか大らかな印象でした。

 

そして次に訪れたのが平等院鳳凰堂。24年9月から約2年間の修復工事を終え、今年の春から拝観再開されました。IMG_5198

10円玉に記されたあの姿。本物をゆっくり眺めることが出来てその美しさに感動!

建物も素晴らしいけれどお庭も美しい…建物の前に造られた池に建物の姿が映り、周辺の景色と建物の調和が計算され尽くしていることに驚きます。

 IMG_5215

藤原頼通は、当時の人が思い描いていた「極楽」の世界を表現するために鳳凰堂を建立したのだそうです。当時の建築技術を忠実に再現してお色直しされた鳳凰堂を眺めていると当時の人の美的感覚の素晴らしさ、心の余裕が感じられます。

平成の大修復にあたり、長年の経年劣化をふまえた侘び寂びを表現するのか、それとも新築当時のきらびやかな姿を忠実に再現するべきなのか色んな意見が飛び交ったそうです。私個人的には当時の人がどんな色を好んでどんな技術を持ち、どこまで細かい表現をしていたのか、最初に人々が作ろうとしていたものはどんなものだったのかを知りたかったので「金ぴかでよかったー!」と思いました。

IMG_5235

宇治といえばお茶。拝観後、鳳凰堂の入り口向かいのお茶屋さんでティータイム。抹茶ぜんざいが美味でした。

 

ところで鳳凰堂のもう一つの見どころは平等院ミュージアム鳳翔館。近代的な建物が上手く周りの空間に溶け込み、辺り一帯は鳳凰堂を中心に史蹟名勝に指定されているそうです。

展示内容や展示方法が斬新で素晴らしく、一見の価値あり。昔の建築と現代の建築双方の美しさを一度に味わえるのも平等院鳳凰堂の魅力だと思います。

これから全盛期を迎える京都の紅葉見物のついでにちょっと伏見・宇治まで足を伸ばしてみませんか?

 

   

ページトップへ


Copyright © Feeling Garden 坂林盛樹園. All Rights Reserved