ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

最新記事一覧

 お待たせしました。

スペイン研修旅行第二話目はグエル公園のご紹介です。

グエル伯爵はガウディの良き理解者として、その才能を見抜き、強力なパトロンとしてガウディを支えました。

天才的な建築家やデザイナーがいくら壮大な理想を持っていてもそれを実現するためには膨大な費用がかかりますが、ガウディはグエル氏との出会いによって、次々に素晴らしい作品を世に生み出していきます。

その中でも世界遺産として登録されているグエル公園は当初はブルジョア向けの住宅地として計画・設計されたものだそうです。

残念ながら、公共の交通機関が無い、勝手に木の伐採が許されない、低く設定された建蔽率等が原因で、この時代の富裕層にこの計画はなかなか受け入れられませんでした。

この都市計画で売れた住宅はグエル伯爵の家とガウディの家の2軒だけという結果となり、1922年にはバルセロナ市によって買い取られ、今は世界中から訪れる多くの観光客でにぎわう公園となっています。

IMG_1841

 

IMG_1867IMG_1942

 グエル公園のシンボルともいえるカラフルな大トカゲ。このマダム、大トカゲとお揃いの服?

IMG_1944この公園のいたるところにちりばめられているモザイクタイルがとても可愛らしい…廃棄用タイルや割れたガラス等を再利用しているのだそうです。IMG_1880

IMG_1894 IMG_1923

公園内を縁取る長ーいベンチにはところどころに排水口が設けられ、水が溜まらないように工夫されています。

IMG_1954

美しい曲線の階段手擦り。触り心地も良く、手にしっかりなじみます。まるで生きているかのようです。

IMG_1949

まるでフォトフレームのよう…とても可愛らしい窓。

IMG_1955

 お菓子の家と呼ばれている建物の内部はお土産屋さんになっています。天井の形が独特ですね。

IMG_1960

 IMG_1908

 モザイクタイルを貼ったベンチ。ガウディは人間工学にも造詣が深く、このベンチは人間の体に合わせたカーブで作られています。だからとっても座り心地が良くて何時間でも座っていられます。

ガウディの残した造形物に現代の私たちが実際に触って、座って、寝転んで…その素晴らしさを体感できるのは本当に素敵なことです。

IMG_1916

 IMG_1928

IMG_1925

突然ですが、この夏ガウディの建築が見たくてスペインに行ってきました。 写真を撮りためてきましたのでこれから少しずつご紹介させて頂きます。

スペインと言えばガウディ。ガウディと言えばかの有名なサグラダファミリアがまず最初に浮かぶ方が多いと思います。というわけでまずガウディの代表作であるサグラダファミリアからご紹介しますね。 IMG_1291

まだまだ建築途中のサグラダファミリア。2026年完成予定だとか…はたして間に合うのでしょうか…。

天才的な建築家アントニオ・ガウディはスペイン、カタルーニャ出身の建築家。19世紀から20世紀にかけてのモデルニスモ期のバルセロナを中心に活動しました。

晩年、ガウディは熱心なクリスチャンとして教会の建築に力を注ぎます。この建築費を捻出するために私財を投じ、さらに自ら募金活動を行なって資金集めに奔走ながら自分自身はとても慎ましく暮らしておられたそうです。

不幸にもその最期は地下鉄にはねられ、事故死となってしまいますが、その時はホームレスと見間違えられるほどの質素な身なりに誰もその人物がガウディだとは気づかなかったそうです。

若い頃の輝かしい功績とは裏腹な晩年の慎ましい生活…。そんな、彼の生涯を思いながらバルセロナの地に立ち、サグラダファミリアを眺めていると、建物の素晴らしさとガウディのひたむきな想いが重なり、なんだか胸がきゅんとなりました。

IMG_1424

 

IMG_1399

ガウディは自然を愛した人でも有名です。教会の中にそびえる何本もの高い柱は樹木がモチーフとなっていてその節の部分や先に広がる枝が、みごとに表現されています。

IMG_1391

上から見下ろすとアンモナイトのようにみえる螺旋階段。下から見上げるとこんな感じ。

IMG_1320

IMG_1350

入り口に飾られた葉っぱや昆虫。カエルもいます。男性のデザインとは思えないような乙女な印象。可愛らしいです。

IMG_1323

サグラダファミリアのなかでも特筆すべきはこのステンドグラス。

 

IMG_1333

朝日の刺す方角には青を中心に、夕陽の刺す方角には赤を中心に、それぞれの時間帯の光が最もえ美しく見えるように計算されているそうです。

IMG_1328

IMG_1449

ガウディは感性にまかせて思いのまま自由に設計デザインをしたのかと思っていましたが、実は人間工学に基づいて、利便性を損なわず、いかに自然と建物の融合を図るか、あらゆる視点から建築物のあり方を試行しながら緻密な計算を重ねていることがわかります。

IMG_1453

今もなお研究が進められている研究室。サグラダファミリアの一角にこの部屋があります。

さて次回はガウディのパトロンであったグエル氏との共同作であるグエル公園をご紹介いたします。

私たちのエクステリアの仕事にも生かせる技術や発想が満載です。

 お楽しみに。

  皆さんこんにちは、お庭外構の坂林です。
今日は塀の作り方についての手順を簡単にご説明します。
「288勉強会1回」にはや→にわや
①コンクリートブロック(CB)・(CP)、擁壁で土台となる塀を作ります。
 勿論、このブロックの中にはモルタル及び鉄筋が入っています。

IMG_20130201_115943

 

②防水モルタル施工は状況に応じて施工します。
    今回は内側に土を盛り、表側の仕上げが吹き付けなので
  この様にしています。

IMG_20130201_142538

 

③下地処理ハイフレックス処理後
  一層目(ラスコンサンド)左官材料
  この段階では下地のブロックのラインが、くっきりとよく見えます。

IMG_2255

 

④  ブロック塀は③と同じ。笠木の瓦を施工しました。
    ここも同じく、ブロックラインが見えている状態のままです。

IMG_2327

 

⑤二層目(ベースモルタル+ファイバーメッシュ)左官材料
 ここが本日のポイントです。
 ベースモルタルを塗りながら今、手に持っている樹脂製のファイバーメッシュを
 伏せ込んでいきます。この一手間をかけるか、かけないかは大きな別れ道。

IMG_20130201_140720

 

⑥ ⑤で塗ったベースモルタルが乾くとこの様な色に変わります。そして
  これでようやくブロックラインが消えました。
  あとは吹付けを待つだけです。

IMG_20130305_124910

 

⑦この青空とのベストショット
  吹き付けしなくても十分いけそうですね。

IMG_20130305_124905

 

⑧吹付け完了です。
 色は建物と合しています。

IMG_3224

 

⑨建物側はこの様に土が入り、湿気が表に行き難いように②の
  工程を入れています。

IMG_3236

ブロック塀、擁壁塀、門柱などの仕上げはこの様な工程で 
概ね進めております。
色々な左官材料や知識を織り交ぜながら、少しでも長くまた、少しでも強くと
考えて施工しております。

IMG_4499

*少しも笑う場所もなく、変化もなく淡々と終わりました。
  以後、気をつけます。m(_ _)m  

 

 今日は三田市でお世話になりました駐車場拡張工事(リガーデン)の
ご紹介をさせて頂きます。
作業前の写真です。

 

20150429_144802

 

少し植物のツタがあるため擁壁が見え難いですが、これが大変身しますので
乞うご期待。

20150429_144805

 

この笠木レンガのライン(曲線)を出すのは職人さんによって色々とありますが
今回は塩ビパイプ13mmを壁にあて、鉛筆ラインを入れてカットしました。
そのおかげで、曲線ラインがすごくしなやかになっています。
そしてこの壁にあいている、スリット(隙間)は門柱の笠木レンガと合せて、
頭をまるくしています。

IMG_3672

IMG_3660

 

玄関まわりは全体的に表情豊かな石貼りとさせて頂きました。
因みにこの木製ベンチ、壺、植物のハスはお客様の選ばれたものです。
少しあるだけで、雰囲気ががらっと変わりますね

IMG_3645

 

こちらは、正面玄関側です。ここも同じように塩ビパイプで下書きをこしらえ
ここがちょっとしたポイントですが、レンガ笠木が最終上から下ってきて、最後
少しだけカーブ(曲線)で終わっています。例えばこの部分を曲げずに
真っ直ぐに終わったとしたらどうでしょうか・・・(浜田、松本アウト♫)
設計の皆さん拘りがありますね。

IMG_3580

 

最初の1枚目、2枚目の写真がこの様に変わりました。
石も形から色から、たくさんもの種類があり、建物とのバランス、外構工事との
組み合わせ、お施主様との雰囲気などなど色んな事を考える必要があります。
この様に早目から携わらせて頂くと全体的に、まとまりのある仕上がりとなります。皆様にも建築段階から同時進行のご計画をお勧めします。

IMG_3584

 

握りこぶし位の石の大きさを、職人の手で1個1個、合端(石と石の接する面)
をトンカチで調整し手間ひまかけて造らせて頂いた作品です。
石、1個だけを見ると何でも無い石ころですが、この様に合端を合わせて
集合体になると、何でも無い石ころが色んな表情を創り、落ち着きのある
一体感を自然と出してくれます。
何万年とかけて表に出てきた石や、心に落ち着きをあたえてくれる植物には
素晴らしいとしか言いようがありません。
この素材を本物として活かすことが出来るかは職人さんにかかっています。

IMG_3590

滋賀県大津市 比叡山の門前町、坂本にある旧竹林院をご存じですか?

延暦寺の僧侶の隠居所である里坊のひとつである竹林院には3,300平米の広大な日本庭園が広がっています。

IMG_9453

八王子山を借景として高低差のある敷地内には滝が流れ、水音が心地よい庭園です。

竹林院から一歩外に出ると坂道が続きます。石積みの町としても有名な坂本には今もなお美しい石積みと石畳が残っています。

IMG_9468

IMG_9470

IMG_9444

竹林院の建物ニ階広間から見たお庭。小鳥目線からの眺めを楽しめます。

IMG_9446

苔むす庭を流れる小川。滝へと続きます。

IMG_9459

IMG_9458

IMG_9466

 1階の大広間から眺める庭。広い間口から気持ち良い風が吹き抜けます。

IMG_9467

同じく1階の広間。お抹茶を頂きながらゆっくり静かに庭を眺めることが出来ます。

この里坊の魅力は何といっても人が少なくてお昼寝もできそうなゆったりとした時間を過ごせること。ゴールデンウィークだとは思えないくらい、こんなに素敵な空間を独り占めできました。

京都にも日本庭園はたくさんありますが、こんなにゆっくりゆったりとした気持ちで眺められるお庭はなかなかありません。

目に飛び込む緑と光、水の流れる音、爽やかな風を肌で感じられるまさに五感で味わうお庭です。

 

※この竹林院のちょっと先に本家鶴喜そばという老舗の蕎麦屋さんがあります。ランチメニューも充実していておすすめですよ。

 

■社員研修の一環として社長運転のワンボックスカーに女子たちが乗り込み、ワイワイ賑やかに向かった先はインテックス大阪で開催された関西エクステリアフェア会場。

道中は庭の話や美味しいお菓子やランチのお店の話で盛り上がっておりましたが、一旦会場に入ると皆突然スイッチが入り、真剣な面持ちでエクステリア商品を観察したり、営業マンさんのお話に熱心に耳を傾けておりました。

普段仕事の中で湧き出るちょっとした疑問にも直接各メーカーの担当者に答えて頂けるので、このような大規模な展示会はとてもありがたいです。

IMG_9853

 IMG_9856

IMG_9857

「光と風(自然)を感じるエクステリア ガーデンリノベーション」を提案する企画展示コーナー。庭園デザイナーとして世界でも有名な石原和幸氏による作品です。

19225560_815060795323150_4361919748424696998_n

今年は例年に比べてエクステリア商品を引きたてる植栽の構成にも各社力が入っていました。会場全体を眺めながらシンプルモダンなエクステリア商品にワンポイントの植物を上手く組み合わせることで、より商品が引き立ち、外構全体の魅力が増すことを再認識した次第です。

19396640_815061221989774_1973677087683319669_n

19366562_815061111989785_4400601593853472504_n

19274875_815060848656478_8882794110398051249_n

19225850_815060818656481_6087702417082084150_n

特にプラスGシリーズと植物の組み合わせがうまくいくと、とても洗練された空間が生まれます。

やはりお庭工事というのは総合力が大切なんですね。

IMG_9923 IMG_9924 IMG_9935 IMG_9949 IMG_9952 IMG_9972

 

皆様いかがお過ごしでしょうか

日にゝ暑くなってきますね

よく晴れた日には家の中にいてもクーラーをかけなければ

熱中症になってしまいそうな日もあります

 

暑い時は涼しい場所に行ってみようじゃなかと

近くで涼の取れる場所を探してみました

 

めっちゃめちゃ近くにありました

地図

なんと事務所から車でたった8分2.6kmでした

千丈寺湖(青野ダム)の周りを走る道路ですが途中にポツポツと休憩所のような所があり

木が生えていて湖もすぐそことなかなか良い涼を得られる場所です

 

四阿(あずまや)を発見したのでそこで涼む事にしました

四阿

 

涼むのもいいですがまずは腹ごしらえをしましょう

気になるヤツを用意してきました

ギガビッグマック

なんとビッグマックにとんでもないサイズが期間限定で発売されていることを知り早速購入してみました

グランドセット

そしてセットもとんでもない量の飲み物とポテトのグランドセットを注文してみました

 

四阿には誰もおらず独占状態だったので

ベンチの上で一人でレッツパーリーヽ(=´▽`=)ノ

ギガビッグマックセット

なんという量なんだ

こんなジャンキーな昼ごはんは久しぶりだ

ギガビッグマック恐ろしいデカさです

100%ビーフのパティが4枚も入ってます

ギガビッグマックアップ

部活帰りの学生ならへっちゃらかもしれないですが、これは結構きつい量です(;´Д`)

とか言いながら全部残さず食べました

 

お腹がパンパンなのでそこら辺を一回り散歩することにしました

四阿のすぐ裏手は広場で遊歩道みたいなのもありました

広場

木陰がたくさんあり、この日はそこそこ風も吹いていたのでかなり涼しかったです

そのまま探検に出ます(^O^)/

遊歩道

どんどん進んでみましょう

遊歩道2

道の横っちょの沼地から生えてるこの感じどこかで・・・

葉っぱ

あっ(゚∀゚)天空の城ラピュタでムスカ大佐がこういう感じの所をかき分けながら走ってた気がする

更に歩道を突き進んでいくと千丈寺湖が開けてきます

千丈寺湖

残念ながら有馬富士は逆方向でした(・_・;)

千丈寺湖2

これ以上進むと戻ってくるのが大変なので探検はここで終了です

 

というわけで今回は事務所の近場にある涼を楽しんできました

近くにあるからこそなかなか行く機会がないような場所へ

出かけてみるのも意外と楽しいかもしれないですね

 

それではSEE YOU(^_^)/~

雑木の庭のガーデンルーム

設計ブログ 設計ブログ

こんにちは、皆様いかがお過ごしでしょうか。

最近は山登りに最適な気候で、事務所の近くにある有馬富士が登りにおいでと呼んでいる気がします。

 

本日はガーデンルームの施工事例をご紹介させていただきます。

 7

【リフォーム前】

1

【リフォーム後】

お子様の成長や休日は家で過ごすことが多くなったりと、

ライフスタイルの変化に伴ったお庭のリフォームをさせていただきました。

落ち着きのある雑木の庭にガーデンルーム リクシル ココマⅡで贅沢な空間をつくりだし、

リフォーム後は施主様に大変喜んでいただきました。

 2

玄関に面しているガーデンルームは

お客様も庭から出入りできる、気軽に招き招かれるラウンジとなりました。

 3

元々庭に植わっていた樹も上手く雑木の庭に取り入れました。

 4

朝食を食べたり、読書をしたり、ティータイムをしたり、ペットと遊んだりと

様々なシーンで自然の恵みにつつまれたくつろげる空間となりました。

 5

目の前で広がる空の眺めは非日常を体感しているかのようです。

 6

内部日除けは、屋根からの光を遮り快適で過ごしやすくしてくれます。

 

この度は弊社にご依頼いただきましてありがとうございました。

使い勝手のいい駐車場

設計ブログ 設計ブログ

今日は使い勝手のいい駐車場の新築施工をご紹介します。

1

暖色系のレンガをデザインに取り入れ、すっきりとした中にも温かみの感じられる外構になりました。

6

カーポートは柱が片側のみで車2台がゆったりと駐車出来ます。

4

門柱前の花壇には建築中の掘削で出てきた石を利用しました。

2

玄関ポーチ階段はタイルの色味と合わせ、段鼻は暖色系レンガ、踏面はカラーモルタルにて施工いたしました。

3

デッキはメンテナンスフリーのホワイト色の樹脂デッキ、お庭には雑草対策のため錆砕石を敷いております。

5

家の周りを囲うフェンスは、圧迫感が出ないようにホワイト色で適度な隙間のあるフェンスを設置いたしました。

この度は、弊社にてご依頼頂きまして誠にありがとうございました。

京都河原方面に向かう阪急電車の途中に大山崎駅があります。

その駅から歩いて15分の所にある美しい別荘をご存知ですか?

その名もアサヒビール大山崎山荘美術館。関西の実業家・加賀正太郎(1888-1954)の別荘として、大正から昭和にかけ建設され、その後加賀氏亡き後、アサヒビールが行政と協力のもと、老築化した建物を修復、現在の大山在山荘美術館として復元されました。

約5500坪の庭園の美しさもさることながら、大正ロマンの様相漂う本館と安藤忠雄氏の設計による地中の美術館の建物、そしてその中に所蔵されている印象派の巨匠・クロードモネの絵画がこの美術館の魅力をさらに引き立て、毎日多くの人々がこの地を訪れています。

IMG_9652

大山崎駅から坂を上っていくと石のトンネルが見えてきます。この場所まで阪急大山崎駅始発、JR山崎経由で無料の送迎バスが出ているのですが25人乗りなのですぐ満席になります。その際はご高齢の方優先になりますので「自分は若い」と自負する人は歩きましょう。

IMG_9654

ビジターセンター

IMG_9691

ビジターセンターを過ぎてもう少し坂を上るとやっと門が見えてきます

IMG_9658

これがメインエントランス。かわいらしい洋館建てです。入場料は大人900円。途中でお庭に出でるときは再入場の時のためにチケットにスタンプを押してもらいましょう。

IMG_9663

安藤忠雄設計の美術館入口。コンクリートの打ちっぱなしがおしゃれです

さすがのデザインですね。残念ながら中の撮影はできないのですがモネの蓮の絵が展示されています。

IMG_9667

洋館の中庭の蓮の池

IMG_9670 IMG_9675

まるでモネの蓮の絵を再現したかのような池 。絵になります。

IMG_9688

ロートアイアンの装飾のある入り口ドアや屋根や柱…いたるところに細かい細工が施された贅沢な建物です

IMG_9820

新緑が美しいお庭。次回は紅葉の季節に訪れたいものです

IMG_9821IMG_9686

カフェのテラス席にて。このケーキは「うーん…」ま、雰囲気が良いのでよしとしましょう。

IMG_9822

テラス席からの眺め。宇治川、木津川、桂川を一望!さわやかな風が吹き抜けてよい気持ち。

IMG_9681

庭園に降りていく階段。

建物の中にはアールヌーボーを代表するガラス工芸作家、シャルル・マルタン・エミール・ガレ作の花瓶がさりげなく置いてあったり、ステンドグラスがいたるところに作り付けられていたり、建具の造作も大変凝っていて、ちょうどNHKの朝ドラのべっぴんさんの主人公の住居のような建物でした。

当時のこの洋館の主のような気分に浸りながら飲むコーヒーは格別です。

四季折々の植物を楽しめる美しい庭園と大自然に囲まれた英国風山荘、そして近代的な美術館の組み合わせが違和感なく溶け合っている場所で和洋の庭をのんびりゆっくり鑑賞しませんか?

ところで失敗談を一つ。
敷地内にカフェはあるのですがランチができるレストランはないとのことでしたので、朝からせっせとお弁当を作って持参しました。ところが庭園に設置された休憩場所は団体さんがいっぱいで座るところがない…仕方なく石段に腰かけてお弁当を食べていましたら、ベンチ以外の場所では座らないようにと警備員さんからご指導が…。注意書きを見落としてました…ごめんなさい。

※6月頭から秋まで、改装のためしばらく閉館されるそうですのでご注意ください。

   

ページトップへ


Copyright © Feeling Garden 坂林盛樹園. All Rights Reserved