ホーム > スタッフブログ > システム管理の記事一覧

「システム管理 」の記事一覧

「システム管理 」の記事一覧

皆様いかがお過ごしでしょうか

日にゝ暑くなってきますね

よく晴れた日には家の中にいてもクーラーをかけなければ

熱中症になってしまいそうな日もあります

 

暑い時は涼しい場所に行ってみようじゃなかと

近くで涼の取れる場所を探してみました

 

めっちゃめちゃ近くにありました

地図

なんと事務所から車でたった8分2.6kmでした

千丈寺湖(青野ダム)の周りを走る道路ですが途中にポツポツと休憩所のような所があり

木が生えていて湖もすぐそことなかなか良い涼を得られる場所です

 

四阿(あずまや)を発見したのでそこで涼む事にしました

四阿

 

涼むのもいいですがまずは腹ごしらえをしましょう

気になるヤツを用意してきました

ギガビッグマック

なんとビッグマックにとんでもないサイズが期間限定で発売されていることを知り早速購入してみました

グランドセット

そしてセットもとんでもない量の飲み物とポテトのグランドセットを注文してみました

 

四阿には誰もおらず独占状態だったので

ベンチの上で一人でレッツパーリーヽ(=´▽`=)ノ

ギガビッグマックセット

なんという量なんだ

こんなジャンキーな昼ごはんは久しぶりだ

ギガビッグマック恐ろしいデカさです

100%ビーフのパティが4枚も入ってます

ギガビッグマックアップ

部活帰りの学生ならへっちゃらかもしれないですが、これは結構きつい量です(;´Д`)

とか言いながら全部残さず食べました

 

お腹がパンパンなのでそこら辺を一回り散歩することにしました

四阿のすぐ裏手は広場で遊歩道みたいなのもありました

広場

木陰がたくさんあり、この日はそこそこ風も吹いていたのでかなり涼しかったです

そのまま探検に出ます(^O^)/

遊歩道

どんどん進んでみましょう

遊歩道2

道の横っちょの沼地から生えてるこの感じどこかで・・・

葉っぱ

あっ(゚∀゚)天空の城ラピュタでムスカ大佐がこういう感じの所をかき分けながら走ってた気がする

更に歩道を突き進んでいくと千丈寺湖が開けてきます

千丈寺湖

残念ながら有馬富士は逆方向でした(・_・;)

千丈寺湖2

これ以上進むと戻ってくるのが大変なので探検はここで終了です

 

というわけで今回は事務所の近場にある涼を楽しんできました

近くにあるからこそなかなか行く機会がないような場所へ

出かけてみるのも意外と楽しいかもしれないですね

 

それではSEE YOU(^_^)/~

みなさんこんには(・∀・)

ゴールデンウィークが終わり普段の生活が戻ってまいりました

5月病は大丈夫でしょうか?

 

まだGW休みに入っていない人がいる4月29日(土)から5月2日(火)の

GW前半に動いてしまおうと今年も行ってきました

 

花のじゅうたん

http://www.hananojuutan.jp/

〒669-1502 兵庫県三田市永沢寺170番地

毎年この時期に芝桜を見に行っています

入場

GW前半だったせいか、そこそこ人は来ていましたが押し合いへし合いと言うほどではなかったので良かったです

4色芝桜

中に入るとすぐに4色に分けて植えられている芝桜があります

フクロウ

フクロウの置物今年もいました(*^_^*)

ミゼット

ピンクのオート三輪、ボディもなかなか綺麗に保たれています

それでは園内を見てましょう

全景

奥まで見渡せます

早めに行ったせいか若干咲きそろっておらず所々葉やシートが見えてますね(^_^;)

寄ってみます

密集赤

鮮やかなピンクですね

赤芝

葉の緑と花のピンクが一緒になるとなかなかいいかもしれません

密集紫

ちょっと落ち着いた紫色の芝桜です

アップ紫

こちらの種類が園の大半を占めています

いこいの森

いつも中に入ってしまういこいの森です

いこいの森中

杉だらけ~近づくのが恐怖の人も多いのでは?

森の中から

森の中からも芝桜を見ることが出来ます

いこいの森とは言うもののここの木は自生しているのでしょうか??

植樹によって作られた環境であるならば、正しくはいこいの林ということになりますね

さて芝桜以外の植物も見ていきましょう

10

14

15

16

17

18

この様に芝桜以外にも綺麗な花を見ることができました

母子まで行ったので帰りに尼ん滝に寄ってきました

尼ん滝

ここの滝は3ヶ所で水の流れを見ることができます

20

看板の奥に見える上側の滝のひとつです

滝2の1

上側の一番奥にある滝で石の上を飛んで滝の前まで行きました

22

巨大な滝の迫力もいいですがこういう小滝がいくつも組み合わさっている光景も悪くないですね

紅葉1

新録とでもいいましょうかとにかくこの周辺の緑が綺麗でした(∩´∀`)∩

緑と赤

そしてこの真っ赤な紅葉が緑と合わさってすごく印象的です

下の滝

下に降りると上の二つが合わさった大きな滝になっています

滝アップ

左上の石の重なり方とか神秘的です(๑•̀ㅁ•́๑)✧

何かの遺跡のようにも見えませんか?

とこんな感じでGW前半を過ごしていました(`・ω・´)ゞ

がっ!前半に動きすぎたので後半全く何もせず家でゴロゴロ過ごして

そのままGWが終わってしまいました(;´Д`)

みなさんはどんなGWを過ごされましたでしょうか?

楽しんだ人、疲れた人、休めた人

いろいろな人がいると思いますが休み明けもへばらず頑張って行きましょう⤴

それでは今回はこの辺で

SEE YOU(^_^)/~

桜はほとんど散ってしまいましたが暖かくなってきて

外に出るのが気持ちいい季節になってきました

 

週末は天気が良く家で過ごしているのは勿体無い気がしたので

ひとっ走りお隣の篠山市へ

 

三田から篠山に出るには大きく4つの道があります

① 国道176号線をまっすぐ北上するとたどり着きます

これが一番簡単でわかりやすい行き方ですii

② 兵庫県道141号黒石三田線、176号線の一本西側を走る道で

今田町方面に出ます

③ 三田市最北端の母子(もうし)から山をひとつ超えて篠山に抜けます

母子へは青野ダムのある千丈寺湖を走る308号線を北上するルートと

坂林盛樹園の前を通る49号線を北上するふたルートがあります

④ 最後のルートは東よりに北上する木器>高平>小柿>篠山後川のルートです

 

今回は④を通って篠山にでます

三田篠山ルートマップ

このルートの良いところは前半は田園風景が広がり、後半の山間部に入っても

さほど急な坂もなく自然の中を爽快に走れます

交通量も少なく、信号もほとんどないので道を独占している気分を味わえます

 

小柿辺りからは横を走っている川も見どころです

後川 (1)

街中を流れている護岸整備された河とは一味違った雰囲気を味わえます

 

流石に山の中なので川の水が綺麗でよどんでいませんね

川から道路まではそこそこの高さがありましたが、

そこからでも川底まで透けて見えます

後川 (2)

夏の暑い日なんかだと入りたくなりそう(^_^;)

 

後川周辺ものどかでどこか懐かしいような雰囲気に包まれます

通行止めで渡れはしなかったですがこの木製の真っ平らな橋が

すごく情緒があり良かったです

もうちょっと上から撮れば感じが出てたかも(^_^;)

後川 (3)

のんびり走ってもそれほど距離もないので1時間経たずに篠山市南部を横断している

国道372号線にでる事ができます

ここで第一目的地の芦屋ぷりんとあっせ篠山店に到着です

以前にも来たこのお店久しぶりにぷりんを食べたいと思います

そうもちろんあのぷりんですよ(・∀・)b

とあっせ

古民家を改装してお店にしています

雰囲気は以前来た時とほとんど変わっていませんね

 

入口の様子です

とあっせぷりん (19)

入口(中から外を見た様子)

とあっせぷりん (15)

入口中から(ちょっと横)

とあっせぷりん (14)

廊下?なのかな??畳敷きを通ってお部屋に入ります

とあっせぷりん (9)

そしてお庭が見える部屋でぷりんが出てくるのを待ちます

とあっせぷりん (7)

反対側はこんな感じです

とあっせぷりん (8)

ん?もう景色やら建物はいい?

ではそろそろ出しますか

ハイッ!幻のぷりんとゆずジュースのソーダ割りです

とあっせぷりん (1)

奮発してしまいました(;´д`)

 

ではではさっそくかぶせてある紙を外します(*^_^*)

とあっせぷりん (2)

そして添えられていたはちみつを投入

とあっせぷりん (3)

なめらかなぷりんの歯ざわりに濃厚なはちみつが溶け合って

う~んたまりません(๑´ڡ`๑)

とあっせぷりん (4)

あっという間になくなってしまいました(´・ω・`)

またいつか来よう・・・

 

建物内の様子をもう何点か

ミシン

生地屏風

とまぁ大体こんな雰囲気を味わえるお店です

一度幻を体験してみてはどうでしょうか

あっ幻はほとんど午前中に無くなるようですのでご注意ください(・∀・)b

 

さて美味しくぷりんを頂きましたがあまりお腹の足しにはならず

このまま帰ってしまうのも勿体無いので少し走って

讃岐うどんのお店一寸ぼうしさんへ向かいました

一寸ぼうし

今日はうどんを食べるぞ!とうどんを食べる事が目的で出かけた時はうどん屋さんへ行くことはありますが

走ってる途中でうどんを食べようって事はほとんど無いので珍しいかもしれません

一番人気のぶっかけえび天うどんを頼みました

一番人気とは知らなかったが出てくる時に大将が

「一番人気のぶっかけえび天うどんです~」と

言っていたので間違いないだろう

えび天2本だけ乗っかって出てくるのかと思いきや

野菜の天ぷらやおろしも乗っていておいしそう

讃岐うどん (1)

しかも大盛りでもお値段変わらずとお財布にもやさしいのです

標準二玉なのを三玉にしてもらいました(*^_^*)

上の天ぷら食べてたら麺が見えだして

結構入ってますなぁ(^_^;)

讃岐うどん (2)

ちょっとお腹が苦しくなりましたが美味しく完食いたしました(๑´ڡ`๑)

 

三田市からちょっと足を伸ばしていろいろお店を回ってみるには篠山市はちょうどいい距離ですね

知らないお店もいっぱいあるので探してみたいと思います

坂林盛樹園にお越しになられた時は三田やその周辺の街を

一回り観光してみるのも良いかもしれませんね

 

それでは本日はこの辺でSEE YOU(^_^)/~

 

みなさんお花見には行かれましたでしょうか?

 

ついにここ三田市でも桜が満開を迎えました

とは言うもののなかなか天候に恵まれず

スッキリしない曇り空と雨が繰り返しやってきます

 

10日の朝起きると雲はあるものの合間には青い空が見えてきました

そして桜は満開のようです(・∀・)

三田市の桜

いい感じになってきたと思っていたら

1時間ほどで空は一面雲に覆われて、

それからこの日太陽の姿を見ることはありませんでした(´・ω・`)

 

空は微妙な曇り空ですが

撮影の呼び出しがありお昼過ぎから桜のもとへいざ

 

三田市で桜のスポットとなっている武庫川沿いの桜並木

夜は提灯が赤い明かりを放ち遠目にも綺麗だ

今回はお供なので撮影待ちの間に何枚か写真を撮ります

 

桜自体は満開なのでいい感じに咲いてくれているのですが

やはり空模様が今ひとつぱっとしません

三田の桜

引きの画がどよんとしているのでアップで撮ります

三田の桜

アップで撮ってしまえばそれほど空は気にならないですね

三田の桜

ヒヨドリがいました

桜を食べてる??Σ(゚Д゚)

桜とヒヨドリ

もう一枚

三田桜 (6)

動き回るので追っかけながらフォーカスを合わせるのが超大変でした(;´Д`)

 

場所を変えて少し違った感じのところへ

桜と学生

学生さんが桜の下を歩いていてなかなか絵になりますね

川の土手の道+制服の学生というと金八先生を連想してしまいます(`・ω・´)ゞ

 

本日撮った中からお気に入りの一枚を選びます

桜ベスト

幹の横っちょから飛び出している桜で和みました(*´ω`*)

 

最後に対岸の桜を超望遠でとります

密集桜

すごく密集感があります

さすがに手持ちで超望遠なのでブレてますが雰囲気だけでも伝われば(;´∀`)

 

さて残念ながら昨晩から天候が大荒れで

風も強く雨も降っているのでいつ散ってしまうかわからない状況です

1日ぐらい晴れの週末と桜の満開が被ってくれるといいんですがこればっかりは

思うようにいかないものですね

 

桜の次は藤棚かな?

それではまたSEE YOU(^_^)/~

新年あけましておめでとうございます

と1月27日にちょっとばかし遅めのご挨拶になりましたが

本年も宜しくお願い申し上げます

 

全国的に寒いですね

北海道の気温がマイナス30℃以下になってるそうで

想像もできない気温です

西日本でも大雪になっている地域がありますので

十分注意が必要ですね

 

坂林盛樹園の様子はと言いますと

雪が積もった日はなかなか大変でした

朝から雪かきに追われました

会社から見えるいつもの山も雪に覆われていつもと違った感じです

雪山

雪に覆われた木々の上には靄がかかり薄っすらと太陽が出ています

 

事務所の裏手にあるお庭にはよくいろいろな鳥が来ます

雪が溶けた頃棚に止まって休憩していました

小鳥

 

 

 

さて普段気にしない事や気付きもしないような事ってすごくあると思うのです

例えばスマホってありますよね

スマホ=スマートフォンの事ですが

まぁ大きく分類分けをすれば電話です

 

こちらは最新のiPhone7の中身(Apple公式ページより)

 iPhone7

ほとんど人が中身を見ても何が何なのかわかりませんよね?

 

電話の歴史を見ると西暦1876年にアメリカのグラハム・ベルという人物が発明したとされています

140年以上前です

1876年の日本はというと明治9年になりますね

幕末だ維新志士だと言っていた頃からそれほど経っていません

でそんな頃に発明された電話

最新の電子機器満載のiPhone7の中身を理解するのは難しいと思います

でもよく考えると発明当初の基本的な電話の構造や理論を理解して使用している人間が世の中にどれ位いるのだろうか

電話に限ったことではないが普段何気なく当たり前の様に使っている物も

どうやって作られているかや、どういう原理で動いているかを気にしながら使う人はほぼいないだろう

140年も前の技術ですらだ

そう考えると世の中に溢れかえっている様々な物の99%以上を理解せずに使っている事になる

気にせず使う人もいれば気になる人もいるので技術というものは発達していくのだろう

 

最近気になった事と言えば

物体は遠ざかるとなぜ小さく見えるのか・・・

遠くなるんだから当たり前でしょって言えばそれまでですが

具体的に小さく見える理由が知りたい

遠ざかろうが近づこうがものの大きさが変わるわけではないのにどうして小さくみえるのか

 

二つの同じ種類のティッシュの箱があります

手前の緑っぽい方は奥のピンクの箱に比べて大きくみえますよね

でも両方共大きさは同じです

100m離れても100km離れても月に置いてきてもサイズは同じはず

ティッシュの箱

 

ではなぜピンクは小さく見えるのか

仮に物体がどの距離でも同じ大きさに見えたらどうなるんだろうか

 

インターネットでこの疑問を検索してみると

視界に締める物体の割合でサイズ感(大きいとか、小さい)が決まると書かれているところがあった

でもそれは結果論を言っているにすぎないと思う

小さく見えるから小さく感じるだけであってなぜ小さく見えるかの回答にはなっていない

これぞという答えをお持ちの方は是非説明していただきたい

 

もうひとつ見え方について考えてみる

下の画像は正方形のタイルが貼られたテラスである

タイルテラス

目地に沿って2本の赤いラインを描き込んでみた

赤い線の交わる点までの距離を求めよと出題されたとします

定規を使ったり、三角関数や定理を使えば求めることはできますが

でもよく考えてみてください

この2本赤い線、正方形のタイルが並んでるわけなので平行なはずなんです

つまりは現実的には交わることはありません

なのに画像では交わるのです

なぜでしょう

これも遠ざかると小さく見えることに関係しているような気がしてしょうがないです

びしっと何でも答えてくれる人がいればもっとモヤモヤしたものがスッキリするのになぁ

スッキリさせてくれる人募集中

 

そんなわけで新年を迎えたのにモヤモヤしているのでした

それではSEE YOU(^_^)/~

本日は冬至ということで昼間が一番短いのですね

朝から三田市だけでなく関西広域で霧が発生しているみたいで

テレビで道路交通情報センターを見ていたら高速道路も速度規制がかかっていました

IMG_4911

 もや~としていて幻想的かな(;´∀`)

 

 

坂林盛樹園の事務所へ初めて来られる方は

ほぼたどり着く事ができない

ほとんどの方が場所がわかりませんと電話をかけてこられます

自分も初めて来た時通り過ぎてしまったのは内緒/(^o^)\

 

では何がそんなに難しいのかを見ていきましょう

まずは周辺地図で確認

49号線から側道へ抜け細い道に入らないといけません

地図

近くに目印になるものが幾つかありますが

1.花山の湯(三田スポーツクラブゴルフ練習場)

2.共生センター入口にある喫茶店のやまぼうし

3.地図に矢印を書き込んだ場所にある石の記念碑

 

3まで来ることができればほぼたどり着いたも同然なんですが

やはり脇道への入り口がわからず49号線をそのまま進んでしまい

花山院の麓(地図で琴引茶屋と書かれた所)の駐車場から電話を

かけてくる方が非常に多いです

 

そこで記念碑から事務所までを写真と漫画で解説してみようと思います( ´∀`)b

 

Comic_001

Comic_002

Comic_003

Comic_004

Comic_005

Comic_006

Comic_007

Comic_008

 

いかがだったでしょうか

入口さえ見つけられれば意外と簡単に来れるんです

それでも迷われた方は事務所までお電話を頂けましたらすぐに

近くまでお迎えに上がりますのでご心配なく

 

という事で今回は事務所への行き方でした

それではまたSEE YOU!(^_^)/~

今年も残すところあと僅か風邪など引かず

元気に年を越しましょうヽ(`▽´)/

今朝もすごく冷え込み車のフロントガラスが内外両面シャリシャリに凍っていました

 

札幌では29年ぶりの大雪だそうで65センチの積雪だとか

雪だるま作り放題ですね(*´∀`*)

近年雪自体が減ってきている事もあり話題になるのかもしれないですが

雪国暮らしを経験していればなんてこと無い数値である

昨日までなかった雪が朝目覚めると4、50cm積もっているなんてことはよくあることだし

朝は雪かきから始まり雪かきで終わるのが日常なのです

 

さて、本日はなんとな~くありがたいかも?

という光景を朝の掃除の時に拝める事ができました(・∀・)

こちらです

ご来光

丁度山の天辺からお日様が顔を出してきました

山の形に合わせて光が差し込み、真っ直ぐに山裾の靄を照らしていますね

もしや何か良いことが起こる前触れなのかな?ヽ(^。^)ノ

 

景色を眺めているばかりでは掃除が進まないので気合をいれて

掃除に取り掛かります∠( ゚д゚)/

今日の獲物はエアコン室外機

室外機 (1)

実に汚れていますね(´・ω・`)

緑々していて見なかったことにしたいぐらいです

この状態の室外機が7台も並んでいます(´;ω;`)

なぜこんなにも汚いのか

・北面なので陽が当たらない為ジメジメしている

・すぐ後ろが石垣で2階の高さまで立ち上がっていて土なのでいろいろ飛んでくる

・雨の後は地面に染み込んだ水がしばらく石垣のすき間から排出され続ける

・周りが山なので虫や鳥など汚れる要因がたくさんある

こんなところだろうか

そして間違えてはいけないのがこれは1年以内で着いた汚れなのである

築30年で一度も洗っていませんというようなものではありません

そんなわけで洗剤とブラシと水が無いのでジョーロを持って

ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ

ひたすら洗ってやります

すると

まあなんということでしょう(*°∀°)=3

見違えるように綺麗になりました

室外機 (2)

ピカピカです

まるで新品のような輝きです!!

なんて言うと言い過ぎですが見比べてみると一目瞭然白さがまるで違いますね

残念ながら細かな網目は全て綺麗にはできなかったのですが

取り敢えずこれぐらいの綺麗さを保てれば上出来ではないでしょうか

 

 

綺麗になったついでにエアコンのお話でも

エアコンつまりエアーコンディショナーのことですが

値段が高くて電気を食うというイメージですよね

取り付けるだけでも壁をくり抜いたりパイプを設置したり

大きめのものだと200Vの電源が必要だったりと結構な工事が必要です

そんな金食い虫のイメージであるエアコンですが

特に夏のクーラーとしての利用は大変便利でありがたい機能です

 

ではエアコンはなぜ涼しくしてくれるのでしょうか?

エアコンは冷たい空気を生み出しているわけではありません( ´∀`)b

じゃあなぜ涼しいのか

それは熱交換を行っているからなのです

部屋の中の熱を取り(厳密には違いますが)室外機で熱を放出するのです

熱エネルギーの総和は変わらないので外に逃した熱分部屋の中が涼しくなります

どういう原理かを見てみると部屋の中の本体と室外機がパイプで繋がれていて

中に冷媒となるガス(有名どころで言えばフロンガス)が入っている

まずは冷媒を圧縮してやると温度が上昇します

どんな物質でも圧縮すれば温度があがります

圧縮されて熱を持った冷媒を室外機のラジエターとファンを使い冷却してやります

ここで冷媒の温度が下がり外へ熱が放出されます

次に室内に戻ってきた冷やされた冷媒を元の圧力に戻してやります

先程は圧力をかけると温度は上昇するということだったので

逆に圧力を抜くともうおわかりですね温度が下がるのです

常温だった物が圧縮され熱くなり、その熱を冷ました上で圧力を抜けば

常温よりも冷えるというカラクリです

 

わかりやすくざっくりとした数字にしてみると

常温で20℃の冷媒を圧縮して25℃にします

それを室外機で5℃冷やして20℃にします

冷媒を圧縮する時に5℃上昇していたので減圧すると

上がった温度と同じだけの5℃下がります

つまり20℃-5℃で15℃になるのです

これを繰り返せばどんどん室内は涼しくなりますが

逆に熱を排出する外はどんどん暑くなりますね(;´∀`)

 

※詳しい構造が気になる方は各エアコンメーカーにお問い合わせください

※説明の為の例であり実際の数値とは異なります

 

最近のエアコンはいろいろな機能が備わっていてものすごく便利なのだけれど

本当に重要なのは室外機なのかもしれませんね

縁の下の力持ちとでも言うべきでしょうか

 

正面の網目から覗き込むとラジエターコアの前に大きいファンが付いています

室外機 (5)

室外機が調子悪ければ当然室内も快適にはならないし

室外機のラジエターコアが汚れていたり目詰まりしていたりすると

放熱効果が低下し本来の性能を発揮できなくなり余分な電気代がかかる

ようになっているかもしれませんね

室外機 (3)

 

室外機 (4)

このモデルでは背面と左側面が空いていてこちらから吸気しラジエターの熱を取って

前面に排熱するようになっています

 

個人的には室外機カバーはあまりオススメ出来ません

室外機の周りを覆ってしまうと熱が篭りやすく排熱効率が悪くなるので

必要以上の電力消費につながる可能性があるからです

どうしても着けたい、室外機なんて見たくもないという方もいらっしゃるかもしれませんね

そういう方は、ポイントとしては空気の流れの妨げにならないようなデザインの物を選ぶように

してみてはいかがでしょうか

また、オススメしないとは言うものの上部に関して言うと直射日光が当たるような場所に

室外機が設置されている場合には日除けとなるものがあった方が良いと思う

陽が当たれば室外機自体も熱をもつので日陰にしてやることでそれを抑える事ができる

つまり周りは風通しをよくし上面は庇のような物を着けてやるのが一番エアコンと

お財布にやさしいのではないでしょうか

 

ということで今年着いた汚れは今年中に落としてやりましょうね

それでは本日はこの辺りで

SEE YOU(^_^)/~

 

11月もそろそろ終わりに差し掛かり

冬到来といったところでしょうか

北海道ではかなりの積雪があり関東でも雪が降っていましたね

スタッドレスタイヤの準備は大丈夫ですか?

標高が高い地域ではそろそろ氷点下になってくる時期

雪が降り始めてから慌ててタイヤを交換なんてことが無いように

前もって早めの交換をしましょう

 

スタッドレスタイヤを装着する時はしっかりそのタイヤが機能する状態かチェックしましょう

 

チェックポイントは2点

 

1.溝の状態がしっかり残っているか

  夏用タイヤにはスリップサインと呼ばれるこれ以上タイヤが減ると危険ですよと知らせてくれる出っ張りが

  溝の中にありますが、スタッドレスタイヤにはこのスリップサインの他にプラットホームという出っ張りが

  着けられています

  このプラットホームが接地面とツラになるとスタッドレスタイヤとしての効果が終了となりますので

  新しいものを購入してご使用ください

2.そのタイヤは何歳か

  タイヤには側面に製造された年とその年の何周目かが記載されています

  使用環境や走行距離、保管の状態などでも若干の違いはあると思いますが、

  溝がしっかり残っている状態でも3年、長くても4年経っていればタイヤのゴム自体が

  硬化(劣化)し始めてくるので本来の性能が発揮できなくなります

  スタッドレスタイヤは夏用タイヤに比べゴムが柔らかくスポンジの様に路面の水を吸い上げることで

  ゴムと路面の接地力を上げていますので、まだ溝があるからといって何年も同じタイヤを使い続けるのは

  スタッドレスタイヤを装着している意味がほとんどないと言うことです

  夏タイヤにおいても同様で細かなひび割れが目立つようになっていればタイヤが劣化してきているので

  早めの交換をオススメします

 

 

さてたまには足を止めて空を見上げてみてはいかがでしょうか

のんびりと浮かぶ雲を見ていると心にゆとりが出来るかもしれません

事務所の外に出て空を見上げるといろんな雲が見えてきます

IMG_4779

ちょっと山が紅葉していて秋っぽい感じと青い空と白い雲

なかなかいい感じかもしれません

ぐるっとまわっていろんな雲を見ます

IMG_4778

上の方はもやもやしていますね

何か現れそうですが何も現れませんでした(;´д`)

反対側に目をやると

IMG_4783

右から太陽に照らされて光っています

下は黒く上は白く光り輝いていてなんだか((o(´∀`)o))ワクワクしますね

えっ?しないってΣ(・∀・;)

 

真上を見上げるとこんな形の雲がすごい速さで流れていってました

IMG_4774

 

これはうろこ雲なのかなぁ?

IMG_4781

不思議な形の雲に出会いました

 

雲や空と言えばやはり地震ですね

大きな地震の前兆として不思議な雲が目撃されていたり

どこまで因果関係があるのかははっきりしませんが

いつもとは全く違う変わった雲を見ると何か天変地異が起こるのではないだろうかと

身構えておくのも1つの防御策なのかもしれませんね

実際地面同士が押し付けあった場合相当な力がかかっているので何らかの現象が

起こっても不思議ではないのかもしれないです

遠くのラジオの電波が受信されたとか電離層がどうとかいう話もありますが地震との関連性はよくわかりません

ので専門家に聞いてください

 

先日京都府南丹市にある「るり渓」というところに行ってきました

ここの通天湖という湖をグーグルマップで調べてマーカーをクリックすると情報が出て来るのだが

なんと住所がこう書かれていたΣ(・∀・;)

住所: 〒622-0065 京都府南丹市園部町大河内グミノ木

湖に住所があってしかも木なのですね(^_^;)

IMG_4795

湖でボートに乗ったり桟橋から釣りをしている人もいました

IMG_4793

すっかり紅葉も終わり落ち葉だらけです

陽があるうちは良かったのですが曇り始めてものすごく寒くなってきました((((;゚Д゚))))

 

お湯を沸かしてコーヒータイムにします

IMG_4796

寒さにコーヒーのあったかさが染み渡りますε-(´∀`*)ホッ

 

帰り道には事務所近くの花山院に登ってきましたがこちらも紅葉はほぼ終了していました(´・ω・`)

入口にポツポツとあるぐらいでほとんど茶色になって散っていました

IMG_4805

せっかくなので展望台に行って景色を眺めてきました

IMG_4797

パノラマでギュッと寄せて撮ってみました

IMG_4798

たぶんあれが有馬富士

IMG_4803

ちょっとアップにしてみます

IMG_4804

とまぁこんな感じの眺望でした

 

もうバイクは寒い!!凍え死にそうになる

そしてスマホをナビに使っていると寒すぎて電池が一瞬で無くなり

使い物にならない

モバイルバッテリーと風防が冬季ツーリングには必須だと知りました(-_-)

 

それでは本日はこの辺で

SEE YOU(^_^)/~

朝の冷え込みが日に日に増してきますね

 

関西でもそろそろ紅葉のシーズンになりつつあります

周りの山を見渡すとそこまで紅葉感が感じられないのですが

下見ぐらいの感じで紅葉を見に行きました(2016.11.12)

 

目的地は 『洞光寺』 〒669-2403 兵庫県篠山市 東本荘251

以前にも行ったことがある紅葉で有名なお寺です

前回は行った日が遅かったためほとんど紅葉が散った後でした

前回のブログはこちら↓季節モノは( ・∀・)イイ!!

 

この日はすごく天気が良く日向に立っているだけでも暑いぐらいの陽気でした

洞光寺までは三田市の中心からだとバイクで1時間かからないぐらいの距離です

 

お昼過ぎに出発したので途中で昼食を取るために御食事処へ寄ります

立ち寄ったお店はこれもまた前回と同じお店です

ペサパロ

2年ぶりに来たわけですが外回りがすごく綺麗に舗装されていてびっくりしました

そして建物も増築されていましたΣ(゚Д゚)

IMG_4739

前回行った時の写真を見るとほとんど砂利だったのがよくわかりますね↓↓

IMG_2419

お腹も空いているので早速お昼ごはんにします

中へ入りましょう

IMG_4730

席は見晴らしのいい窓側のカウンターに座りました

IMG_4724

のどかな風景が広がって気持ちいい眺めです

 

そして注文したのはロコモコ丼のセットです

スープ、サラダ、唐揚げ、デザートが付いてます(*^_^*)

IMG_4722

デザートには柿が付いてましたがお店の周りで採れたものかな?

IMG_4725

お水はガラスの瓶にサーバーの口を付けたような容器に入っていて

中にはレモンやハーブらしきものが入っていました

なかなか見た目的にもお洒落な感じですね

IMG_4727

 

 

食事の後出発の準備をしていると、お店のオーナーさんが出てこられたのでお話をしました

バイク好きで所有するハーレーダビッドソンを見せて頂きました(๑•̀ㅁ•́๑)✧

なんとお店の裏には専用ガレージが有りましたΣ(・∀・;)

IMG_4733

やはりハーレーは迫力がありますねぇ

少しエンジンをかけてもらうどこれぞアメリカンというような重低音と破裂するような甲高い音が混じり合い

ガレージの中に響き渡る鼓動が大迫力でした(・∀・;)

IMG_4732

こんなにデカくて重いけど跨がらせて頂くとすごく足着きがよくて乗りやすそうでした

 

お店の周りを舗装したのには自分がハーレーに乗るようになり砂利のままではバイク乗りには良くないと気付き

思い切って改修することにしたそうです

バイク好きなだけあってバイク乗りに安心して来ていただけるようにと整備されたんですね(*´∀`*)

実際300kgを超えるような大型バイクはデコボコの地面や傾斜のある場所、砂利や土の土間はすごく嫌がるはずです

特に柔らかい土の上等に止めるとスタンドが自重で地面にめり込んで行くことも(・_・;)

お店だけに限らず外構を提案する場合こういう所気をつけなければなりませんね

 

2枚目の画像にもちらっと写っていますがオーナーさんの真っ赤なミニが入口横に停まっていて目を引きます

IMG_4737

BMWのエンジンを登載し大型化した現代のミニではなく、一昔前の軽自動車より小さなこのミニ

やはりこっち方が魅力的です

大好きなシティーハンターの冴羽ちゃんもこの赤と白のカラーリングのミニに乗ってたのですごくステキヽ(=´▽`=)ノ

 

そんなわけでオーナーさんと話をしていたら食事の時間より長くなってしまい

目的地を目指さなくてはならないのでお店を後にしました

 

30分ほど京都方面に向かって国道372号線を走ります

一本北側の道に入り少し進むと到着です

こちらはお寺なだけあって前回来た時とほとんど変わりありません

DSC01027

もみじまつり会場という看板がありまわりに消防車が止まっていました

何かイベントをやっているのかな?

それほど大きなお寺ではないですがそこそこの人数の人が来ていました

 

それでは入口から順番に見ていきましょうDSC01028

入ってすぐの巨木は健在でした

 

DSC01031

苔がびっしりの石階段

 

DSC01032

ちょっとした石垣で土留されています

この辺りはまだ紅葉感ゼロです(´・ω・`)が

 

塀の中へ入っていくと一気にカラフルな世界とご対面ですヽ(`▽´)/

DSC01034

 若干早かったようでまだ緑が結構多かったですが緑、オレンジ、赤、黄が交じり合っているのもなかなか良いかもしれませんね

 

DSC01038

 いろんな色がありますね

 

 DSC01044

ひとつの木で緑から赤へのグラデーションが見れました

 

DSC01046

 やっぱり紅葉は赤が良い??

 

DSC01054

 こちらももう少し色づくのに時間がかかりそうです

 

DSC01056

緑の紅葉もこれはこれで結構良いですよ

 

DSC01060

 イチョウの黄色に陽が当たるとすごく綺麗ヽ(゚∀゚)ノ

 

DSC01066

洋風な感じのガーデンテーブルとチェアーが置いてありますね

※お寺です_(:3」∠)_

 

 DSC01070

 赤と黄色をバランスよく

 

DSC01072

 燃えるような赤

 

DSC01080

アップで

 

DSC01082

鳥居の朱色と紅葉がいい感じにマッチしている

 

DSC01086

またまた赤と黄色

 

DSC01088

横に伸びる枝

 

DSC01090

見上げる紅葉の世界

 

DSC01098

なんとなく今回のベストショットな気がする(^_^;)

 

DSC01118

超ミニミニ紅葉発見Σ(゚Д゚)

 

DSC01124

池のある風景

 

DSC01138

水面に届きそうな枝を見ると『言の葉の庭』を思い出します

脱線すると長くなるので気になる方はググってください(・∀・)

 

DSC01126

水面に写る景色

意外とこういう何でもない写真が好きだったりします

 

紅葉的には今週末が良さそうですね

まだ見に行っていない方は是非紅葉スポットに出かけてみてはいかがでしょうか

 

 

 

おまけ

11月14日

68年ぶりとなるウルトラスーパームーン

どれほどすごいのかと期待していたのに当日は雨のため空一面雲に覆われ

月を見ることはなかった(;´д`)トホホ…

もうスーパームーンでは無くなっているが翌日15日に撮影

supermoon1

 

ひとつ思ったことが・・・

望遠で撮ったら月のデカさ関係ないやん_(:3」∠)_

根本的にスーパームーンの撮り方を間違ったのであったΣ(・∀・;)

つまりは月が出たぐらいの低い位置の時間帯に建物や山(富士山など大きさが比較しやすいもの)と一緒に撮ることが

スーパームーン撮影の醍醐味だってことをすっかり忘れていた

次は18年後だったか・・・

時間はたっぷりあるので次回の撮影に備えて計画を練ろうヽ(`▽´)/

 

それではまたSEE YOU(^_^)/~

 

10月もそろそろ終わりに差し掛かったハロウィン直前の10月29日

遠足同好会、発足第一弾企画として加西市にある兵庫県立フラワーセンターへ行ってきました(*´∀`*)

 

メンバーは自分と副会長の山本の二人のみ(・∀・;)

 

空模様は朝から雲がびっしり

さあ出発だと車に乗るやいなや小雨が降り始めた(・_・;)

大丈夫なのか・・・

 

高速を走っていると時折激しい雨が降り注いできます

晴れ間も見えていますが雨も降っているなんともわかりにくい天候です

 

遠足は現地集合現地解散なのでフラワーセンターに到着するも副会長発見できず

スマホで現在地の地図を送るも解らないと言っている(;´Д`)

取り敢えず入口へ向かうと副会長発見

IMG_4687

なんとか合流できました

後でわかったのだが3台隣に駐車していたのだったΣ(・∀・;)

 

さてなぜフラワーセンターに来たのかと言えばイベントが程よく重なっていて

しかもこの日だけ入場料が無料だからです(*´∀`*)

 

やっていたイベントをざっくり言うと

・ 物産展 ・ ダリア展 ・ 菊の展示

の3種類です

イベントは後回しで初めは普段から見ることができるところを一回りしました

 

ゲートをくぐると形の整った木が目に入ります

これがここのシンボルツリーなんでしょうかね((o(´∀`)o))

IMG_4688

 

あっフラワーセンターの入口のすぐ外にはしご消防車が停めてありました

園外ですが一応消防もイベントをしているようです

IMG_4686

上のかごに乗ってはしごを伸ばしてもらいたかったな~

注目すべきは止まっているだけで動かないのだがはしごを少し起こしているので

しっかりタイヤ止をして、つっぱり棒も伸ばして転けないように踏ん張っているのがスバラシイ(*´∀`*)

安全第一でおねがいします

 

フラワーセンターなので植物の見学に戻りまして

園内を歩いて行きます

まず目に入ったのが坪庭の寄せ集めのような場所

DSC00553

いろいろ凝縮された庭が作られています

DSC00554

コンセプトはなんでしょうか

DSC00558

吊るされたモジャモジャが気になります

DSC00559

四阿( あずまや)ですね、まだ来たばっかりなので休憩はしませんよ(;・∀・)

DSC00569

何種類かのコンクリートブロックを使ったアプローチみたいです、側溝用のコンクリート蓋も置いてありますね

DSC00575

よくある木杭風のブロックで囲って木を植えています

DSC00579

この辺りはさほどワクワク感がないのでざっと流して見ていきました

ぐるっと回って行くと広くて大きなハウスが登場

DSC00582

そろそろ室内展示に行ってみたいと思います((o(´∀`)o))

とその前にハロウィンぽい飾りが置いてありましたので

DSC00585

近くの入口からハウス内へ進入してみました

DSC00586

ごちゃごちゃ?オシャレ?に鉢植えが飾ってあります

DSC00591

ここにもハロウィンな飾り付けがされていました

DSC00597

このエリアはそれほど目を引くものがないですね

もう少し進んでいきます

DSC00609

トンネルやアーチを幾つかくぐってようやく次の広間にでました

ヽ(=´▽`=)ノ

DSC00619

なにやらすごそうなところに出ましたよ

DSC00625

何かぶら下がってる(;´∀`)

DSC00655

超巨大葉っぱの木があります、南国ですねぇ

DSC00651

壁から生える謎の植物が

DSC00671

横から見てもどうなっているのかよくわかりません

DSC00677

その他にも普段目にすることがないであろう植物がそこらじゅうに植えてありました

楽しくなってきましたねぇ(*^_^*)

 

水が湧き出す場所があります

DSC00643

ぐはっΣ(゚Д゚)偏光フィルター回してたから指が写り込んでますがな

ゆら~っともやもや~っと水が動く様子がなんとも言えません

すごく癒やされます

 

次のハウスへ移動します

デカデカとランと書かれた看板がありますね~

DSC00705

DSC00723

DSC00725

DSC00727

DSC00731

DSC00745

連なっていると華やかですね

 

壺っぽい植物も置いてありました

DSC00713

今回は食虫植物を見に行こうツアー(個人的には当初これがメイン企画だった)なので大満足です

壺がわっさーってなっていますね((o(´∀`)o))

DSC00715

 DSC00717

 

そしてついに食虫植物専用ハウスに突入だ!!

入口には食虫植物らしきオブジェがΣ(゚Д゚)

DSC00749

 うお~一面食虫植物だらけ~ ヮ(゚д゚)ォ!

DSC00751

いろんなのがある~

DSC00755

DSC00759

DSC00763

DSC00769

DSC00765

なんかもう風の谷のナウシカに出てくる腐海のようですね

 

アリを取り込む植物がありました

DSC00777

なんとも不思議な穴の空いた植物です

DSC00775

 

密閉空間を後にし外へ出ると爽やかな青空が広がっていました

DSC00779

DSC00797

 

そしてまた別のハウスへ入って行きます

次は花がいっぱいの所ですよ~

DSC00801

DSC00805

DSC00809

DSC00811

DSC00813

DSC00819

↑ ちらっと左下に写っているドレスの女性はこの日結婚式をした花嫁さんです(*´∀`*)

その場所を正面から写すと・・・

DSC00829

こんな風になっていたのです

綺麗な花の前で記念撮影をしていたんですね~

ここはそんな感じで幸せを勝手にわけてもらって再び外へでました

 

陽が出てきたので暑い!

そして三脚が重い!!

ということで一度車に戻り上着を脱いで余計な荷物は置いてくることに

 

駐車場にあのヒーローが!!

DSC00831

更にズームしてみると

DSC00833

 ん!?

左の二人は何も言うまい、だが右の人~なんか衣装おかしくないですか~

ベジータさんですよねぇ?

いつから亀仙流になったんですか~(・∀・;)

 

その他にも造園や外構には無くてはならないバックホウが展示されています

お子様が楽しそうに乗っていますね

将来の職人スカウトしちゃう?

DSC00835

そして消防も負けじとイベントを始めたようです

その内容とは 「煙体験」

ビニールのハウスの中を謎の甘い匂いの煙で充満させ中を通り抜けてもらうというイベントだ!

さぁ行くのだ副会長

DSC00840

 

副会長に脱出の司令を与え出口へと回る

DSC00843

おおぉぉ(・∀・)無事生還したようです

何やら記念品をもらっていました

 

その後は植物販売コーナーを覗いて

物産展へGO

食べ物屋さんや地場産業とでも言いますか地元の業者さんのテントがたくさん出ていました

9時のオープンに乗り込んだので時間がまだ早いが朝ごはんもろくに食べていないので

少し食事タイム

チーズナンカレーを食べました(๑´ڡ`๑)

 

お腹を満たした後はイベントを見ていくことに

通路を歩いていくと菊と盆栽がこれでもかとならんでいます

が敢えて隣に咲いている秋桜に注目

ちっさ目の風車があってなかなかいい感じになっていました

 

DSC00877

 菊の方は良し悪しがわかりません(;´∀`)

DSC00873

こういうのも詳しくないのでよくわかりません(;´∀`)

DSC00874

DSC00878

DSC00879

ミニチュア?なのかなぁ(^_^;)

そしてまた菊が延々と並びます

DSC00886

 こんな感じでかなりの距離に菊を展示していました

DSC00893

盆栽?

DSC00903

DSC00905

DSC00911

たくさん並んでいましたがこちらもよくわかりませんでした(^_^;)

 

そしていよいよ本日の目玉イベント ダリア展

DSC00918

あと2日で終了ということもあり数は少なくなっていたがそれでも種類は豊富にあり満足度は高かったです

広く見るとポツポツ感が否めないですが(;´Д`)

DSC00919

 ひとつずつ寄ってみるとなかなか良いです

一気に画像を載せますのでご覧あれ

DSC00921

DSC00922

DSC00923

DSC00925

DSC00926

DSC00927

 DSC00929

DSC00933

DSC00934

DSC00935

DSC00937

DSC00938

DSC00942

DSC00951

DSC00952

DSC00953

DSC00954

DSC00955

DSC00956

DSC00957

DSC00959

DSC00960

DSC00963

DSC00964

DSC00965

DSC00967

DSC00968

DSC00969

DSC00970

DSC00973

DSC00980

DSC00982

DSC00983

DSC00985

DSC00987

DSC00988

DSC00990

DSC00991

DSC00993

DSC00995

一気に載せましたがいかがでしたでしょうか

こんなに品種があるんですね

寒くなってくるこの時期にこんなに綺麗に花をつけているのを見るとうっとりしますね

 

奥の方で副会長が呼んでいるので行ってみると

何やら見えてきました

DSC00943

なんと水辺にダリアがいっぱ~いヮ(゚д゚)ォ!

DSC00948

すごい量の花が浮かべてあります

噴水と一緒に撮影してみました

DSC00949

これはイベントだからなのだろうか?結婚式用なのか?

どっちでも綺麗だから細かいことは気にしない(*^_^*)

 

その他まわりにあったのがホントに乗れるのか試したいが試せない浮き草

DSC01001

そして季節的にすごく地味だった宿根草園(;´Д`)

DSC01006

DSC01007

 

はい、ここからはなぜか登山をすることに (;´д`)トホホ…

道なりに進んで行くと8人?の小人に出会ったり

DSC01013

こんな山道を通ったり

DSC01014

こんな心臓破りの坂を登ったり

DSC01017

全くどこなのかわからない地図を見たり

DSC01016

蛇を踏みそうになって超ビビったり(´;ω;`)

そんなこんなでたどり着いたのが展望台

 IMG_4698

その眺めはこちらです

DSC01018

いつの間にかこんな高いところまで来ていました

DSC01019

眼下に小山が見える程の高さ

久しぶりに山に登った気がします

 

加西市を一望したあとは一気に山を下り元の広場へと戻ります

途中にあった並木道が少し紅葉しかけていて綺麗でした

DSC01025

こんな感じで遠足の第一回は無事に幕を閉じましたm(_ _)m

次回も楽しい遠足企画を楽しみたいと思います

 

それではまたSEE YOU(^_^)/~

 

   

ページトップへ


Copyright © Feeling Garden 坂林盛樹園. All Rights Reserved