ホーム > スタッフブログ > ネット管理の記事一覧

「ネット管理 」の記事一覧

「ネット管理 」の記事一覧

初物! 筍ご飯パーティー

ネット管理ネット管理

IMG_2697

昨日のお昼ごはん、宮地と福下両名が会社の裏山で採れた筍で作った筍ご飯と鶏と舞茸の唐揚げを社員全員に振る舞ってくれました。

IMG_2699

今年初めて口にした掘りたての筍!柔らかくてとっても美味でした。先日まで体調を崩し、ここ数日全く料理を作っていなかった私にとって久々の心のこもった手作りごはん。心と体に優しく染みわたるお味でした。

IMG_2701

みんなでワイワイと賑やかに握ったおにぎり。大きさもまちまちですがお味は抜群です。

ご馳走様でした!

IMG_2611

 

ディーズさんよりお待ちかねの美味しいお便り 第2便が届きました。

侘家古暦堂さんの「侘家鶏」京の水炊きゆずぽんセット。

この侘家古暦堂さん。鶏の飼育段階から高品質を守るために鶏の生育環境に徹底的にこだわり、できる限り快適に鶏たちが暮らしていける設備を整えておられるそうです。

ディーズガーデン様、いつもありがとうございます。

早速今晩の夕食に…と言いたいところですが誰の口に入るか、くじびきで決めることになっています。

どうか当たりますように。

 

昨日、新事務所のディズプレイのヒント探しを兼ねて大阪の街にぶらりと出かけてみました。

いろんな家具屋さんのショールームを回ってちょっと疲れが出てきた頃、グランフロントの建物を出ると突然緑いっぱいの空間が目に飛び込んできました。

 

IMG_2555

 最新の近代的な建物が聳え立つ街なかに広がる水と緑の空間がとても素敵です。

IMG_2557

IMG_2561

 緑の中の小道。歩いていくといろんな植物の香りがたちこめて良い気持ちです。

 IMG_2563

 

IMG_2562

高低差のある水の流れ。まるで天然の滝のようです。

IMG_2548

 

「大阪を象徴する「風格」と賑わいに満ちた「界隈性」の共存」

グランフロント界隈の開発プロジェクトのコンセプトの一つが水と緑あふれる環境つくりなのだそうです。

 都会にいながら四季の移ろいを感じられる、そんなお庭でほっこり心和むひとときでした。

やっぱり自然はいいですね。

今朝、あたりを立ち込めていた霧が晴れ、今は気持ちのよい快晴です。 気温は20度。ラジオ体操をしている私達のすぐそばでうぐいすがきれいな声で鳴きました。
やっと本格的な春の訪れを感じる今日この頃、楽しみなのがもうすぐ始まる「桜」の開花です。
私の大好きなお花見コースは丹波篠山の篠山川沿いの桜並木と西紀方面の宮田川沿いの桜並木です。(写真は去年の桜です)

IMG_0901
IMG_0910

もちろん篠山城あたりでゆっくりお弁当を広げるのも良いのですが、桜のトンネルを軽自動車や自転車で風を切りながら走りぬけると気分は爽快!途中で河原に下りて堤防の下から眺める桜並木もとても綺麗です。(私の一番好きなスポットは西岡屋のオーリスという会社近くの河原辺りです。)

IMG_0913
上手く週末に満開の日が重なりますように…と祈りつつ、今年はどこへお花見に行こうかなーと今から思いを巡らせています。

3月に篠山の王子山付近に新しくオープンした竹海(ズーハイ)という中華料理店がとても気になっているので今年はお花見ついでにこのお店でランチを楽しみたいとプランを練っているところです。三宮から移転して来られたこのお店、安くて美味しい本格中華との評判でかなりの人気店なのだそうです。

篠山でランチといえばもう一軒、篠山の二階町に昨年秋にオープンしたカーザ デラアミーチというイタリアンのお店も超おすすめです。

IMG_0726
IMG_0724
IMG_0737
IMG_0742 https://www.facebook.com/pages/CASA-DEL-AMICI/275780589281062 CASA DEL’AMICI(カーザ デラアミーチ) ランチ1400円 (前菜、パスタ、パン、ドリンク ドルチェは別料金。)火曜定休 篠山の古民家をリノベーションしたこのお店、シャープのAQUOSのデザインでも有名な工業デザイナー・喜多俊之氏のプロデュースとのこと。どおりでお隣に並ぶKITA’Sギャラリーとよく似た造りの建物でした。
お料理は全てとても美味しくてランチのドリンクにワインが選べるというのも嬉しいです。

篠山には他にも沢山新しいお店が続々オープンしています。この季節、桜とランチの組み合わせで篠山を存分に味わってみられてはいかがですか?

みんなの力で事務所引っ越し。

ネット管理ネット管理

とても素敵な坂林盛樹園新事務所が完成しました!
実はその昔マイホームを建てる際にスウェーデンハウスの家を雑誌で眺めて素敵だなーと思いつつ、予算の関係で諦めざるを得なかった私としては今回憧れのスウェーデンハウス社施工の事務所で働けることが夢のようです。
新事務所計画にあたり「社員のみんなが快適な環境で働けるように」と心を砕いて下さった坂林社長、ご英断、本当にありがとうございます!

 IMG_2318
 2階事務所、1階展示場兼打ち合わせルームの家具は自分たちで組み立て!
イケアの家具って一つ手順を間違えるときちんと組みあがらないんですね…。
説明書を読むみんなの表情が真剣そのもの。
作業が進むに連れみんなだんだん無口になっていきます。

IMG_2332
引っ越しも自分たちでやります。新しい事務所の壁や床を傷つけないように念入りに養生。
3日前はこんな状態でした。

IMG_2305

一級建築士の資格を持つ宮地の指導のもと、組み上がった家具の設置にも気を配り、水平をきちんと測ってまるで備え付け家具のようにピッタリ新事務所に収まりました。

IMG_2310

LAN・ネットワーク構築、工事は弊社システム担当の大江が一人でやり遂げます!会社の日常業務を滞らせるわけには行かないので失敗出来ない作業、責任重大です。
私達は毎日社内ネットワークが普通につながるのが当たり前と思っていますが、このあたりまえが本当はいかに有難いことか…。
計画、立案、機材購入から設営、設定まで…きっと相当なプレッシャーがあったでしょうね。でも事務所移転が予定より2ヶ月早まるという強行スケジュールの中できっちり間に合わせてくれました。

IMG_2330
引越し当日は設計の男性陣+社長の4人が重いものを全て運んでくれました。
一番心配していたコピー機と大きな冷蔵庫も階段を登って無事自分たちの力で搬入完了、相当な力仕事でしたが重いものをさっそうと運んでくれる男性陣、見ていてすごく頼もしかったです。そして事故や怪我がなくて何よりでした。本当にお疲れ様。
一方女性陣はこれまでお世話になった旧事務所を綺麗に掃除して磨き上げました。
こうしてみんなが新事務所開設に向け力を合わせて一生懸命動いている姿を見ると近頃涙腺のゆるくなったおばさんはなんだかうるっときてしまいます。歳ですね…。

IMG_2336
荷物を運び終えた新事務所。
これから徐々にダンボールの中身を取り出して、サンプルやカタログの整理整頓を進めます。
先日から始まった環境整備の基本に基づいて更に快適な事務所を作り上げていきます。

IMG_2323

IMG_2324
1階打合せルーム・展示ルームの一角。お客様との打合せのテーブルと椅子もただ今組立中。
この後、事務所周りの外構工事へと進んで参ります。二階打ち合わせルームの並びには裏庭へと続くガーデンルームも設置を予定してます。
どうぞご期待ください!

プラントハンターという仕事をご存知でしょうか?

無題

17世紀から20世紀中期にかけてヨーロッパで活躍した職業で、食料・香料・薬・繊維等に利用される有用植物や、観賞用植物の新種を求め世界中を探検・冒険する人のこと。依頼主の求めに応じて国内はもとより世界各地から、見たこともない植物を採集して届ける。それが、プラントハンターの仕事です。

明治元年から続く植物卸問屋「花宇(はなう)」(兵庫県川西市)の5代目。西畠清順さんは植物卸問屋の後継ぎとして生を受けながらも、植物には興味のない野球少年だったそうです。そんな西畠さんがこの世界に目覚めたきっかけは高校卒業後、海外放浪中に訪れたボルネオ島のキナバル山で、世界最大の食虫植物ネペンセス・ラジャを目にしたこと。その後帰国してから実家で修業を積み、今では年10回以上は海外に出て珍しい植物を調達してはイベント演出、デパートやホテル、公園、街角等さまざまな場所を飾る企画を手がけるなど、日本を代表するプラントハンターへと変貌を遂げられました。

「植物には人生を変えてしまうほどのパワーがある。俺が探してきた植物が誰かの人生を豊かにすることができたら最高の喜びです」と語る彼が世間を驚かせたイベント「『桜を見上げよう。』Sakura Project」では(2012年春、東京・ルミネ有楽町)東日本大震災の被災地復興の願いを込め、全国47都道府県の桜を一堂に集めて咲かせるという「巨大生花」を成功させました。「津波に耐えた宮城の彼岸桜、吹雪の中で掘り出した北海道の千島桜……。自ら現地で集めた20種もの桜が満開となった巨大生け花は、「元気をもらった」と人々の感動を呼んだ。」 (朝日新聞より)
「植物のおもしろさ、可能性をもっと伝えたい。ひとの心に植物を植えたいんです」と語る西畠氏。
実は私自身プラントハンターと言う職業が存在することを全く知らなかったのですが、先々週、母の新聞の切り抜きの中にあった記事を目にしてすごい人がいるんだなーと驚くと同時に大きな興味を持ちました。
これを機会に、これから先西畠さんの活躍に注目して行きたいなーと思っています。

お急ぎ下さい!!
先日ブログにてお知らせしておりましたテラス・ガーデンルームのキャンペーンの期日が今月末となっております。
お天気を気にせず、自然を楽しめる第二のリビングルームはいかがですか?
テラス・ガーデンルームがちょっと気になる・・という方、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

只今 LIXIL商品 サンクスペースII 及び ほせるんですII を期間内(2015年2月1日~3月末日)にご購入いただいたお客様に今話題の花粉対策グッズ「花粉PM2.5吸引ブラシプレゼント!」キャンペーンを開催中です

今年も花粉の季節がやって来ました。 
花粉の季節は洗濯物が外に干せない。殺菌やダニ対策に布団を干したいけれど花粉・PM2.5・黄砂が怖い…等など、アレルギーでお悩みの方がいらっしゃるご家庭に是非おすすめしたいのがテラス囲いガーデンルームの設置です。 
花粉の季節を過ぎると次は夏のゲリラ豪雨対策にも大変有効です。花粉や突然の夕立・強風を気にせずに洗濯物を干したり、お子様やペット・植物にとっても快適なスペース造りに…と生活スタイルの幅がぐっと広がります。 
テラス・ガーデンルームの お見積り・お問い合わせは弊社までお気軽にご相談下さい。

31-1

ガーデンテラス・ガーデンルームの商品のご紹介ページ

 

昨日、ディーズガーデンさんから美味しいお便りが届きました。

カンナ大賞受賞の商品「京の四季逸品:12ヶ月お届け」の第一回目の商品が届きました。
何が入っているのかなーとワクワクしながら箱を開けると180年の歴史を誇る京都の老舗、村上重本店のお漬物でした!!

IMG_2265IMG_2268

先日参加したディーズさん主催の研修会のお弁当もとてもセンスが良かったのでディーズさんからのお届け物…と聞いただけで頂く前から期待が膨れ上がっておりました。
お漬物といえば今話題の腸内フローラを良好な状態に保つ食品の代表格。
会社の休憩時に皆で頂きます。どんなお味か、すごーーく楽しみです。

ディーズガーデン様、有難うございました。
そして…これから毎月楽しみにしています。(^^ゞ

 

 

 

昨年の三田市のふるさと納税寄付金額が兵庫県内で二位になったそうです。(一位は淡路市)

ふるさと納税は、故郷や応援したい自治体に寄付をすると、所得税・個人住民税が軽減される制度で、個人が2,000円を超える寄附を行ったときに、住民税のおよそ1割程度が所得税から還付、住民税から控除されます。

このふるさと納税の大きな特徴としてほとんどの自治体で、寄付をする人がその「使い道」を選べることがあげられます。現在、住民票のある地域に払っている自分の税金が何に使われているか、普段、意識している方は少ないと思いますが、ふるさと納税は日本で唯一、税金の使い道を指定できる制度なのです。

 寄付をした自治体から送られるお礼の品がとても魅力的なので最近テレビなどでも頻繁に取り上げられるようになり、年々人気が高まってきたふるさと納税ですが、一年間通して一回限りという自治体が多い中、三田市では年に何度でも申し込めるということ、寄付金のクレジット決済ができること、ふるさと納税を紹介しているインターネットサイトに掲載されたこと、お礼の品の三田牛人気…などが功を奏して人気が急上昇中なのだそうです。 sandabeef_yakiniku_resize

三田市に住民票がある人は三田市にふるさと納税をすることが出来ないのですがこんな風に自分が暮らす地域の人気が高まることは大変喜ばしいことですよね。

ちなみにこうして集まった貴重な寄付金は「ありがとう三田っ子応援基金に積み立てられ、時代を担う子どもたちを育成する事業に当てられているとのこと。
市では今後は実際に三田に足を運んでもらえるよう「ゴルフ場など市内施設の利用券なども提供していきたい」としているそうです。

 

只今 LIXIL商品 サンクスペースII 及び ほせるんですII を期間内(2015年2月1日~3月末日)にご購入いただいたお客様に今話題の花粉対策グッズ「花粉PM2.5吸引ブラシプレゼント!」キャンペーンを開催中です

今年も花粉の季節がやって来ました。
花粉の季節は洗濯物が外に干せない。殺菌やダニ対策に布団を干したいけれど花粉・PM2.5・黄砂が怖い…等など、アレルギーでお悩みの方がいらっしゃるご家庭に是非おすすめしたいのがテラス囲いガーデンルームの設置です。
花粉の季節を過ぎると次は夏のゲリラ豪雨対策にも大変有効です。花粉や突然の夕立・強風を気にせずに洗濯物を干したり、お子様やペット・植物にとっても快適なスペース造りに…と生活スタイルの幅がぐっと広がります。
テラス・ガーデンルームの お見積り・お問い合わせは弊社までお気軽にご相談下さい。

31-1

ガーデンテラス・ガーデンルームの商品のご紹介ページ

 

   

ページトップへ


Copyright © Feeling Garden 坂林盛樹園. All Rights Reserved