ホーム > スタッフブログ > 三田市で造園屋さんといえば・・・造園の老舗といえば坂林盛樹園? その2

三田市で造園屋さんといえば・・・造園の老舗といえば坂林盛樹園? その2

こんばんは、坂林盛樹園の坂林です。

今年も、もう12月、早いですね。(^_^;)

一年の締めくくりの月ですね。

また、来年に備えていく、準備の月でもあるかなと思っています。

来年に向けて、良いスタートができるよう、しっかりと締めくくっていける12月にしたいと思います。

さて、前回から弊社の生い立ちを少し書かせていただいておりますが、私自身の整理の意味でも

この場をお借りして、ダイジェストでまとめてみたいと思います。

前回は、創業者の坂林俊治について、少し書かせていただきましたが、今回は

2代目の坂林一良について、少し書かせていただきたいと思います。

坂林一良は、私の父親でもあるわけですが、生まれは、昭和14年になります。

小・中と地元の学校で勉強をし、その後高校にはいかず、丁稚奉公に15歳から出ております。

本人は、高校に行きたかったのですが、坂林俊治のすすめで、手に職をつけるべく、働きに出たのです。

そして、宝塚の造園の老舗に住み込みで、働かせてもらいに出ました。

直接は聞いていませんが、多分もっと勉強もしたかったと思いますし、友達とももっと遊びたかったのではないかと思います。

 

丁稚奉公に出ると、10年後には独立するという志のもと、しっかり仕事をし、学ぶべきものを学んで、身に着けるべき技術を身に着け

予定通り10年後に、独り立ちをし造園工事を主体にした会社を立ち上げました。

坂林俊治が、この造園という道に導き、坂林一良が造園工事業という形で確立した形になります。

26

坂林一良の10代の頃の若い写真。

 仕事柄、川の流れや、石積等々、そうした施工の機会も多かったので、自然環境との触れ合いも好きだったようです。

30

 当時、自宅の角先で撮った写真です。

一番奥が、父親で、手前が母親、その手前がおばあちゃん、その手前はひいおばあちゃん、一番手前は親戚のおばさんです。^_^

ひいおばあちゃんも、私が小学4年の時まで健在でしたので、とても懐かしい写真になります。

それと、昔は坂林盛樹園ではなく、坂林造園だったんですね!!

12

 この写真は、坂林一良が、工事の部門を26歳で立ち上げて、20年ほどたった時の写真ににります。

工事を立ち上げたといいましても、基本的には、工事に関係する機材(レッカーとかダンプカー等)はなかったわけですので、一つ一つ買い揃えて

いったことになります。

当時は、ブルトーザーやレッカーも5tレッカーと10tレッカーがあったんですね。

日本が高度経済成長を遂げていこうとしていた時ですので、父親が身に備えた技術や知識

感性が時代のニーズともあって、成長させていただけたのだと思います。

また、着実に成長させていただけたことを思いますと、中学を卒業し10年間の修業時代

いかに、コツコツと実績を積み上げていったのか、志を高く力強く進んでいったのかを

思うと、私としては、目頭が熱くなる思いがするのです。感謝 感謝

  • 前の事例へ

  • 次の事例へ

外構工事・ガーデニング、エクステリアやお庭のことならフィーリングガーデン 坂林盛樹園へお任せください。兵庫県神戸市、宝塚市、西宮市、三田市など、兵庫県と大阪府で幅広く対応いたします。外構工事、エクステリアやお庭など、造園技術を兼ね備えた、外構、お庭の専門店が坂林盛樹園です。お見積り、ご相談は無料です。お気軽にご連絡ください。

お見積り・お問い合わせはお気軽にどうぞ

お電話の方
0120-66-0823
FAX 079-566-0905

受付時間 9:00~17:00(平日)

お見積り、ご相談は無料です。お気軽にご連絡下さい。

ページトップへ


Copyright © 坂林盛樹園. All Rights Reserved