ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

最新記事一覧

IME設定のお話

システム管理 システム管理,大江剛志(システム)

最近一気に気温が下がるようになり

朝車のフロントガラスが凍っていることがあります

この寒さで紅葉が綺麗に色づき始めるといいですね

 

さて、たまにはシステム管理らしくPC関連の記事を書こうかと思います

難しい内容ではありませんので、あっ!うちもそうかも?

という方は是非お試しください

 

パソコンやタブレット・スマートフォンなどで文字を入力する場合

日本語や英数に切り替えたりしますよね

その時に使われるのが日本語入力ソフトです

OS(オペレーティングシステム)がWindowsのパソコンでは

Microsoft IMEというのが標準で入っています

 

OSのバージョンが上がる毎にパソコンを買い換える人はそれほど

多くはないと思います

WindowsXPからWindows7だったりWindows7からWindows10など

間のバージョンを飛ばして買い替える場合も結構あると思います

OSが新しくなると使い勝手や見た目も変わり使いにくいと感じる事も多々ある

その中で個人的に感じた違和感のある操作というのが

Windows10でMicrosoft IMEを使用しての文字入力だ

 

普段はWindows7が入ったPCを使用していて

変換ソフトはGoogle日本語入力を使っている

たまにMicrosoft IMEも切り替えて使用することもあります

 

Windows10のMicrosoft IMEで違和感を感じた操作というのは

誤変換をしてしまった時、バックスペースキーを押せば

変換前のひらがなに戻り再変換が可能であったのが

単純に後ろを一文字削除になってしまっている事です

 

たとえば「坂林」と打ちたい時「さかばやし」とひらがなを入力して

スペースキーにて変換します

まちがって「さかばやす」と打ってしまいスペースキーで変換すると

「酒場安」などに変換されてしまいますので間違いに気が付きます

この時以前であればバックスペースキーをおせば

さかばやす

と変換前の選択された状態に戻っていましたが

おそらくクリーンインストールされた(旧OSからのアップグレード等ではない)

Windows10のMicrosoft IMEの設定では

「酒場安」でバックスペースキーを押すと安の一文字が削除され

「酒場」となって確定されてしまいます

この設定が非常に使いづらく馴染めないのでバックスペースキーを押した時の動作を

元来の変換前の状態へ戻してやる設定を見ていきましょう

 

まずは画面右下の時計の横辺りにある「A」もしくは「あ」のアイコンを右クリックしてみましょう

これがMicrosoft IMEのアイコンです

IMEアイコン

 

右クリックするとメニューが開きますので

「プロパティー」を選択しましょう

IMEプロパティー

 

プロパティーのウインドウが開きますので下の方にある詳細設定(A)をクリックします

プロパティーウインドウ

 

詳細設定画面が開きますので上部のタブは全般を選び

編集操作のキー設定にある変更ボタンをクリックしましょう

詳細設定

 

サブウインドウが開きます

BackSpaceと変換済みの行と列が交わるところが「前字削除」と書かれていますので

これをダブルクリックします

サブウインドウ

 

ここで一覧から全戻しを選択しますOKボタンを押します

前戻し

 

後は順番に開いている設定画面の下にあるOKボタンを押して画面を閉じていけば完了となります

これで誤変換時にバックスペースキーを押しても文字が削除されず変換前に戻す事ができます

 

ちょっとした事ですが、文字を打つことが多い人や慣れていない時に思っている事と違う動作をされると

どんどんストレスが溜まってきますので

自分の扱いやすい設定に変える事も大事だと思います

 

それでは本日はこの辺で

SEE YOU(^_^)/~

禅と庭のミュージアム 新勝寺

ネット管理 ネット管理

この不思議な建物、何だかわかりますか?

IMG_2671

広島県福山市沼隈町の禅寺である神勝寺の境内に建つアートパビリオン「洸庭」と呼ばれる建物です。

建物内に入ると中は暗闇。前方に広がる水面にかすかな明かりが揺れる何とも不思議な空間です。

お寺のイメージとはなかなか結びつかないこの外観ですが、一般の人もこの建物の中で約25分間、瞑想体験ができるというユニークな設備です。

IMG_2658

IMG_2665

IMG_2660

設計・監理は京都造形芸術大学教授の名和晃平氏。そしてこの建物周りのランドスケープ監修 はプラントハンターとしても名高い 西畠清順(そら植物園)氏によるものです。

IMG_2732

この臨済宗建仁寺派新勝寺は昭和40年(1965)常石造船社長でもあった開基神原秀夫氏が益州宗進禅師(臨済宗建仁寺派第七代管長)に帰依し、建立されたお寺だそうです。

禅宗だけあって、修業を積むための立派な道場もあり、広く世界中に門戸を開かれているとのこと、お寺を訪ねる一般の人々が禅を体験できるお寺なのです。

IMG_2625
お写経体験ができるお堂

IMG_2620

なんと境内にはお湯に浸かりながら美しい庭園を眺めることができる露天風呂もあります。禅宗では日常の立ち居振る舞いすべてが修行の場であり、修行の上で「心」と「体」の垢を落とすという意味で、お風呂も重要な役割を果たしているのだそうです。

IMG_2681

趣のある佇まいの五観堂。ここで名物の新勝寺うどんを食します。大小3つのお椀で頂く手打ちうどんはお値段1,000円也。

一番大きな器に薬味とおつゆを入れてうどんを頂きます。

IMG_2693

中間の大きさの器はおかず用。

IMG_2694IMG_2695

うどんを食べ終わった後は残ったおつゆの中にご飯を入れてお茶漬けのようにして食べつくします。

薬味のお盆の中央にある沢庵を少しだけ残しておき、最後にお茶を注いで残しておいた沢庵で器を洗ってから飲み干します。

何一つ無駄にしない、改めて食事のありがたさを見直すひと時です。

IMG_2621

四季の移ろいが感じられる見事なお庭は一見の価値あり。

IMG_2618

IMG_2612IMG_2704IMG_2712

IMG_2727

この廊下の突き当りが寺務所。入場チケットはここで購入できます。拝観料:大人1,200円也。

IMG_2719

水面に映る景色もきれいです。今週末あたりは美しい紅葉を楽しめそうです。

京都のお寺も良いですが、ちょっと方向を変えて福山まで足を延ばしてみてはいかがですか。一味違ったお寺観光を楽しめますよ。

そして私たち一般人にとってお寺とは?と考えさせられる体験も味わってみてください。

 

 臨済宗建仁寺派神勝禅寺

〒720-0401 広島県福山市沼隈町大字上山南91 TEL 084-988-1111(寺務所)

本日はガウディの作品の一つカサバ・トリョをご紹介します。

一般住宅として使用されていた個人の住居ですが、やはりガウディの作品だけあって、その個性的なデザインは町の中でも異彩を放っています。

IMG_1822

まるでドレスを身に纏ったお姫様のような可愛らしい外観。バレエの舞台衣装のような色合いが素敵です。

IMG_1819

瓦の色が微妙に少しずつ違っていてとても表情豊かな屋根。

IMG_1516

海の底を表現した室内インテリア。丸いステンドグラスの模様は海の泡を表現したものだそうです。

IMG_1538

IMG_1531

IMG_1525

リビングに設けられた暖炉を囲むベンチ。お客様との会話が弾むスペースです。不思議な形にくり抜かれた入り口が可愛らしいですね。

建物の真ん中にあるエレベータ横の吹き抜け。海を表現したブルーのタイルは差し込む光の量に合わせて色を変えてあります。

IMG_1587

IMG_1578

光が届きにくい下階の壁には明るく淡い水色のタイル、光の量が多い上階には濃いブルーのタイル…と少しずつグラデーションをつけ、結果的に上から下まで全体を通して同じ色合いのブルーに見えるように計算されてるそうです。

どこを見てもガウディの繊細さと緻密さが感じられる建築です。

※次回は同時期に活躍したガウディのライバルたちの作品をご紹介します。

皆さんこんにちは

お久しぶりのブログになります

 

秋の長雨なんでしょうか、ぐずついた天気が続いていますね

台風21号は勢力が強く三田市でもあちこちで被害が出ていて

週明けから弊社でも対応に追われています

 公園倒木

風が強かった為、木が傾いたり倒れてしまったり

カーポートやテラス屋根のポリカ板が外れたと言った内容の

問い合わせが非常に多い状況です

お問い合わせにつきましては順番に対応させて頂いておりますが

被害内容や場所によっては対応が遅くなったり

お受け出来ない場合もございますのでご了承ください。

 

 

さて先週は雨の合間に三田市にある小柿野外センターにて

バーベキューを行いました

雨は上がっていたものの風はなかなかの強さで吹き付けていましたので

屋根のある施設の下でコンロを設置しそこで火をおこすことになりました

今回はバーベキューの話ではないのでそれはまたの機会に

 

今回は画像編集について

写真を撮るというのは一昔前だとカメラを買って

フィルムをセットし、フィルムの残数を気にしながら撮影し

フィルムを使い切ったら巻き上げてカメラから取り出し、

カメラ屋さんにフィルムを現像に出してプリントしてもらい

出来上がった写真を見てはじめてどんな風に撮れているかわかるという

なんともハードルの高いアイテムであった

カメラ好きや写真好きの人はその手間や現像後の出来を見るまでの

ドキドキ感がよかったりもしたのだと思います

その後レンズ付きフィルム(フジの写ルンです等)が登場し、

お手軽さという点で一般人にも受け入れられ爆発的にヒットした

とは言うもののやはり現像が必要となるとまだまだ面倒と

感じる人も多かったのではないでしょうか

 

そして時代はデジタルへ

携帯電話やPHSが普及しだしデジタルカメラというジャンルが新たに加わった

フィルムに変わってセンサーで光を読み取り電気信号を記録する

ここまでくると現在では当たり前の撮影手段であるスマホと基本的に同じである

 

変わったものと言えば撮影品質や動画機能だろうか

カメラ機能付き携帯電話やPHSが出始めた頃の画素数は数十万画素程度だったと思う

当時の画像データを見返したりするとものすごく小さくて粗い(^_^;)

最新のiPhone 8に付いているカメラだと1200万画素もある

iPhone 8プラスなら広角用と望遠用の2つもレンズが備わっている

別にAppleのステマではありませんよ(≧∇≦)b

 

スマホの普及率も上がり、老若男女問わず誰でも気軽に写真を撮れる時代になりました

ゆえに、どんどん撮って、どんどん画像が溜まり整理するのも大変な状況になっていたりしますよね

そしてSNSなどに画像をアップする事に命をかけてるような人は別として

いちいち画像を加工編集してまでって人はなかなかいませんよね

出来るだけ撮る時に見栄えのするような撮り方をして後は簡単に明るさ調整する程度で

そのままネット上に上げてしまうっていうのが大多数派ではないでしょうか

 

それはそれでお手軽だしいいのですが

編集の一手間を入れてやるだけでその写真が持つ印象や見た目がガラッと変わる

という事を取り上げたいと思います

 

バーベキューの時に撮った施設風景の写真で比較してみたいと思います

1.撮りっぱなし無修正画像(サイズのみ縮小しています)

パノラマ

2.画像編集ソフトにて調整後パノラマ編集後

撮影はiPhone6Sにてパノラマで撮っていますがスマホということで

どうしてもレンズやセンサーの小ささもあり全体的に暗く写ってしまいます

実際目で見た感じではここまで暗いわけではありません

明るさと彩度の調整で各色を少し際立たせていますので

見えにくかった部分もはっきりと見えるようになりました

どんよりとした空や雲も、色鮮やかな青とはっきりした白になり全く違った印象に変わりました

 

その他の写真も見てみますと

1.撮りっぱなし無修正画像(サイズのみ縮小しています)木

2.画像編集ソフトにて調整後木調整後

違いがわかりやすいように少し色を強調した編集にしてみましたが、

撮りっぱなしの画像の緑は周りの明るさが足りないと

どうしても色そのものが暗くて薄い画像に撮れてしまいます

画面で撮った写真を見返した時、実際はもっと鮮やかだったのになんか見栄えしない写真だなぁ

と思うことありませんか?

あまり編集しすぎると実物からかけ離れた画像になってしまいますが程よく実物に

近づけてやると見やすくて印象深い画像に仕上ります

 

もう一枚比較画像を

1.画像修正前のお肉

BBQお肉

2.画像修正後のお肉

IMG_6006-1

画像修正する前に比べ鮮度が高そうに見えますよね

実際の見た目も修正後に近かったと思います

 

というわけで今回はそのままでもいいけどちょっと一手間加えてやることで

見る側に与える印象がガラッと変わる写真に仕上げる事ができるお話でした。

 

それではSEE YOU !(^_^)/~

 お待たせしました。

スペイン研修旅行第二話目はグエル公園のご紹介です。

グエル伯爵はガウディの良き理解者として、その才能を見抜き、強力なパトロンとしてガウディを支えました。

天才的な建築家やデザイナーがいくら壮大な理想を持っていてもそれを実現するためには膨大な費用がかかりますが、ガウディはグエル氏との出会いによって、次々に素晴らしい作品を世に生み出していきます。

その中でも世界遺産として登録されているグエル公園は当初はブルジョア向けの住宅地として計画・設計されたものだそうです。

残念ながら、公共の交通機関が無い、勝手に木の伐採が許されない、低く設定された建蔽率等が原因で、この時代の富裕層にこの計画はなかなか受け入れられませんでした。

この都市計画で売れた住宅はグエル伯爵の家とガウディの家の2軒だけという結果となり、1922年にはバルセロナ市によって買い取られ、今は世界中から訪れる多くの観光客でにぎわう公園となっています。

IMG_1841

 

IMG_1867IMG_1942

 グエル公園のシンボルともいえるカラフルな大トカゲ。このマダム、大トカゲとお揃いの服?

IMG_1944この公園のいたるところにちりばめられているモザイクタイルがとても可愛らしい…廃棄用タイルや割れたガラス等を再利用しているのだそうです。IMG_1880

IMG_1894 IMG_1923

公園内を縁取る長ーいベンチにはところどころに排水口が設けられ、水が溜まらないように工夫されています。

IMG_1954

美しい曲線の階段手擦り。触り心地も良く、手にしっかりなじみます。まるで生きているかのようです。

IMG_1949

まるでフォトフレームのよう…とても可愛らしい窓。

IMG_1955

 お菓子の家と呼ばれている建物の内部はお土産屋さんになっています。天井の形が独特ですね。

IMG_1960

 IMG_1908

 モザイクタイルを貼ったベンチ。ガウディは人間工学にも造詣が深く、このベンチは人間の体に合わせたカーブで作られています。だからとっても座り心地が良くて何時間でも座っていられます。

ガウディの残した造形物に現代の私たちが実際に触って、座って、寝転んで…その素晴らしさを体感できるのは本当に素敵なことです。

IMG_1916

 IMG_1928

IMG_1925

突然ですが、この夏ガウディの建築が見たくてスペインに行ってきました。 写真を撮りためてきましたのでこれから少しずつご紹介させて頂きます。

スペインと言えばガウディ。ガウディと言えばかの有名なサグラダファミリアがまず最初に浮かぶ方が多いと思います。というわけでまずガウディの代表作であるサグラダファミリアからご紹介しますね。 IMG_1291

まだまだ建築途中のサグラダファミリア。2026年完成予定だとか…はたして間に合うのでしょうか…。

天才的な建築家アントニオ・ガウディはスペイン、カタルーニャ出身の建築家。19世紀から20世紀にかけてのモデルニスモ期のバルセロナを中心に活動しました。

晩年、ガウディは熱心なクリスチャンとして教会の建築に力を注ぎます。この建築費を捻出するために私財を投じ、さらに自ら募金活動を行なって資金集めに奔走ながら自分自身はとても慎ましく暮らしておられたそうです。

不幸にもその最期は地下鉄にはねられ、事故死となってしまいますが、その時はホームレスと見間違えられるほどの質素な身なりに誰もその人物がガウディだとは気づかなかったそうです。

若い頃の輝かしい功績とは裏腹な晩年の慎ましい生活…。そんな、彼の生涯を思いながらバルセロナの地に立ち、サグラダファミリアを眺めていると、建物の素晴らしさとガウディのひたむきな想いが重なり、なんだか胸がきゅんとなりました。

IMG_1424

 

IMG_1399

ガウディは自然を愛した人でも有名です。教会の中にそびえる何本もの高い柱は樹木がモチーフとなっていてその節の部分や先に広がる枝が、みごとに表現されています。

IMG_1391

上から見下ろすとアンモナイトのようにみえる螺旋階段。下から見上げるとこんな感じ。

IMG_1320

IMG_1350

入り口に飾られた葉っぱや昆虫。カエルもいます。男性のデザインとは思えないような乙女な印象。可愛らしいです。

IMG_1323

サグラダファミリアのなかでも特筆すべきはこのステンドグラス。

 

IMG_1333

朝日の刺す方角には青を中心に、夕陽の刺す方角には赤を中心に、それぞれの時間帯の光が最もえ美しく見えるように計算されているそうです。

IMG_1328

IMG_1449

ガウディは感性にまかせて思いのまま自由に設計デザインをしたのかと思っていましたが、実は人間工学に基づいて、利便性を損なわず、いかに自然と建物の融合を図るか、あらゆる視点から建築物のあり方を試行しながら緻密な計算を重ねていることがわかります。

IMG_1453

今もなお研究が進められている研究室。サグラダファミリアの一角にこの部屋があります。

さて次回はガウディのパトロンであったグエル氏との共同作であるグエル公園をご紹介いたします。

私たちのエクステリアの仕事にも生かせる技術や発想が満載です。

 お楽しみに。

  皆さんこんにちは、お庭外構の坂林です。
今日は塀の作り方についての手順を簡単にご説明します。
「288勉強会1回」にはや→にわや
①コンクリートブロック(CB)・(CP)、擁壁で土台となる塀を作ります。
 勿論、このブロックの中にはモルタル及び鉄筋が入っています。

IMG_20130201_115943

 

②防水モルタル施工は状況に応じて施工します。
    今回は内側に土を盛り、表側の仕上げが吹き付けなので
  この様にしています。

IMG_20130201_142538

 

③下地処理ハイフレックス処理後
  一層目(ラスコンサンド)左官材料
  この段階では下地のブロックのラインが、くっきりとよく見えます。

IMG_2255

 

④  ブロック塀は③と同じ。笠木の瓦を施工しました。
    ここも同じく、ブロックラインが見えている状態のままです。

IMG_2327

 

⑤二層目(ベースモルタル+ファイバーメッシュ)左官材料
 ここが本日のポイントです。
 ベースモルタルを塗りながら今、手に持っている樹脂製のファイバーメッシュを
 伏せ込んでいきます。この一手間をかけるか、かけないかは大きな別れ道。

IMG_20130201_140720

 

⑥ ⑤で塗ったベースモルタルが乾くとこの様な色に変わります。そして
  これでようやくブロックラインが消えました。
  あとは吹付けを待つだけです。

IMG_20130305_124910

 

⑦この青空とのベストショット
  吹き付けしなくても十分いけそうですね。

IMG_20130305_124905

 

⑧吹付け完了です。
 色は建物と合しています。

IMG_3224

 

⑨建物側はこの様に土が入り、湿気が表に行き難いように②の
  工程を入れています。

IMG_3236

ブロック塀、擁壁塀、門柱などの仕上げはこの様な工程で 
概ね進めております。
色々な左官材料や知識を織り交ぜながら、少しでも長くまた、少しでも強くと
考えて施工しております。

IMG_4499

*少しも笑う場所もなく、変化もなく淡々と終わりました。
  以後、気をつけます。m(_ _)m  

 

 今日は三田市でお世話になりました駐車場拡張工事(リガーデン)の
ご紹介をさせて頂きます。
作業前の写真です。

 

20150429_144802

 

少し植物のツタがあるため擁壁が見え難いですが、これが大変身しますので
乞うご期待。

20150429_144805

 

この笠木レンガのライン(曲線)を出すのは職人さんによって色々とありますが
今回は塩ビパイプ13mmを壁にあて、鉛筆ラインを入れてカットしました。
そのおかげで、曲線ラインがすごくしなやかになっています。
そしてこの壁にあいている、スリット(隙間)は門柱の笠木レンガと合せて、
頭をまるくしています。

IMG_3672

IMG_3660

 

玄関まわりは全体的に表情豊かな石貼りとさせて頂きました。
因みにこの木製ベンチ、壺、植物のハスはお客様の選ばれたものです。
少しあるだけで、雰囲気ががらっと変わりますね

IMG_3645

 

こちらは、正面玄関側です。ここも同じように塩ビパイプで下書きをこしらえ
ここがちょっとしたポイントですが、レンガ笠木が最終上から下ってきて、最後
少しだけカーブ(曲線)で終わっています。例えばこの部分を曲げずに
真っ直ぐに終わったとしたらどうでしょうか・・・(浜田、松本アウト♫)
設計の皆さん拘りがありますね。

IMG_3580

 

最初の1枚目、2枚目の写真がこの様に変わりました。
石も形から色から、たくさんもの種類があり、建物とのバランス、外構工事との
組み合わせ、お施主様との雰囲気などなど色んな事を考える必要があります。
この様に早目から携わらせて頂くと全体的に、まとまりのある仕上がりとなります。皆様にも建築段階から同時進行のご計画をお勧めします。

IMG_3584

 

握りこぶし位の石の大きさを、職人の手で1個1個、合端(石と石の接する面)
をトンカチで調整し手間ひまかけて造らせて頂いた作品です。
石、1個だけを見ると何でも無い石ころですが、この様に合端を合わせて
集合体になると、何でも無い石ころが色んな表情を創り、落ち着きのある
一体感を自然と出してくれます。
何万年とかけて表に出てきた石や、心に落ち着きをあたえてくれる植物には
素晴らしいとしか言いようがありません。
この素材を本物として活かすことが出来るかは職人さんにかかっています。

IMG_3590

滋賀県大津市 比叡山の門前町、坂本にある旧竹林院をご存じですか?

延暦寺の僧侶の隠居所である里坊のひとつである竹林院には3,300平米の広大な日本庭園が広がっています。

IMG_9453

八王子山を借景として高低差のある敷地内には滝が流れ、水音が心地よい庭園です。

竹林院から一歩外に出ると坂道が続きます。石積みの町としても有名な坂本には今もなお美しい石積みと石畳が残っています。

IMG_9468

IMG_9470

IMG_9444

竹林院の建物ニ階広間から見たお庭。小鳥目線からの眺めを楽しめます。

IMG_9446

苔むす庭を流れる小川。滝へと続きます。

IMG_9459

IMG_9458

IMG_9466

 1階の大広間から眺める庭。広い間口から気持ち良い風が吹き抜けます。

IMG_9467

同じく1階の広間。お抹茶を頂きながらゆっくり静かに庭を眺めることが出来ます。

この里坊の魅力は何といっても人が少なくてお昼寝もできそうなゆったりとした時間を過ごせること。ゴールデンウィークだとは思えないくらい、こんなに素敵な空間を独り占めできました。

京都にも日本庭園はたくさんありますが、こんなにゆっくりゆったりとした気持ちで眺められるお庭はなかなかありません。

目に飛び込む緑と光、水の流れる音、爽やかな風を肌で感じられるまさに五感で味わうお庭です。

 

※この竹林院のちょっと先に本家鶴喜そばという老舗の蕎麦屋さんがあります。ランチメニューも充実していておすすめですよ。

 

■社員研修の一環として社長運転のワンボックスカーに女子たちが乗り込み、ワイワイ賑やかに向かった先はインテックス大阪で開催された関西エクステリアフェア会場。

道中は庭の話や美味しいお菓子やランチのお店の話で盛り上がっておりましたが、一旦会場に入ると皆突然スイッチが入り、真剣な面持ちでエクステリア商品を観察したり、営業マンさんのお話に熱心に耳を傾けておりました。

普段仕事の中で湧き出るちょっとした疑問にも直接各メーカーの担当者に答えて頂けるので、このような大規模な展示会はとてもありがたいです。

IMG_9853

 IMG_9856

IMG_9857

「光と風(自然)を感じるエクステリア ガーデンリノベーション」を提案する企画展示コーナー。庭園デザイナーとして世界でも有名な石原和幸氏による作品です。

19225560_815060795323150_4361919748424696998_n

今年は例年に比べてエクステリア商品を引きたてる植栽の構成にも各社力が入っていました。会場全体を眺めながらシンプルモダンなエクステリア商品にワンポイントの植物を上手く組み合わせることで、より商品が引き立ち、外構全体の魅力が増すことを再認識した次第です。

19396640_815061221989774_1973677087683319669_n

19366562_815061111989785_4400601593853472504_n

19274875_815060848656478_8882794110398051249_n

19225850_815060818656481_6087702417082084150_n

特にプラスGシリーズと植物の組み合わせがうまくいくと、とても洗練された空間が生まれます。

やはりお庭工事というのは総合力が大切なんですね。

IMG_9923 IMG_9924 IMG_9935 IMG_9949 IMG_9952 IMG_9972

 

   

ページトップへ


Copyright © Feeling Garden 坂林盛樹園. All Rights Reserved