スタッフブログ

最新記事一覧

2016年が開けてあっという間に終わった1月の最終日、柏原町にある重要文化財黎明館内のフランス料理店、ル・クロ丹波邸に行ってきました。

reimei_out

元学校の校舎を利用して営まれているル・クロ丹波邸様。建物が重要文化財なので釘1本打てないそうです。

レストラン風にアレンジするのはなかなか大変でしょうね。
IMG_6053

IMG_6055

IMG_6056
1800円のランチメニューの1品目、オードブル盛り合わせ。
「お箸で食べるフランス料理」というコンセプトどおり、味付けも全体的にあっさりしていて日本食とフランス料理の中間という感じ。
IMG_6057
白身魚の茶わん蒸し風仕立て。和風隠し味のきいた優しい味のソースが絶品でした。
大阪で3店舗、パリに1店舗を構えておられる有名店、ル・クログループオーナーシェフである黒岩功氏が昨年春丹波市に5店舗目の出店を決められたとのこと。
大阪の友人に教えてもらったのですが、こんなおいしいフランス料理店がこんな身近なところにあったなんて驚きです。

IMG_6061

お料理を運んでくださる女性スタッフとの会話の流れで、私たちの結婚記念日が近い…という話がちらっと出たのですが、なんと最後にスタッフの皆さんで運んで下さったデザートのお皿にHappy anniversary…とメッセージを添えて下さっていました。写真撮影もしてくださり、口々に「おめでとうございます!!」とかけてくださるお言葉に照れくささとと嬉しさでおもわず「はずかしー!」と叫んでしまいました。
素敵な店内、とてもおいしいお料理、スタッフの方々の気持ち良い対応、そして思いがけない心のこもった演出…。満足度の高い最高の時間を過ごすことができて感謝しています。

聞くところによると、ル・クロ丹波邸の皆さん、昨年丹波の地に出店が決まって、スタッフ全員が大阪から丹波市に引っ越してこられたそうです。
中には職場結婚をされたカップルもそのまま務め続けられるように…と交代でベビーシッターをしながら赤ちゃん連れで働いておられるとのこと。チームワークの良さがそのまま 店の雰囲気やお料理ににじみ出ているお店でした。

ところでこんなに来店客に感動を与えられるお店っていったいどんな方が経営されているんだろう…と興味を持ち、帰宅してからネットで調べてみました。
このル・クログループオーナーの「黒岩功氏」ですが、料理人としての活躍にとどまらず、人材育成や食育、スイーツ作りをとおして障害をお持ちの方々の雇用の場を広げる活動など、様々な分野で活動しておられるそうです。
黒岩氏は自ら執筆された本の中で 「コンプレックスは力になる」ということをおっしゃっています。

「コンプレックスは力になる。
コンプレックスに苦しみ、まだ自分のポテンシャルを開花させていない、劣等感を持った人間には、成長の余地が無限に残されているからです。
つまり、コンプレックスは成長する上での最大のエネルギーになるということ。
もしそのエネルギーに火をつけることができたら、人はどこまでも伸びていくことができるのです。
僕自身、 コンプレックスを持ち、 「こんな自分を変えたい!」 と思うことがなかったら英語もフランス語もドイツ語もできないのに日本を飛び出してヨーロッパで修業すること もなかったと思います。
そしてもう一つは、人材の力を引き出すのは、すべて環境づくりにかかっているという こと。
上司から部下への働きかけによって、どのようなバックグラウンドを持った人材の集まりであっても、一丸となって最高のパフォーマンスを発揮できる。
つまり、人は組織によって、変わり、育っていくのです 。」

読んでいるとなんだか勇気がわいてくる文章ですね。
従業員の皆さんが生き生きと働かれている職場に流れる気持ちの良い空気を肌で感じ、すっかりル・クロさんのファンになってしまった私です。

2016年新年あけましておめでとうございます

もう20日ですね(;´∀`)

 

今日は三田市も雪が降っています

うっすらと積もってきました

積雪

 

もっとがっつり降ってくれると楽しいんですけどね((o(´∀`)o))

 

雪道に不慣れな方やスタッドレスタイヤ未装着車は運転を控えた方がいいかもしれませんね

このうっすら積もっている時や半溶けのシャーベット雪が結構危険です

できるだけマンホールの蓋や道路ラインは踏まないようにしましょう

 

雪があるなら取り敢えず作らなければ!

雪だるま

ということでオーバー1mクラスは無理だけれどちっこいのを作ってみました

キモ雪だるま (1)

なんともキモい(;´Д`)

キモかわいくなくただキモい

キモ雪だるま (2)

耳と鼻を付けたのがいけなかったのか・・・

南天の実の赤い目はスタンダードだと思うんですが

胴体と顔のサイズがアンバランスなのも要因か

もうちょっと降ったら巨大化してみてもいいかもね~(*´∀`*)

 

それでは今年もよろしくお願い致します

SEE YOU(^_^)/~

こんにちは、今日は成人の日ですね。

新成人の皆様、おめでとう御座います。

 

年始早々鼻風邪をこじらせてしまった設計の山本です。

暖冬だからといって寒さを油断していたらダメですね。

皆様お気をつけ下さいー(^^;)

 

さて、今回は西宮市のI様邸をご紹介させて頂きます。

I様は数年海外赴任をされておりましたが少し前に日本へ戻ってこられ、『さあ お庭をしよう!!』と弊社へご依頼頂きました。

赴任先で親しまれた外国の街並みや自然の風景を懐かしく思われておりましたので、思い出して懐かしんで頂けるお庭になるようプランニングさせて頂きました。

 

施工前がこちら↓

20150701_163834

そして、完成がこちら↓

IMG_3399

IMG_4083

 

既存の塀を少しイメージを変えてナチュラルな雰囲気にさせて頂き、雑木系の樹木・草花で緑を楽しんで頂けるように致しました。

IMG_4079

IMG_4145

IMG_3439

リビング前にはガーデンルーム『LIXIL エクシオール ZIMA(ジーマ)』を設置してます。

20151007_153959

建物の裏側にはテラス屋根『LIXIL サンクテラスF』を設置させて頂き、勝手口までの雨除け、自転車屋根としても使って頂けます。

 

IMG_4152

冬の間は緑が少なくてすこし寂しいですが、冬の間も日々ゆっくりと変化していくお庭を楽しんで頂けているようです。

春になるのが待ち遠しいですね(´∀`)

IMG_4133

 

ご近所の方からも『素敵なお庭になりましたね』と声を掛けられたようで!!

お庭を通してご近所の輪(和)が広がって頂けたらいいですねぇ。

 

I様、この度はお庭づくりのお手伝いをさせて頂き、ありがとう御座いました。

 

追記

一緒に植えさせて頂いたプンゲンスホプシー。

IMG_3404

『ぷんちゃん』と可愛がって頂けているようです。

写真を撮影したのがクリスマス前だったのでさらにかわいくなってました(●´ω`●)

今日はわが家の愛犬をご紹介いたします。

IMG_5849 (1)

リリ7歳。トイプードルの女の子。フリスビーが得意です。

生後3ヶ月の頃、友人の知り合い宅で飼われていたのですが、当時2歳の先住犬とそりが合わず、先住犬のほうがストレスのあまり脱毛、下痢、拒食を発症・・・「このままでは命すら危ない」、と心配された飼い主さんから子犬のほうを預かって欲しいと頼まれ、7年前の昨日、我が家の子になりました。

先住犬と元飼い主さんの神経をボロボロにするほどのおてんばだったリリですが、年月を重ねるごとに良い子になり、今では耳の遠い母に電話の音や来客のインターホンの音を知らせ、聴導犬さながらの役割を果たしています。そして年老いた母の話の聴き役になったり、散歩に付き合って健康維持に一役買ったり・・・今や私たちにとってかけがえのない存在になっています。

ある方の話では犬は自分が一度飼い主から捨てられたことを覚えているのだそうです。そしてもう二度と捨てられないようにリリなりに一生懸命頑張っているのではないかとのこと・・・。
本当にそうなのかどうかはわかりませんが、もしそうだとするとあまりにも健気でいじらしい愛犬をギュッと抱きしめたくなる衝動に駆られます。

これまで柴犬・ミックス・バーニーズマウンテンドッグ・秋田犬・ポインター・・・と色んな犬と暮らしてきました。
そんな中、新しい犬との出会いの際にいつも思い出すのが犬たちの本当の気持ちを表現したと言われる「犬と私の10の約束」です。数年前映画にもなりましたね。

1.  私と気長につきあってください。
2.  私を信じてください。それだけで私は幸せです。
3.  私にも心があることを忘れないでください。
4.  言うことを聞かないときは、理由があります。
5.  私にたくさん話しかけてください。人の言葉は話せないけど、わかっています。
6.  私をたたかないで。本気になったら私のほうが強いことを忘れないでください。
7.  私が年を取っても、仲良くしてください。
8.  あなたには学校もあるし友達もいます。でも、私にはあなたしかいません。
9.  私は10年くらいしか生きられません。だから、できるだけ私と一緒にいてください。
10.  私が死ぬとき、お願いです。そばにいてください。そして、どうか覚えていてください。私がずっとあなたを愛していたことを。

何回読んでも8項目あたりから胸が一杯になって涙ぐんでしまうのですが、今や愛犬家の中では知らない人はいないとまで言われているこの言葉。動物と暮らすにあたって私たち人間が守っていかなければならないとても大切な約束だと思いつつ、毎年リリが我が家に来た日に思い出しては愛犬との付き合い方を省みています。

 

新年明けましておめでとうございます。

本年も フィーリングガーデン 坂林盛樹園 をよろしくお願い申し上げます。
お正月休みはたっぷりと頂きましたが、ゆっくりしたのは元日だけ、日頃出来ないわが家の冬のお庭仕事を休みの間たっぷりと致しましたので、あまり普段と変わらない過ごし方でした。

この機会に、かねてより検討中の【充電式ブロワ】を試してみました。

冬の最初のガーデニング作業、不要な枝の剪定や宿根草の切り戻し整理、春夏には活躍した支柱を撤去したり、落葉の裏にナメクジが潜んでいないか目をこらしたり、はたまた枝もとにへばりついたカイガラムシをブラシで掻き落としたり・・・ 寒肥を入れて、春の宿根草の苗を植える場所を探してウロウロしたり・・・ なにしろ忙しい・・・。DSC05184

そしてわが家の庭の冬の最重要作業は、!! 落葉かき!!

樹齢20年(たぶん?)の カツラ と コナラ は毎冬大量の落葉を庭に積もらせます。スイセンの伸びやかな葉も 宿根草の新芽も落葉の下に埋もれてしまいます。 このままでは・・・光輝く春は・・・来ない。
DSC05175

DSC05183

低木や宿根草の間の落葉をかき出すのはなかなか骨の折れる作業。
何とかこれを効率的に かつ又 スッキリ仕上がるよう出来ないものか・・・。
そんなお悩みをお持ちの方も多いのではと思います。

そこで 【充電式ブロワ】の登場!
DSC05225

落葉を吹き飛ばすパワーは、軽くて小型の【充電式ブロワ】でも充分な威力を発揮しました。
(どうしてもっと早くブロワを使わなかったのかと後悔しきり)

DSC05201 
落葉を吹き飛ばして地面が見えたカツラの株元、スイセンの根元や宿根草の新芽にもお日様がたっぷりあたります。

DSC05194 
宿根草の鉢たち、早めにスッキリと切り戻しておかないと、春を待つ新芽がもう顔を出してます。 間に入り込んだ落葉もスッキリ!DSC05203 
もちろんこれ【ブロワ】一台ですべてが済むわけではありませんが、切り戻し等のおおまかな手作業をしておいて【ブロワ】で吹き集めて捨てるだけ、かなり落ち葉かきの作業は楽になりますよ!!
奥行きのある花壇の落葉も楽々吹き飛ばしでスッキリしました。
虫が苦手な方にもお勧めの道具ですよ。

冬のお庭のお掃除をしたけれど、なんとなくまだお庭が今一つぼんやりした感じという方、【ブロワ】を使うと冬のお庭がスッキリと気持ちの良い景色になりますよ。。
坂林盛樹園ではアフターの時にお客様に【ブロワ】のお試しご紹介と販売もしておりますので、是非お声掛け下さい。

そうそう、洗い出し仕上げの床の砂も吹き飛ばしでスッキリしました。
お掃除の色々なシーンで活躍してくれそうです。

そしてガーデニング作業のご褒美は枯れ葉の下から現れた、真っ赤な実をつけたヤブコウジ、かわいいっ!DSC05198

もう一つ、余裕の時間でちっちゃなフルーレットビオラをブリキバケツに植え、春を待ちます!!

DSC05215

伸びる人材

設計ブログ 設計ブログ

あけましておめでとうございます。

旧年中は弊社ホームページを訪れて下さり有難うございました。

フィーリングガーデンは昨日(1月6日)より新年の営業を開始致しました。

2016年の初出の日、弊社が日頃から「師」と目標にさせていただいているディーズガーデンの橋本社長・営業部長の佐賀氏、営業部西木様が新年のご挨拶を兼ねて遠路はるばる弊社に足を運んで下さり、短い時間ではありましたが数々の貴重なお話を聞くことが出来ました。

その中で一番心に残ったのが

「伸びる人」とは

素直であること

勉強熱心であること

良いと思ったことを即実行できる人

この3つを兼ね添えた人だというお話でした。

文字にすれば簡潔ですが、なかなか出来そうで出来ないことだと思います。

年齢を重ねれば重ねるほど、自分の中にある長年の経験が逆に邪魔をして頭と心が固くなり、ついつい人の意見を受け入れにくくなりがちです。

また、気がついて勉強するところまでは出来ても知識を得た時点で満足してしまい、行動というアウトプットが出来ないまま結局何も変わらなかった。変えられなかったという経験も痛いほど重ねているのが実状の私。

幸運にも新年早々のご縁で心に響いたこの言葉、今年1年の私の行動の指針にと刻んでおきたいと思います。

本年も何卒よろしくお願いいたします。

クリスマス・オン・アイス

設計ブログ 設計ブログ

今年も余す所あと数日となりました。

今日はクリスマス。昨日も今日もわが家では特別なクリスマス行事はありませんが、先週末に大阪の旧なみはやドームで開催されたフィギュアスケートショー・クリスマス・オン・アイスに行ってきました。

子供の頃、札幌オリンピックに出場した「銀盤の妖精」ことジャネット・リンをテレビで見てからというもの、フィギアスケートにすっかり魅了された私なのですが当時から40年以上の月日を経て、今回生まれて初めてアイススケートショーを見る機会に恵まれました。

IMG_5863 (1)

残念ながら会場内の撮影は禁止でしたので入り口の看板だけ。

IMG_5990

私が一番見たかった高橋大輔選手。

高橋選手が現役時代、いつか彼のスケートを会場で見てみたいと思いつつ、なかなか実行できずにグズグズしているうちに引退してしまいました。

後悔先に立たず、ものすごく残念な思いをしたので今回のアイスショーの出場者の中に高橋大輔の名前を見つけたときから「絶対見に行く!!」と心に決めておりました。

当日はクリス・ハートの歌声に合わせ、他にもブライアン・ジュベールや鈴木明子、荒川静香(生イナバウアー見ました!)デニス・テン等、豪華キャストの滑りを存分に楽しみました。

「やはり生は良い!」

この次チャンスが有れば現役復帰した真央ちゃんが出場する競技会を見に行きたいなーと思っています。

ところで観覧席の目の前は氷なので当然会場内は寒いです。フィギアスケートを見に行かれる方は暖かいコート、ひざ掛け、暖かい靴、ホッカイロ、お尻の下に敷けるものを持参されることをオススメします。

特に氷上アリーナ席なんてまさに氷の上に設営された席なので万全の準備でどうぞ。

 

THE CHALLENGE

システム管理 システム管理,大江剛志(システム)

本日は冬至ということで1年で一番昼間が短いです

今年も残すとろこあと10日ほどやり残した事はございませんでしょうか

すぐに行動を起こせばまだ間に合うかも??

 

捨て猫

※ダンボールに入ってますが捨て猫じゃ無いニャ(ΦωΦ)

 

今朝は辺りに霧が立ち込め真っ白になっていました

真っ白

この時期霧で朝晩視界が悪いことがあるので注意しましょう

 

さて、弊社事務所には入口が2ルートあります

ひとつはメインの道路で老朽化していますがコンクリートの舗装がされています

そしてもうひとつは裏口のような感じで未舗装に近い状態

地面は砂利や石でデコボコなので結構危険である

スロープ (1)

これはイカンだろということで朝の環境整備時間を利用して整備してやる!

と思い立ったのだが・・・

出るわ出るわ、掘れば掘るほど石がゴロゴロ出てくる

石と言うか岩みたいなデカイやつまで現れる

こっちは人力でひたすら掘るしか無い

整備に使う獲物は次の3つ

獲物1

獲物2

 上の2本で掘り返して、下の手箕でひたすら運ぶ

 

石2

こんなのや

石3

こんなのを運んで運んで運びまくると

 

こんなことになっちゃいましたΣ(゚Д゚)

石1

 

石出過ぎだろ!!

 

12月に入ってからやり始めてだいたい半分ぐらいを整備できました

スロープ (2)

スロープ (3)

スロープ (4)

順調ではあるのだけれどひとつ問題が

環境整備の担当場所が毎月変わるので

もうほどんど続きをする時間がない(;´∀`)

あとは次の人( `・∀・´)ノヨロシク

毎朝の肉体労働がいい運動になってたんだけどなぁ~

 

といったところで今日はこの辺で

SEE YOU(^_^)/~

 

 

三田国際マスターズマラソン

設計ブログ 設計ブログ

昨日は快晴のもと、三田国際マスターズマラソンが開催されました。
昨年同様、身内の応援のために有馬高校のグラウンドまで行ってきました。

IMG_5884

 今年のゲストランナーはワイナイナ選手

IMG_5944

 スタート地点でランナーの皆さんとハイタッチされるワイナイナ選手。

さわやかな笑顔で選手のみんなを送り出して下さいます。
なんだかとってもいい人でした。

IMG_5954

完走して帰宅した旦那の話によると、走っている最中、「オイ!」と言いながら背中を軽く押して励ましてくれる人物が・・・
颯爽と走り去るその人はなんとワイナイナ選手だったそうです。
ランナー全員を見送った後、最後尾からスタートを切り、みんなを追い越しながら背中をポンポンと叩いて声を掛けて下さったとのこと。ほんとにいい人です。

それにしてもランナーのみなさん、誰も彼も生き生きと楽しそうでとても良いお顔をされていました。
刺激を受けて「来年は私も!!」なんていう気持ちにはとてもじゃないけれど到達しませんが・・・それでもお陰さまでみんなの熱気にパワーをいっぱい頂いた1日でした。

遠近使い分け

システム管理 システム管理,大江剛志(システム)

この冬は暖冬のようです

朝、車の窓ガラスがガリガリに凍りついていたりしますが日が昇ると

かなり暖かく厚着をして作業をしていると汗をかくぐらいです

温かいのは嬉しいですが、この暖かさに悲痛な声をあげる人もいるようです

全国のゲレンデでは雪が無く商売上がったりのようですね

人工雪を撒いても全く雪が足らずかき入れ時のクリスマスシーズンに雪が無いのは

かなり厳しいみたいです

 

さて、話は変わりまして今日はカメラのお話です

カメラやスマホなどそのほとんどにズーム(望遠)機能が付いています

このズームですがみなさんはどのようにお使いでしょうか

遠くのものをそのまま撮ると小さく写るのでズーム機能で拡大する

というのが一般的では無いでしょうか

もちろんその為のズームではあるのですが、望遠と広角を使い分ける事で

写真自体の表現を変える事ができます

具体的にどういうことかと言いますと、同じ被写体を広角側と望遠側で同じ大きさで

フレームに収めた時の見え方です

次の2枚の写真を見比べてください

 

広角側(焦点距離4.3mm)で撮影

FIT (1)

望遠側(焦点距離21.5mm)で撮影

FIT (2)

 ※比較用に撮ったわけではないので少しサイズに違いはありますがご勘弁ください

見比べると違いがよくわかりますね

広角側では魚眼レンズの様に全体的に引き伸ばされたような写り方になります

一方離れた位置からズームで写すとシャープに形を捉えることができます

また映り込む範囲も違ってきます

右隣の車を見ると写っている範囲の違いもよくわかります

 

このようにズーム機能はただ拡大するだけではなく表現の方法としても使い分けることができます

レンズの取替が可能な一眼カメラなどではもっと多彩な表現を可能としてくれます

 

人を撮る時も同じですのでほっそりと写りたいなんて時にはどうやって撮るといいか

研究してみてください

 

今日はこの辺で

それではSEE YOU(^_^)/~

外構工事・ガーデニング、エクステリアやお庭のことならフィーリングガーデン 坂林盛樹園へお任せください。兵庫県神戸市、宝塚市、西宮市、三田市など、兵庫県と大阪府で幅広く対応いたします。外構工事、エクステリアやお庭など、造園技術を兼ね備えた、外構、お庭の専門店が坂林盛樹園です。お見積り、ご相談は無料です。お気軽にご連絡ください。

お見積り・お問い合わせはお気軽にどうぞ

お電話の方
0120-66-0823
FAX 079-566-0905

受付時間 9:00~17:00(平日)

営業によるお打合せは土日も対応しています。
お見積り、ご相談は無料です。お気軽にご連絡下さい。

ページトップへ


Copyright © 坂林盛樹園. All Rights Reserved