ホーム > 新着情報 > アジサイ(紫陽花)の剪定

新着情報


アジサイ(紫陽花)の剪定

2019/07/01



アジサイは、世界で広く親しまれている日本産の落葉低木で、梅雨どきに咲く代表的な花木です。丈夫で育てやすく、乾燥しないように気をつければ鉢植えでも庭植えでも容易に栽培することができます。 


アジサイの剪定は必ず必要な作業ではありません。毎年花を楽しみたければ、剪定しない方が良いとも言えます。ただ、アジサイは繁殖力が旺盛で、早く大きくなります。年々大きくなって場所をとり、花の咲く位置も高くなるので、株の大きさを一定に維持するために剪定を行います。 

翌年咲く花芽は10月頃に完成しており、準備万端で冬に備えています。後は翌春に芽を吹いて花を咲かせるだけです。 ですから、9月中旬以降に切り戻しを行うと花芽を切ってしまう恐れがあるので 花が咲き終わったらできるだけ早い時期に花から2節ほど下の部分で切り戻しましょう。 

※アジサイは今年咲いた花の下部に翌年の花芽がつく事が多いため、深く切りすぎると 翌年の花が咲かなくなることがあります。


一覧に戻る

お見積り・お問い合わせはお気軽にどうぞ

お電話の方
0120-66-0823
FAX 079-566-0905

受付時間 9:00〜17:00(平日)

お見積り、ご相談は無料です。お気軽にご連絡下さい。

  • 施工事例一覧へ
  • ガーデニングへ
  • カーポート・駐車場へ
  • エクステリア・外構へ
  • フェンス・塀
  • テラスへ
  • 石積・擁壁・土留工事へ
  • 和風庭園へ
  • ビオトープ・ロックガーデンへ
  • リフォーム(ガーデン)へ
  • 外構工事 お客様の気になるポイント
  • 外構パーツ一覧
  • カーポート特集へ
  • ガーデンルーム特集へ
  • Gテラス・Gスクリーン特集へ
  • 魅惑のディーズガーデン特集へ
  • スタッフブログへ
  • 新着情報へ
  • スタッフ紹介へ
  • 犬と住まいる協会
  • よくある質問へ
  • 採用情報
  • 業者のお客様へ
  • オンリーワンデザイン
  • アフターサービスへ
  • 企業・店舗オーナー様
  • お客様の声
  • ガーデンローン
  • 対応エリア
  • 三田ガーデンネット

ページトップへ


Copyright © 坂林盛樹園. All Rights Reserved