ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

最新記事一覧

夏前にテレビの「何でも鑑定団」で「熊谷守一」の絵が出ていたのをきっかけに、熊谷守一の絵を見たい見たいと思いはしても、このコロナ下ではしばらく無理だろうなと思っていたら、伊丹市で 「生誕140周年 熊谷守一展 わたしはわたし」(7月末終了)をやっておりました。

もちろん、行くでしょう!

厳重な三密を避ける体制の元での鑑賞でしたが、熊谷守一の絵のおおらか(実は緻密な計算のもとに描かれているらしいが)で美しい色彩を楽しんできました。images

 

こんな絵が一枚居間の壁にあったならば、毎朝「ウフフッ」と微笑むことができるだろうなあと思いつつ、「時間がない!」と夫に急かされつつ、画集と絵葉書を買って帰りました。絵 熊谷守一

熊谷守一の絵については他に譲ることとして、彼は晩年外にスケッチに出かけることもなくなり、ほとんどの時間を家や庭の中で過ごしたと言われています。

晩年の多くの絵もそんな時間の中で描かれたものだといわれます。

庭の中にも創作の対象はあるのでしょうね。

 

坂林盛樹園のお客様にもご自宅のお庭に創作の女神を見つけられる方々がいらっしゃいます。

三田市のF様は、雑木林のお庭に調和した弊社専務力作の立水栓を美しい水彩画に描いて下さいました。絵 F様F様邸 お庭水栓

姫路市の素敵なお店「ザッパ」様では作家さんが、弊社職人の黒目とザッパ店員の子供達合作のオシャレなウォールをブローチに作って下さいました。

もちろん、私、ブローチをゲットしました。

ブローチ ザッパ様の作家さん

姫路 ザッパ様 お庭ウォール

皆様ご自宅のお庭を存分に楽しまれているご様子で、お庭を創る側にとってもこの上ない喜びです!

 

三田でも長い梅雨の後、夏は一ヶ月ほとんど雨らしい雨は降っておりません。

長い雨季にこれまでになく大きく育った植物にとって、灼熱の乾季は今までになく過酷な環境です。

つけすぎた葉っぱを自ら落とす樹木もあります。

お盆以降は土中の梅雨の水分貯金もなくなり、油断をするとあっという間に萎れる植物もあります。

猛暑の夏 早朝のお水やりは、汗もかくし、蚊も襲ってくるし、ホースは暴れるし、ちょっとつらいけれど頑張ります。

地面にたっぷりと水が染み込むように下ばかり向いていると、ふと何かの気配が、、、。

見上げるとジューンベリーの葉にビッシリとかえったばかり毛虫集団(写真はやめておきます)が、、、こんな時のためにウエストバックにはキンチョールが、シューッとひと吹きで毛虫集団を撃退します。

お水やりは時々上を向いてお庭の木々の様子をチェックしましょうね!

 

そんな夏の朝のお庭のお水やりですが、楽しいこともあります。

茂みの中から野鳥?の雛が突然現れ庭を駆け抜けて行ったり(なんだ?今のは?)、優雅なクロアゲハチョウがヒラヒラと舞っていたり、、、。

アゲハチョウ

ウッ、これは熊谷守一の絵のようではないか!

絵 熊谷守一 鬼百合とアゲハチョウ

 

 

8月の終わり、水やりをしていると何故か風が庭の中を流れてきます。

空気は子供の頃のラジオ体操からの帰り道の匂いがして、ほんの少しさびしい感じになります。

 

最後におまけ、我が家の庭の花が茶室の花入れに入ると、、、、、、ねっ、お家にお庭があるって、ちょっといいでしょう!

6月宗全籠

6月宗全籠

7月宗全籠

7月宗全籠

8月鮎籠

8月鮎籠

 

ムーミン

総務ブログ 総務ブログ

長い長い梅雨が明け、

暑い暑い夏がやってきました。

 

いつもとは違う夏。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

去る8月9日はムーミンの日でした。

 

2005年にムーミン60周年を記念して制定されたムーミンの日。

ムーミン公式ファンクラブでは、

「ムーミンの日の集い」や「オフィシャルムーミンツアー」が企画され、

盛大にムーミンをお祝いしているようです。

 

昨年3月には埼玉県に「ムーミンバレーパーク」もオープンし、

ムーミンブームはもとより、

2006年の映画「かもめ食堂」のヒットによって到来した北欧ブームに

ますます拍車をかけています。

 

そんな北欧ブームの中、

インテリアだけでなく、

シンプルで木の温かみを感じる、

北欧テイストの住宅も見かけるようになりました。

 

弊社事務所も、

北欧デザインを手掛ける住宅メーカー、

スウェーデンハウスによって2014年に竣工しました。

 

スウェーデンハウスの住宅は、

高気密高断熱が徹底されており、

冬は特にとても快適な環境で仕事をさせて頂いております。

 

そんな事務所ですが、

場所が少し分かりにくく、

ご予約のお客様から、

「近くまで来ているのですが…」と

お電話がかかってくることもしばしば。

 

そこで、弊社HPの会社案内ページ下部に

道案内動画を掲載致しました。

とてもわかりやすい仕上がりになっております。

ぜひ一度ご覧ください!!

 

→ 会社案内

 

最後に、ささやかながら、

我が家のムーミンコレクションです。

毎年ホワイトデーに1人ずつ増えていきます。

IMG_20200821_170240_

梅雨もそろそろ落ち着いてきたのか

太陽が見え隠れする日も

もうすぐ夏本番

夏といえばみんな大好き怪談ですよね~

稲川淳二の季節です

 

さて今回のお題は怪談ということで心霊写真について

昨今カメラ技術が発達しスマホさえあれば

誰でも気軽に写真が撮れる時代になりました

 

写真や動画を撮る仕事をしていると

たまーに写るんですよね

見えてはいけないもの

 

下の写真をご覧ください

SnapShot1

お気づき頂けたでしょうか

それでは次の写真の赤丸の部分に注目して見てください

SnapShot2

手がぼんやりと写っています・・・

 

 

 

そうなんです、私の手が!!!!

 

やらかしてしまっています(;´Д`)

 

どういうことかというと

撮影場所に問題があります

被写体とカメラの間に窓ガラスがあるのです

SnapShot3

こんな風に大きなガラスの窓があり室内側から撮影したため

窓とレンズの間に空間があるとカメラの後ろにあるものが

写り込んでしまうのです

 

これは絶対に起こることはわかっていたので

新しく揃えたアイテムを使うことにしました

 

それがこちらのレンズフードです

蚊取り線香ではありません

65B00003

 

何だこれ?って思いますよね

これを伸ばして使用します

65B00004

伸ばした口をカメラレンズの先に装着します

素材はシリコンなので容易に伸縮し取り付けは簡単です

 

そして大口の側をガラス面にピッタリと貼り付けます

65B00008

 

これでもうカメラに後ろ側の光が映り込むことはありません

65B00288

三脚の前を2本足にして少し縮めてやるとカメラが前のめりになるので

ガラス面にフードが届きます

前足がほぼ垂直になるように調整します

あとはカメラの角度を調整ししっかりフードが密着しているか確認後

撮影を行います

 

このフードを使って撮影した映像がこちらの動画

後半の滝正面と上からの動画部分になります

 

 

撮影前にガラスもキレイに拭き上げたので

ガラスを挟んで撮っていることがわからないぐらいに

映り込みもなく撮れているのではないでしょうか

 

 

おまけ ~最近の珍客~

自然いっぱいの弊社事務所周りですが

今回現れたのは野うさぎでした

65B00041

ものすごく草を食べて去っていきました(^_^;)

 

はいそれでは今回はこの辺で

SEE YOU !(^_^)/~

大きくなぁれ

設計ブログ 石井杏里(設計),設計ブログ

昨日、東京のコロナ陽性者数が過去最大となったようです。

私の近所のショッピングモールの従業員からも陽性が出たらしく、以前より身近に感じています。
益々気を引き締めていかなければなりませんね。

 

話は変わりますが、夏は野菜が安いですね。
冬場は68円のきゅうりでも絶対買ってやるものかと睨みつけていますが

最近はタダです。

先日も職人さんから畑で採れたきゅうりとトマトをもらいました。(甘くて美味しかったです)

 

私の母の話ですが、今年は近所の共同畑のようなものに参加しておりまして

最近は毎週のように何らかの野菜を収穫してきます。

きゅうり・トマト・なす・ピーマン・ニンジンや大根、ホウレンソウの時もありました。

なので最近はお化けのようになったきゅうりの処理に追われています。
1本で普通のきゅうり4本分くらいあります。ないよりは助かりますが。

 

そんな母ですが、以前は自宅のベランダで家庭菜園をしていました。

ただでさえ狭いベランダがのびのび育った葉っぱたちで鬱蒼としていたのを覚えています。

そこに大きな大きな青虫がいたことも。。

この話はやめましょう。

その母が、今年は家庭菜園をしないのかと思いきや、なんといちじくの木を買ってきました。

¥1000で60~70㎝くらいの可愛らしい幼木のようなものでした。

父に買ってもらったようです。

1594340765934
母は毎朝起きたら必ずベランダに行き、欠かさず水をやり隅々まで観察し愛情を注いでいました。

毎日大事に大事に育てて1ヶ月ほど経ったころ、母が嬉しそうに言いました。

実の部分になる何かができてきた♡

DSC_0015

わかるでしょうか。少しぶれていますが。

どれ?って感じですが、枝の分かれ目のところから小さな小さなコブのようなものが少しだけ。。

そしてウキウキしながら母が言いました。

今年は8個食べれたらいいなぁ

私は言いました。
絶対無理やろ

皆さんはどう思いましたか?
5月末の時点でこの可愛らしい状態の木に実がなると?

以前にいちじくの木を見ていた私はあり得ないと思いましたね。

↑去年投稿のいちじくの木

 

いちじくの生態を知っているわけではないですが、大体8月~10月くらいが旬かと。

あと数ヶ月で何ができるのかと馬鹿にしまくった結果、母は言いました。

じゃあ今年の12月までに3個でも食べれるものができたら私の勝ち

なんと賭けを持ちかけてきたのです。悪い親ですねぇ。
1個でもできたらいい方だと思っていた私はもちろんのりました。

 

その後何日か過ぎた頃は、目に見えた大きな成長は無かったのでしょう。

母には若干諦めの色が見えていました。

そうだろうそうだろう、やっぱりあんな小さな鉢の、小さな木では今年1年かけても無理だろう、と高を括っていたそんな時でした。

 

もう先に(勝利品)もらっとこうかな

とニヤニヤしながら母が言うのです。
まさかと思い見に行ってみると。

 

DSC_0046

あ。。これはまずい。(*_*;

ちゃんと形のある実ができてますね。
それから10日ほど経ち、
1594340801245

なんとこんなに!!

。。どんどん成長していますね。

なぜこんな小さな鉢の、小さな木にこんなにたくさん実がなるのでしょうか!Σ(・□・;)

どう見ても反則でしょう!

はじめの一カ月間の成長速度と違いません??

これは3個どころか初めに母が言っていた8個も夢ではないのかもしれません。
恐るべき愛情のかけ方です。。

母のドヤ顔が目に浮かびます。。悔しいっ(;´Д`)

しかし、よく考えればまだ色づいていないので負けが確定したわけではありません!
このまま熟さなければ私の勝ちです!(笑)

。。でもいちじくが食べれるなら何でもいいかな♪

次の投稿ぐらいには結果が出ているかもしれません。

 

ちなみに大雨の日はゴミ袋に守られていました(笑)

1594340772770

バラの選び方

営業ブログ 谷岡弥生(営業)

この春はコロナの影響でSTAY HOMEとなってましたので、お庭で過ごす時間がいつも以上に多かったのではないでしょうか。
桜が終わり、梅雨に入るまでの2か月ほどはガーデニングのベストシーズンでした。

皆様は楽しまれましたか??

IMG_3806

 

コロナの心配でそれどころではなかったかもしれませんが
アメリカの絵本画家で、ガーデナーとしても有名だったターシャ・デューダさんは
花々の咲き乱れるこの時期を「輝きの季節」と表現されていました。
なんて素敵で、ピッタリの表現!!
やわらかで心地よい日差しがさす中の植物のお手入れはとても心地よく、私も大好きです。

IMG_4622

そんな輝きの季節に咲くお花の中で特に人気が高いのは、やはりバラではないでしょうか?
でも、育てたことのない方にとっては「他の苗に比べてお値段が高いし、枯らしてしまったら嫌だし、なんだか難しそう…」と手が出しにくいのも事実だと思います。
そこで今回はバラのポイントについて書かせていただきます。

バラを育てる上でのお手入れは、大きく分けて3つ。(あくまで個人的な意見ですが)
1 花後と冬の肥料(花後と1月~2月の間の計2回)
2 冬の剪定(冬の肥料と同時期にバッサリ切る)
3 薬剤散布(我が家はつぼみの付き始めるころに1回だけ)
これだけで、うちでは10年以上きれいな花を咲かせてくれるので、たくさん育てるのでなければ初期投資もお手入れの手間のそれほど負担にはならないかと思います。

でも、実際に育てた方が管理が難しいと感じてしまう点はここがまちがっているからかもしれません!!

適した場所に、適したタイプのバラを植えていない

これに尽きるんじゃないかと思うのです。
バラを買いに行って一番に見るのは花の色や形、香りだと思うんですが、一番大事なのは樹形です。

バラの樹形には大きく分けて4つがあります。
1 ブッシュローズ (木立ち性 直立~横張りまでいろいろ 中輪~大輪)
2 シュラフブローズ (半ツル性 長く枝を伸ばして短めのツルバラとして育てることも、短く剪定して木立ちとして育てることもできます 小輪~大輪)
3 クライミングローズ(つる性 小輪~大輪)
4 ミニバラ (木立ち性 直立~横張りまでいろいろ 小輪)

上の4番ぐらいは、春の園芸店に行けば見た目で何となくわかるので間違えないと思いますが
各品種の中でも確認のポイントになってくるのは「直立か、横張りか
スペースのあまりないところにブッシュローズの横張りタイプや、剪定をしないつもりなのにシュラブローズを植えてしまうと
「大きくなりすぎて困る」となります。

また、鉢植えでオベリスクを立てて育てたいのにクライミングローズを植えてしまうと長くなりすぎで枝の行先に困ってしまいますので

選ぶならシュラブローズがおススメです。

そして、クライミングローズはシュート(来年の花付きのメインになる新しい枝)の延びる長さが1m~7mと品種によって差が大きく、

枝の太さによってもアーチのように曲線に沿わせやすいもの、枝が長いので壁面やフェンスに向いてるものがあるのできちんと適材適所を選ぶようにすると
失敗が減りますので、ネットを活用して探してみてください。

DSC_0415

 

 

そして大切に育てたバラを飾ったり

 

IMG_4668

 

それを眺めながらおやつを食べたり

 

IMG_4531

こんな些細な幸せのある日常が、はやく世界中に戻ってきますように。

 

 

新型コロナウイルスで県を跨いだ移動が解除された週末
道行く車が多いこと多いこと

しかしながらまだまだ感染者数の報道も無くなる気配もなく
東京では数十人規模で毎日感染者が出ている

そんな中平日の昼にマクドナルドへ行ってみた

ドライブスルーには車の行列が!!

持ち帰りにして外で食べようと思って店内に入ると

他に誰もいなかった(・。・)

だったら中で食べてもいいかと広い店内を独り占め

お昼時というのにワンフロアーに客は自分ひとりという
マクドナルドを貸し切り状態で食べたのは人生で初めての経験

お昼なのにパティが倍の4枚入ったビッグマックがあったので食べてみました

ダブルビッグマックセット

倍ビッグマック

なかなかのボリュームでした

(さらに…)

Web meeting♪

営業ブログ 内田 誠(営業)

こんにちは!

コロナに備えて新しい生活様式の定着を心がけているうちだです^^

 

先日、素敵なデザインの商品を提案してくださる

こだわりものづくり会社、

ディーズガーデンの馬場さんとリモートにて打合せを行いました。

写真 2020-06-09 11 15 38

馬場さんとは以前からリモートで打合せや新商品の説明を聞いたりしていていまして

こういうやり取りはかなり慣れてきました。提案してくださった馬場さん、ありがとう^^

 

これまでの営業は「足で稼ぐ」「お客様に会ってなんぼ」の世界だったと思いますが

緊急事態宣言が出てお客様のところに行けない、会えないという状態になった場合

どんな状況であっても経済を回すということでは

試行錯誤しながらも新しい営業のスタイルを切り拓いていかないとですね。

なかなかオンラインではコミニケーションの難しさはありますが(^^;

 

弊社ではいち早くWEB打合せに取り組んできました。

※詳しくはこちらをクリック↓

img_01

 

初回のお打ち合わせはお伺いさせていただくかご来店していただきますが

2回目以降はWEB打合せを選択していただくことも可能です。

普段は遠方にいる方や忙しく日程が取りずらい方はぜひご活用ください!

 

 

WEB打合せはYouTubeでもご紹介しております♪

 

 

他にも害虫駆除やお庭で役立つ情報が満載!ぜひご覧になってください!

 

 

 

 

 

 

きょうのらんち

1

 

唐揚げ定食おおもり (^_-)-☆

新緑の頃

設計ブログ 町田 由美(設計),設計ブログ

新緑の季節になっても、まだ球音は聞こえない。

子どもも大人も元気にはしゃぎ合い、声援を送ってた頃が懐かしいです。

一日でも早く、コロナウイルスが収束する事を願います。

緊急事態宣言が五月末まで延長され、学校の休校も延びお家で過ごす時間が続きます。

09

兄弟で日課の素振り( `ー´)ノ

 

そんな中でゴールデンウィークはお家で楽しく過ごそう。

10

こどもの日(ドラえもんチャンネルより)我が家ものび太君です。

 

まずは定番ですが、お庭でバーベキュー!!

01

ちょっとリッチに三田牛のロースとカルビ。

02

やっぱり炭火で焼くと一味違います。

お隣さんもその向こうのお隣さんも、一日おきにお肉を焼くいい匂いが…。

 

次はガーデニング、好きな花を植え、眺めてるだけで幸せな気分になれます。

03

『マリーゴールド』

05

『パティエ』

お花の水やり当番は次男の仕事です。

 

三田市内の小学校の運動会は、毎年五月に行われてます。

応援団を楽しみにしていた次男。

今年は運動会どころじゃありません、が、過去写真。

08

長男が一年生から六年生までの運動会弁当、お恥ずかしー( *´艸`)

これを作り終え、運動会から帰った後のお昼寝の気持ち良さ~♪

大勢で囲んで食べたり飲んだりすることは平成の時代で終わってしまうのかな?

 

政府から「新しい生活様式」が発表され、世の中がこれからどう変わって行くか不安もありますが、

限られている範囲で、今、自分ができる事をするしかありません。

幸いにもリモートワークでお家でお仕事ができる環境、三密でない事務所環境。

11

これからのお庭、お庭で過ごす快適空間をお考えの方は、

フィーリングガーデン坂林盛樹園にご相談下さい!!

オリジナルパースも作成します。

 

では、皆様健康にはくれぐれもお気をつけ下さいませ。

 

さんぽ

総務ブログ 総務ブログ

令和の時代が始まり1年が経過しました。

 

祝賀ムードに包まれていた昨年のゴールデンウィークから一変して、

今年のゴールデンウィークは自粛ムードに包まれています。

 

ゴールデンウィーク前半はお天気も良く、

本来ならば絶好のお出かけ日和でしたね。

 

学校休校も3ヶ月目に突入し、

子供も大人もどこにも行けない日々が続いていますが、

我が家では運動不足解消のための散歩を日課としています。

 

そんな散歩の途中、

お庭でバーベキューを楽しんでいるご家族を見かけることがあります。

 

「ステイホーム」が合言葉になっている今、

お庭でアウトドアを楽しむ方も増えているようです。

 

特別なものを用意しなくても、

普段のお昼ごはんを外で食べるだけで、

いつもとは違う時間を楽しむことができそうですね。

 

弊社HPではそんなお庭作りのヒントになる

テラスの施工事例を多数紹介しておりますので、

ぜひ夢を膨らませてみてください!

 

→ テラス施工事例

 

そして気になる施工事例があれば、

お気軽にお問い合わせください。

 

現在、新規のお問い合わせは通常通り受け付けておりますが、

一部スタッフのテレワークを導入しており、

お電話がつながりにくい場合や

お見積りやプラン作成に時間を要する場合がございますのでご了承願います。

 

また、お問い合わせ後は通常、

訪問・ご来社などによる対面での初回ヒアリングが行われますが、

お子様の臨時休校等でご来店でのご相談が難しい方や、

非対面でのお打ち合わせをご希望されるお客様には

Web打ち合わせも実施しております。

 

→ Web打ち合わせ

 

ぜひご利用下さい。

 

お散歩中、誰もいない公園での1枚。

2人並んで何を思っているのでしょうか?

IMG_20200430_163238

雑草対策

ネット管理 ネット管理,織田京子(ネット管理)

コロナ対策で大変な日々が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

一日も早くコロナ感染拡大がが収束し、通常の生活が戻ることを祈っています。

 

ご自宅で過ごす日々が増える中でお庭の雑草が気になる方も出てきておられることと思います。

そこで今日は雑草対策を行った工事の話を書かせていただきたいと思います。

 

チガヤという雑草をご存知でしょうか?

1
チガヤは宿根系の雑草で種による繁殖だけでなく、地中で根を伸ばし、どんどん増えていくイネ科の雑草です。
その繁殖力の強さ故に、巷では「厄介な雑草」として嫌われています。
この度ご紹介する工事の現場はこのチガヤが一面に生い茂る敷地でした。

DSC_0450

DSC_0780

地中で根を張るチガヤ

IMG_1526

チガヤ除去中の写真

IMG_1519

IMG_1521

徹底的にチガヤの根の部分まで除去します。ここまで除去作業をしておかなければ後ですぐに雑草が生えてきます。

IMG_8710

雑草除去と土壌改良までを弊社が行い、出来上がった敷地に施主様がリピアを植えられました。

IMG_8704

IMG_8702

IMG_8730

新しく植えた草花たち。これからの成長が楽しみです。

なかなかお出かけもままならないこんなときだからこそ、身近な生活空間を整えていきたいですね。

雑草対策も様々な方法がありますのでどうぞご相談ください。

 

最後になりましたが弊社ではコロナ感染症拡大への対策としてお客様に安心してご相談いただけますようにweb打合せを行っております。

お互いの顔を見ながらの会話や、画面上でお見積りや平面図等の資料をご覧いただけます。3DCADで作成したプランを立体的にご覧頂くこともできます。

どうぞご活用ください。

それでは皆様体調管理に気をつけて、元気にお過ごしくださいますように。

外構工事・ガーデニング、エクステリアやお庭のことならフィーリングガーデン 坂林盛樹園へお任せください。兵庫県神戸市、宝塚市、西宮市、三田市など、兵庫県と大阪府で幅広く対応いたします。外構工事、エクステリアやお庭など、造園技術を兼ね備えた、外構、お庭の専門店が坂林盛樹園です。お見積り、ご相談は無料です。お気軽にご連絡ください。

お見積り・お問い合わせはお気軽にどうぞ

お電話の方
0120-66-0823
FAX 079-566-0905

受付時間 9:00~17:00(平日)

お見積り、ご相談は無料です。お気軽にご連絡下さい。

ページトップへ


Copyright © 坂林盛樹園. All Rights Reserved