ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

最新記事一覧

IMG_8988

IMG_8968

田中達也という写真家をご存知ですか?

1981年熊本県生まれ「ミニチュア写真作家・見立て作家」と呼ばれている方ですが、彼の写真は、スポンジをテニスコートに見立てたり、ふぐの刺し身を白い波に見立てたり・・・と、身近な日用品をまったく別の何かに見立てたユーモアたっぷりの遊び心が見る人に驚きを与え、面白い!と感じさせることでとても人気があります。

IMG_8970

IMG_8983

見ていると、その発想の豊かさや意外さに感心したり、思わずくすっと笑いが溢れるような作品がたくさんあります。

IMG_8993

NHKの朝ドラの「ひよっこ」のタイトルバックにも作品が採用され、ミニチュア写真家として世界的にも名の知れた方です。

IMG_8986

IMG_8979

昨年、美術館で彼の作品展を見てきましたが、美術館としては珍しく、写真撮影が許可されていました。一般入場者の私達もさながら写真家気分で色んな角度からミニチュア作品に向けてスマホのシャッターを押し、楽しみながら鑑賞することが出来ました。

IMG_8977

IMG_8978

IMG_8967IMG_8973

IMG_8984

なんと言っても彼のすごいところはこのミニチュア写真を毎日1作品、インスタグラムに投稿されていることです。今や彼のインスタグラムのフォロワーは2,400,000万人。継続は力なりという言葉がありますが、毎日よくこれだけのアイデアが湧いてくるものだと驚きます。

IMG_8975

さて、インスタグラムといえば弊社も数々の写真を投稿させていただいております。素敵な施工事例をたくさんアップしておりますので、どうぞご覧ください。そして1人でも多くの方のフォローをお待ちしております。

坂林盛樹園のインスタグラムはこちら

2020

総務ブログ 総務ブログ

新年あけましておめでとうございます。

年賀状ねずみ

2020年がスタートしました。

今年はオリンピックイヤーですね。

TOKYO2020ではどんな感動が見られるのか

今から楽しみです。

 

さて、今回の年末年始は曜日の並びがよかったため、

9連休の長期休暇となった方も多いのではないでしょうか。

弊社でもカレンダー通りの9連休を頂きました。

 

長い長いお正月休み、皆様はどのように過ごされましたか?

 

我が家では年末は大掃除に励み、

年が明けてからは初詣以外はほとんど家にこもって

ぬくぬくと過ごしました。

 

そんなインドア派の我が家では

毎年おこもり用のおもちゃを購入するのですが、

今年はコチラをチョイスしました。

IMG_20200101_120246

「ICE RAZE」というテーブルゲームです。

 

土台に六角形の氷ピースを敷き詰め、

ルーレットを回して、

出た数の氷ピースをハンマーで落としていき、

中央にいるペンギンを落としてしまった人が負けです。

 

初めは余裕で氷を落としていきます。

IMG_20200101_120623

氷が少なくなってくると

ハンマーで叩いていないところの氷まで落ちていきます。

IMG_20200101_121643

ハラハラドキドキ…

ガシャーン!!

MyVideo_1

バランスを崩してしまうと

一気に氷が崩れ落ちてしまいます。

 

このバランスを見極めるのが意外にも難しく

何かと考え込んでしまう大人の方が負けてしまうことが多く、

直感で躊躇なく氷を落としていく子供の方が強かったです。

 

単純ですが、老若男女問わず楽しめて盛り上がる

お正月にピッタリのゲームでした。

 

この六角形を敷き詰めた蜂の巣のようなハニカム構造、

頑丈で衝撃に強いという特徴があり、

飛行機の翼や、新幹線の床、サッカーのゴールネットなどに使われているそうです。

 

そして外構工事にもハニカム構造を使用した商品がありました。

 

「グラベルフィックスプロ」というオランダ生まれの砂利地盤安定材です。

main_subphoto2

砂利敷き特有のわだちやくぼみができず、

歩きやすさが増し、ベビーカーや車いすでの通行もスムーズに行える優れものです。

 

また、ハニカム構造特有の頑丈さで、

駐車場にも使用しても問題ない強度があります。

 

砂利敷きをお考えの方は、

お気軽にお問い合わせください!!

クリスマスがやってきました

今年も残すところあとわずかですね

大掃除にお正月の準備は進んでいますか?

 

クリスマスですがこれといって何もないので

少し時期を遡り秋の紅葉と写真撮影のお話でもしましょう

 

時に2019年11月の初旬~中旬

毎年紅葉を見に行くもいつも見頃を過ぎ

落ち葉ばかりを見ているので

今年は早めに出かけてみると

 

早すぎた Σ( ̄ロ ̄lll)

今年の紅葉はどこも遅めな様で11月下旬から12月が見頃だった

また今年も外してしまった_| ̄|〇

 

早いとは言え来てしまったものはしょうがないので

とりあえず撮影してきました

たいして見栄えのする紅葉もなかったので

ここからは撮影のお話でいきます

 

今回天気は良くかなり明るい中での撮影です

お寺の紅葉なのでもちろん木をメインに撮影します

ここで問題なのが明暗差となります

 

露出(明るさ)をどこに合わせるかで

撮った写真の見え方がかわります

基本的には被写体がちゃんと見える様に明るさを設定する訳ですが

今回の被写体は紅葉ですのでかなり明るいです

 

明るい紅葉部分がしっかり見える様白とびを防ぐために

露出をある程度抑えてやらなければなりません

そうすると今度は影になっている部分が真っ黒に

黒つぶれしてしまいます

 

そこで登場するのがHDR(ハイダイナミックレンジ)撮影です

これをONにしておけばあとはカメラが自動で

露出を変えた写真を何枚か撮り

明るい部分を暗く、暗い部分を明るく合成してくれますので

後で画像を見返した時にガッカリしなくて済みます

 

何枚か元画像とHDR撮影画像を見比べてみましょう

元画像

hdr001

HDR画像

HDR001

黒つぶれしていた黒っぽい部分の葉っぱがかなり見える様になっています

 

元画像

HDR011

HDR画像

HDR012

逆光で真っ黒になっていた木の幹の模様が見える様になりました

 

元画像

HDR031

HDR画像

HDR032

こちらは一目瞭然でほとんど真っ黒だった建物の骨組みが丸見えになっています

 

例に挙げた画像の様にHDR機能を使うと

特に暗い部分がよく見える様になっているのがわかりますね

 

HDRすごくいいじゃないか!と思いますが

どんなものでも長所と短所があります

 

こちらの画像を見ていきましょう

MISS1

右下の人物が透けています

 

もう一枚

MISS2

団体さんが分身していますΣ(・ω・ノ)ノ!

 

何が起こったかと言いますと

HDR撮影は露出を変えながら数枚を連続撮影し

1枚の写真に合成するため

動体撮影に弱いのです

もちろんシャッタースピードを上げて高速連写ができるカメラなら

ある程度はカバーできるかもしれませんが

基本動かないものや動きがゆっくりなものを撮る場合に絞った方が

良いかもしれませんね

 

それにしても緑が多かった(-_-;)

少しですが赤く紅葉しているところも載せておきましょう

 

高源寺入り口

DSC02456

 

通路もまだ半分ぐらいは緑でした

DSC02496

 

赤いですがあまり綺麗ではないのは気のせいでしょうか

DSC02516

 

大木に絡みつくように回り込んで枝を張っています

DSC02560

 

全体がこれぐらいまとまって赤くなっていると最高だったのに残念

DSC02692

ということで来年こそはと毎年同じことを呟いておきましょう

 

― おまけ ―

少し前にお客様のお庭を撮影させて頂いた帰りに

芦有ドライブウェイある東六甲展望台から夜景を撮影したものです

65A03754

65A03755

65A03756

夜景スポットなんて行ったの十数年ぶりか??

なかなか素晴らしい眺めでした

もの凄く寒かったですが(;´・ω・)

 

― おまけ2 ―

近くの公園にて昨日撮影

IMG_E1680

IMG_E1682

IMG_E1684

なんとも物悲しくなる冬といった感じでしょうか

 

― おまけ3 ―

9月~12月お誕生日会です

*主にバースデーケーキ(;^_^A)

HB01

HB02

HB031

HB04

HB05

HB06

HB07

HB08

HB09

バースデーケーキは近くにある手作りのお菓子のお店

贈りもの菓子食堂 Mouette (ムエット)

三田市志手原545-3

にて作っていただきました

 

 

こんなところで〆させて頂きます

それではよいお年を

See you !(@^^)/~~~

料亭の通路

設計ブログ 福元恵美(設計),設計ブログ

設計の福元です。
動物達に見守られながらブログを書いております。

IMG_08022

 

本日はアプローチのリフォーム事例をご紹介します。
アプローチ部分を料亭のような通路にして下さいとご相談頂きました。
実際に料亭に行ったことがないので、
美味しそうなお料理の写真は横目で見ながら
様々な料亭の外構写真を見てイメージを掴み、
営業とデザインと知恵を出し合いプランさせて頂きました。

【リフォーム前】

KIMG0063

 

既存の大判板石はリフォーム後も通路として再利用し、
奥にはフォーカルポイントに筧、水鉢、樹脂製建仁寺垣を配置し、
夜も落ち着いた雰囲気漂う灯籠風ライトで
建物に合ったしっとりとした仕上がりとなりました。

【リフォーム後】

IMG_0701

工事を進める中でお客様のご提案により
既存の瓦を植栽と砂利の境に取り入れさせて頂き、
空間が引き締まり上質な雰囲気となりました。

 

当初のプランにはない職人のアドリブで
筧の止水栓を既存の巴瓦で隠した技には興奮してしまいました。

【全体写真:止水栓の位置、どこか分かりますでしょうか?】

IMG_0702

 

【アップ写真:水鉢の左側に巴瓦!?】

IMG_0690

【アップ写真:蓋を外すと止水栓発見!!】

IMG_0691

 

いつもと同じ締め括りとなりますが、
お客様から学ばせて頂くことが多く
その経験を次のお客様へのよりよい提案と繋げさせて頂いております。

また、弊社ではそれぞれの担当がお客様の想いをしっかり受け留め
お客様に合った空間をつくり上げたいという気持ちがチームワークとなり
よりよいお庭づくりに繋がっていくのではないかと思っております。

F様、この度はご依頼頂きまして誠に有難うございました。

今年の漢字が発表され予想通り令和の『令』!!

それから1週間が経ち、早いもので、もう年末ですよ(*’▽’)

 

12月の初旬に次男の少年野球チームで、六甲山耐寒訓練へ

00
耐寒とはほど遠く、お天気に恵まれた一日でした。

05
行きはJR新三田駅から阪急芦屋川まで電車で行き、芦屋から登りました。

最初は高級住宅街をふらりとお散歩気分♪

02

ここからが本格的なコースです。

04
子どもたち、ロックガーデンもへっちゃらで、母おいいてきぼりに…

元気・元気

03
山頂からの景色とサイダーが最高でした。

01
帰りは有馬温泉に降り、これまた温泉饅頭と有馬コロッケを食べ、家路に着きました。

久々の登山、山ブームにも乗っかって、大自然の中、気分もリフレッシュできました。

山があり、緑があり、花があり、自然っていいですね。

06

お庭の事はフィーリングガーデン坂林盛樹園にご相談下さい!!

オリジナルパースも作成します。

では、この辺で、今日は忘年会です(^_-)-☆

社内

設計ブログ 坂林明子(設計),設計ブログ

皆様 こんにちは!

はやいもので師走に入りましたね。

なんだか焦っているのは私だけでしょうか・・・(;’∀’)

 

今回 少しですが、事務所の雰囲気をお伝えします。

最近 社内の人数も少し増え、困った時がある時は、自ら声を出します。

すると、いてくれてます!! 応えてくれる方が・・・。

 

困ったこと・苦手なこと・解らないこと

誰かしらが、教えてくれたり、一緒に考えてくれたり

 

間仕切りのない社内。ちょっと不便な時もありますが、こんな時とってもありがたいです。

社員同士で こういう関係ができているところは素晴らしいなと思ってます。

 

私自身、自分の長けた一面を思う存分発揮できるように頑張っていこうと思ってます。

また、それぞれのよき個性が仕事を通して輝けることを願っています。

必要とされる人になって、それが社会への貢献につながってくれると嬉れしいです。

 

私は年始に目標を立てるのですが、半世紀が過ぎ身のまわりの環境も変わり、

来年はこれまでと違う目標を立てようと思ってます。

皆様どんな目標を立てられますか?

 

年末まで皆様 お体を大切に。

そして、よいお年を迎えられますようお祈りいたしております (*^^*)

 

お誕生日会

IMG_0228

 

ありがとう (*ノωノ)

IMG_0625

 

親睦会(バーベキュー)

 

DSC_1269

IMG_0005

 

冬の訪れを感じる先週末、京都観光に行ってまいりました。

前々から訪れたいと思っていた天台宗総本山比叡山延暦寺の三門跡「青蓮院」に今回やっと行くことが出来て気分も上昇。

青蓮院といえばこの青い蓮の襖絵が印象的ですが、それにもまして広い境内に作られたお庭は変化に富み、とても見応えがあります。

IMG_9989

青蓮院は古くから皇室との関りが深く、代々皇族が住職を務めたことでも知られている格式の高い門跡寺院です。

IMG_0010

主庭は、室町時代の相阿弥の作と伝えられ、粟田山を借景にしてその山裾を利用した幽邃な趣の池泉回遊式のお庭です。

IMG_0012

池を泳ぐ色鮮やかな鯉たちもお庭の景色の一部として絵になりますね。

IMG_0007 IMG_0011 IMG_0016

IMG_0024

冬の訪れを感じる寒い日でしたが、なんとか紅葉に間に合いました。

IMG_9998

ふすまを背にして建物の中からお庭を眺めます。

IMG_9997

建物内部から眺めたお庭。粟田山を借景にして巧みにデザインされた庭園です。

IMG_0003

現代アーティストの木村英輝氏によって手がけられた襖絵、本来伝統的な襖絵は本金や岩絵具、漆といった伝統画材を使いますが、この絵はアクリルガッシュとネオカラーと言う現代の画材で描かれているそうです。IMG_9991 IMG_0001

しばし青蓮院のお庭を堪能した後は一路西陣織会館と織成館へ移動。

西陣織会館では毎日着物ファッションショーが開かれているのですが、そのショーで見た着物が偶然青蓮院の蓮の色と同じブルーでとてもきれいでした。

IMG_0032

「西陣に行く」というと宿のスタッフの方には「結構マイナーな場所に行かれるんですねー」と言われてしまいましたが、日本の伝統工芸を存分に味わえるとても良いところでした。

 

最後は錦小路市場で桝悟の京漬物と卵焼きを買って帰途へ。

お寺有り、伝統工芸有り、美味しいもの有り・・・やはり京都は世界に誇れる魅力的な街ですね。またすぐに行きたくなりそうです。ちょっとマイナーですが「もう京都の有名所は堪能した」という方にはちょっとマイナーな西陣織会館や織成館もおすすめです。

 

青蓮院門跡

住所:京都府京都市東山区粟田口三条坊町69−1

拝観時間: 9:00~17:00(16:30受付終了)

拝観料金: 個人:大人500円 中高生400円 小学生200円 団体

 

西陣織会館

住所:京都市上京区堀川通今出川南入西側

開館時間:AM10:00 ~ PM5:00 (11/1 ~ 2/28) AM10:00 ~ PM6:00 (3/1 ~ 10/31)

休館日:12/29~1/3

入館料:無料

 

織成館

住所:京都府 京都市上京区浄福寺通上立売上る大黒町693

開館時間:火曜日~日曜日 10:00 ~ 16:00

休館日:月曜日(祝日の場合は開館します)

入館料:大人500円 高校生400円

淡路夢舞台

アフターブログ アフターブログ,宮地和代(アフター)

アフター・設計の宮地です。

外構工事の中での植栽工事を担当することも多くなり、お客様のご要望に応えるためにも、もっと植物のことを広く勉強しなければと思うこの頃です。

 

 

9月、今年2度めの淡路島へ、

なんとなく行きそびれていた淡路夢舞台に今回やっと行くことができました。

施設全体は2000年の花博の時に安藤忠雄氏の設計によるものですが、今回はその中で【奇跡の星の植物園】をメインにご紹介します。

 

4月に訪ねた高知県の【牧野植物園】の温室も素晴らしかったのですが、淡路の温室も予想以上の迫力と美しさでした。

巨大なガラス張りの温室の中は、いくつかのエリアに分かれていて、それぞれ感動的な内容でした。

IMG_7882

 

 

【プランツギャラリー】

渇いた土地で生きる多肉植物とオブジェで構成された、モダンでドライなガーデン

すべての植物がデカイ! 原産地では皆こんなに大きくなるのだろうか?

IMG_7910

 

【トロピカルギャラリー】

カラーリーフやレアな色合いの観葉植物が幾重にも植え込まれている濃密で美しい空間。

このままの組み合わせで持って帰りたい、、、。

IMG_7914

IMG_7924

 

【癒やしの庭】

ゆったりと置かれたガーデンチェアのスペースは、思わず腰掛けたくなる雰囲気と腰掛けた時の空間の心地よさ。

お庭にも取り入れられますね。

IMG_7930

 

【フラワーショウスペース】

その時々のテーマにそった植物の構成やその美しさは圧巻!

フラワーショウスペースなんて、そんなあ—と思ってましたけど、、、素晴らしかった!

ちなみに11/23からは、「クリスマスフラワーショウ」だそうです。

IMG_7958

IMG_7979

IMG_7981

IMG_7991

IMG_7988

IMG_7998

 

【花と緑のある暮らし】

日本の、自然との共生の文化が生み出した伝統的な庭園文化・ライフスタイルを紹介する展示

植栽の組み合わせは、大変参考になります。

IMG_7962

 

温室のどのエリアも植物の構成が十二分に考えられていて、手入れも驚くほど行き届いています。

空間の醸し出す雰囲気は、現地でなくては感じられないことだなあと、改めて思いました。

お庭づくりもそうありたいものだと、、、来てよかった、、。

 

 

その後は、広大な広さの【国営淡路海峡公園】   

あきれるほど広い—-。

ここの維持管理は大変でしょうね、、、、国営だから、、、、。

IMG_8014 IMG_8025

 

【百段苑】

今はもう段々畑?花博の時は、一番の見せ場だったでしょうに、、、、残念な状態。

IMG_8043

 

最後にこの日の宿から見た夕陽を、、、。

淡路島の食材を生かした宿のイタリアンは、、、、、、、、絶品でした。

IMG_8055

皮ごと食べられるアレ

設計ブログ 石井杏里(設計)

皆様こんにちは
朝晩ぐっと冷え込んで日中との温度差ができてきましたね。

冬の大嫌いな私にとってはこの気候の変化が憂鬱で
あとどれくらい寒くなるのだろうと不安な毎日を過ごしております。
春よ来い早く来い。。。

それはさておき、前回の投稿は夏休みの内容でしたがすっかり秋になってしまいました。
夏休みの続きはまたにして、今回は秋をお届けしたいと思います。

我が家では毎年何らかのフルーツ狩りにいくのが恒例です。
今まで行ったのは、いちご、すもも、ぶどう、栗拾い、芋掘りなど定番のものでしたが
(特にいちごは毎年です。すももは少し変わっていましたが)
今年はなんと。。。

「いちじく狩り」

です!!!
。。。

どうですか。

ワクワクしませんか?

テンションMAX!!!ですよね!!(≧▽≦)

そうなんです、こう見えて私はフルーツの中ではいちじくが
2本、いや、1本の指に入るくらいの大大大好物なのです。

訪れたのは神戸市西区にあるエースクールさん。
のどかな田園地帯の自然いっぱいの中にありました。

中はこんな感じ
IMG_20191005_102236

近所でいちじくの木を見たことはありましたが、近くでみるのは初めてです。
皆さんご存知でしたか?
いちじくの木はわざと二つに分かれるように育てるらしいですよ~
IMG_20191005_100455
IMG_20191005_100325
美味しそうですね~(^^♪
全部食べたいくらいです☆

IMG_20191005_100611

ここのいちじくは皮ごと食べられます☆
どれも甘くて皮も邪魔にならずぱくぱくいけちゃいました♪
思い出してもよだれが出そうです。。。
IMG_20191005_104341

おうちにもお持ち帰りで2度楽しみました♪
癖になる甘さ☆来年もリピート決定です!
お好きな方は行く価値ありです☆(*^^*)
IMG_20191005_104349

アフター・設計の宮地です。

13日(日曜日)西宮市山口町の公智神社のだんじり祭りを見物に行ってきました。

数日前に現場で一緒になった工事部の 坊くん の顔がなんだかコワイ?

そういえば山口町のだんじり祭りが日曜日に控えているし、坊くんは「だんじり男」なのだと誰かが言っていたような、、、。

これは是非 坊くんのだんじり祭りの勇姿を見にゆかねばとあいなりました。

IMG_8572

 

公智神社のだんじり祭りのクライマックスは、各地区のだんじりが地区を廻ったあと御旅所に集結し、大鳥居から神社への坂道を一気に駆け上がる「だんじり宮入」です。

 

まずははじめに、御旅所から公智神社へ神社の神輿が雅楽の演奏とともに厳かに進みます。

IMG_8574

驚いたことに雅楽も氏子の皆さんの生演奏です。

IMG_8577

 

 

 

沿道の沢山の観客に混じってその瞬間を待つ時間もワクワクします。

 

各地区のだんじりが、順番に御旅所の辻を勢いよく進みます。

IMG_8591

 

坊くんの地元「上山口」のだんじりは、この辻を一気に「やりまわし」で駆け抜けてゆきました。

カッコいい~!!

屋根には若い衆が二人、小学生もだんじりの中で誇らしげです、そして櫓の下では中学生?がずっとコンチキチのお囃子を演奏しています。

坊くんも子供の頃はだんじり祭りの前に毎晩お囃子の稽古したそうです。

 

はじめてだんじりを間近で見物しましたが、テレビで見るのとは断然その迫力が違います!すごいなあ~!!

IMG_8593

坊くんは「やりまわし」外側のだんじり右側前から2番目を担ぎ、そのカッコいい写真もバッチリ撮れて、なぜかわたしも大満足です。

 

 

IMG_8606

IMG_8614

IMG_8618

 

 

すべての「だんじり宮入」が無事に終わると、境内では宮入しただんじりが勢揃いし、地元の皆さんは和気あいあいと過ごしています。

(結構ゆるい雰囲気)

IMG_8639

IMG_8646傍らでは、「獅子舞 神楽」が楽しげに奉納されていました。

大人たちに混じって小学生たちも上手に神楽を舞っているのをみると、随分お稽古をしたんだろうなあと感心するばかりです。

 

 

IMG_8650 IMG_8651

そしていつの間にか、境内や神社前の道路あちこちで屋台の食べ物やワイルドな枝豆を肴に宴会が始まっておりました。

 

この春から工事部に職人として勤務する坊くんは、礼儀正しく、仕事はもちろん熱心ですし、若いのに周りにも気配りのきく 気持ちの良い青年です。

彼の生まれ持った資質やご両親のおかげもあるのでしょうが、小学生の頃から地区の大人たちやちょっと年上の青年たちの中でだんじり祭りを経験することによって育まれたものもあるのだろうなあと一人勝手に思ってしまいました。

坊くんもカッコよかったけど、子どもたちを一人前の大人に育て上げる「だんじり祭り」もすごいなあと、改めて感動した一日でした。

外構工事・ガーデニング、エクステリアやお庭のことならフィーリングガーデン 坂林盛樹園へお任せください。兵庫県神戸市、宝塚市、西宮市、三田市など、兵庫県と大阪府で幅広く対応いたします。外構工事、エクステリアやお庭など、造園技術を兼ね備えた、外構、お庭の専門店が坂林盛樹園です。お見積り、ご相談は無料です。お気軽にご連絡ください。

お見積り・お問い合わせはお気軽にどうぞ

お電話の方
0120-66-0823
FAX 079-566-0905

受付時間 9:00~17:00(平日)

お見積り、ご相談は無料です。お気軽にご連絡下さい。

ページトップへ


Copyright © 坂林盛樹園. All Rights Reserved