ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

最新記事一覧

THE CHALLENGE

システム管理 システム管理,大江剛志(システム)

本日は冬至ということで1年で一番昼間が短いです

今年も残すとろこあと10日ほどやり残した事はございませんでしょうか

すぐに行動を起こせばまだ間に合うかも??

 

捨て猫

※ダンボールに入ってますが捨て猫じゃ無いニャ(ΦωΦ)

 

今朝は辺りに霧が立ち込め真っ白になっていました

真っ白

この時期霧で朝晩視界が悪いことがあるので注意しましょう

 

さて、弊社事務所には入口が2ルートあります

ひとつはメインの道路で老朽化していますがコンクリートの舗装がされています

そしてもうひとつは裏口のような感じで未舗装に近い状態

地面は砂利や石でデコボコなので結構危険である

スロープ (1)

これはイカンだろということで朝の環境整備時間を利用して整備してやる!

と思い立ったのだが・・・

出るわ出るわ、掘れば掘るほど石がゴロゴロ出てくる

石と言うか岩みたいなデカイやつまで現れる

こっちは人力でひたすら掘るしか無い

整備に使う獲物は次の3つ

獲物1

獲物2

 上の2本で掘り返して、下の手箕でひたすら運ぶ

 

石2

こんなのや

石3

こんなのを運んで運んで運びまくると

 

こんなことになっちゃいましたΣ(゚Д゚)

石1

 

石出過ぎだろ!!

 

12月に入ってからやり始めてだいたい半分ぐらいを整備できました

スロープ (2)

スロープ (3)

スロープ (4)

順調ではあるのだけれどひとつ問題が

環境整備の担当場所が毎月変わるので

もうほどんど続きをする時間がない(;´∀`)

あとは次の人( `・∀・´)ノヨロシク

毎朝の肉体労働がいい運動になってたんだけどなぁ~

 

といったところで今日はこの辺で

SEE YOU(^_^)/~

 

 

三田国際マスターズマラソン

設計ブログ 設計ブログ

昨日は快晴のもと、三田国際マスターズマラソンが開催されました。
昨年同様、身内の応援のために有馬高校のグラウンドまで行ってきました。

IMG_5884

 今年のゲストランナーはワイナイナ選手

IMG_5944

 スタート地点でランナーの皆さんとハイタッチされるワイナイナ選手。

さわやかな笑顔で選手のみんなを送り出して下さいます。
なんだかとってもいい人でした。

IMG_5954

完走して帰宅した旦那の話によると、走っている最中、「オイ!」と言いながら背中を軽く押して励ましてくれる人物が・・・
颯爽と走り去るその人はなんとワイナイナ選手だったそうです。
ランナー全員を見送った後、最後尾からスタートを切り、みんなを追い越しながら背中をポンポンと叩いて声を掛けて下さったとのこと。ほんとにいい人です。

それにしてもランナーのみなさん、誰も彼も生き生きと楽しそうでとても良いお顔をされていました。
刺激を受けて「来年は私も!!」なんていう気持ちにはとてもじゃないけれど到達しませんが・・・それでもお陰さまでみんなの熱気にパワーをいっぱい頂いた1日でした。

遠近使い分け

システム管理 システム管理,大江剛志(システム)

この冬は暖冬のようです

朝、車の窓ガラスがガリガリに凍りついていたりしますが日が昇ると

かなり暖かく厚着をして作業をしていると汗をかくぐらいです

温かいのは嬉しいですが、この暖かさに悲痛な声をあげる人もいるようです

全国のゲレンデでは雪が無く商売上がったりのようですね

人工雪を撒いても全く雪が足らずかき入れ時のクリスマスシーズンに雪が無いのは

かなり厳しいみたいです

 

さて、話は変わりまして今日はカメラのお話です

カメラやスマホなどそのほとんどにズーム(望遠)機能が付いています

このズームですがみなさんはどのようにお使いでしょうか

遠くのものをそのまま撮ると小さく写るのでズーム機能で拡大する

というのが一般的では無いでしょうか

もちろんその為のズームではあるのですが、望遠と広角を使い分ける事で

写真自体の表現を変える事ができます

具体的にどういうことかと言いますと、同じ被写体を広角側と望遠側で同じ大きさで

フレームに収めた時の見え方です

次の2枚の写真を見比べてください

 

広角側(焦点距離4.3mm)で撮影

FIT (1)

望遠側(焦点距離21.5mm)で撮影

FIT (2)

 ※比較用に撮ったわけではないので少しサイズに違いはありますがご勘弁ください

見比べると違いがよくわかりますね

広角側では魚眼レンズの様に全体的に引き伸ばされたような写り方になります

一方離れた位置からズームで写すとシャープに形を捉えることができます

また映り込む範囲も違ってきます

右隣の車を見ると写っている範囲の違いもよくわかります

 

このようにズーム機能はただ拡大するだけではなく表現の方法としても使い分けることができます

レンズの取替が可能な一眼カメラなどではもっと多彩な表現を可能としてくれます

 

人を撮る時も同じですのでほっそりと写りたいなんて時にはどうやって撮るといいか

研究してみてください

 

今日はこの辺で

それではSEE YOU(^_^)/~

One Hundred

システム管理 システム管理,大江剛志(システム)

12月も半ばに入り年末に向け何かとばたばたしています

気温が寒かったり、暖かかったりはっきりしない気候ですね

 

この間、砂利サンプルの仮置き場でちょうどサンプルを持ち出した場所に

ニャンコさんが座っていました

新サンプル

そんなところにいると間違って砂利敷きならぬ猫敷きにされてしまうよ(;´∀`)

時々自由気ままなニャンコが羨ましくなります

 

 

 

さて、今週は事務所に新しい設備の取付を行いました

 

『プロジェクター&スクリーン』

 

この取付がなかなか厄介でした

どちらもかなりの重量があるのですが、天井と壁に取り付けなければなりません

まずは天井ボードの裏に隠れた木の梁の位置をさがします

タイミング良く電気設備の方が事務所に来られていたので少しお手伝い頂き

梁位置を出すのに成功

後は組み立てた台座を取り付けます

とは言え梁に咬むのは2面のビス穴なのでもう2面は柔らかいボードに止めることになります

ちょっとでも保たせる為にボード用のアンカーを電設の片に頂きそれをハンマーで打込みました

真上を向いてのハンマー作業はかなりきつかった(;´Д`)ハァハァ

どうにかきっちり取り付けることができました

プロジェクター (1)

プロジェクター (2)

そして電源ケーブルを隠すのにモールを買ってきて中に延長コードを収めました

意外と目立たなかったので一安心、コーナーの収まりもいい感じです

プロジェクター配線

 

もうひとつが映される側のスクリーン

こいつがまた重いのなんのってずっと持ち上げてたら腕が筋肉痛になりました

ビスをねじ込んで引っ掛けるだけなのに相当なダメージを負ってしまいました(;´Д`)

取り付けはこちらもいい感じに収まっています

スクリーン (1)

スクリーン (2)

そうタイトルのOne Hundredはこれのこと

つまり100インチスクリーンです

材質や耐久性を考慮しこのサイズになりましたが当初はもう少し大きいサイズの予定でした

もっと重かったはずなんですよね・・・

 

これで大画面でいろいろ見れます(^O^)v

さて何を見ようかな~?

音響機器を揃えて・・・まぁいろいろできそうですね

 

最近のお昼はたいしたものは作ってませんが

テレビでやってた作り方でキーマカレーを作ってみました

キーマカレー

ヨーグルトをたっぷり入れるので若干酸味が効いています

 

それから何を思い立ったかパウンドケーキ

パウンドケーキ (1)

焼き上がりがこんな感じ

パウンドケーキ (2)

混ぜ込んだチョコもちゃんと残ってました

パウンドケーキ (3)

 

無駄に女子力を磨いているのでした(;´∀`)

それではSEE YOU(^_^)/~

12月に入り、今年もあと残り少なくなりました。

冬はお庭の緑も少なくなって草抜き作業も小休止。

そんな中、庭木の剪定で切り落としたドイツトウヒの葉を使ってクリスマスリースを作りました。

蔓製の丸い輪っかをベースにドイツトウヒの葉を丸く並べて目立たないように緑色の針金をくるくると巻き付けながら葉を固定していきます。

IMGL9520

 ベースになる輪っか、108円也。(byダイソー)

IMGL9518

 緑色の針金も108円です。(byダイソー)

IMGL9528

ちょっと葉っぱが少なくて寂しいかな・・・というわけでもう一周重ねて並べていきます。

ところで葉っぱを並べていく時、注意しなければいけないのが葉の表裏をよく見ること。ちょっとわかりづらいかもしれませんが二枚並んだ写真の上が表側、下が裏側です。

omote

ura

他に特に決まりはありません。自由に好きな形に仕上げていき、最後にリボンやドライフラワーなどでアクセントを付けて出来上がりです。

IMG_5824

金色のリボンとドイツトウヒの実をつけてこんなに素敵なリースが出来上がりました。しかも材料費は200円程度。とてもそんな風には見えません。

 冬場はお庭のお手入れの時間が少なくて済みますよね。
空いた時間を利用してクリスマスの支度にお庭の植物を散りばめた素敵なリースを作ってみてはいかがですか?

今月も届きました!毎月楽しみにしているディーズさんからの美味しいお便り。

IMG_5799 (1)

箱を開けると種類豊富な美味しそうなお漬物達がこんなに沢山入っていました。

IMG_5801 (1)

京都の台所、錦小路にある桝俉さんというお漬物屋さんの品々です。

 

遠~い昔・・・学生時代。年末に西小路のとあるお店でアルバイトをしたことを思い出しました。

お正月料理の食材の買い出しにどっと押し寄せるおばちゃんたちに「まとめて3個買うからまけて!!」ちゃんと値札がついているのに「これなんぼになるの?」とすごい勢いで迫られ、「値切る術」というものを初めて体感した日々。
最初は店と客の駆け引きに圧倒されっぱなしでしたがだんだんそのやり取りが楽しくなってきたことを思い出します。(今では自分自身が値切るおばちゃんの側になっていますが…)

 

(ちょっと話が脱線してしまいました。)ところで毎月届くお届け物ですがいつもすごいなーと思うのが品物に添えられているディーズさんの社員さん直筆のお手紙です。
心のこもった文章も嬉しいのですが皆さん全員達筆だということに大変驚きます。
もしかしてディーズガーデンさんでは書道部とかペン字クラブとかいうものがあってお手紙の練習をされているのかな・・・?一度おうかがいしてみたいです。

 

近場を散策

システム管理 システム管理,大江剛志(システム)

紅葉が見たーい!!

そんな時期なので旅立ちました

 

まわりは山だらけの三田市ではあるのだが、見慣れた景色をわざわざ見るのもつまらないので

ほんのちょっと足を伸ばしてお隣の宝塚市へ

JR武田尾駅周辺に行ってきました

武田尾駅

駅から南方へ向かいます

まず現れたのがJR福知山線の旧路線トンネル跡

トンネル入口

結構暗くて夜ひとりで入るのはなかなか勇気がいりそうです(;´Д`)

トンネルの中

 少し照らしてみます

トンネルの中2

途中には外へ抜ける穴があります

穴

穴を外から見るとこんな風になっています

穴の外

トンネルをどんどん進んで行くと通行止めになっていました

通行止め

すぐ横に抜け道があり無事外に出れました

出口

 トンネルを抜けると視界が一気に開けドーンと吊橋がお目見えします

吊橋1

橋の支柱が神社のでっかい鳥居みたいです

吊橋2

吊橋の全景です

吊橋3

吊橋からの景色ですがあまり紅葉がぱっとしていません(´・ω・`)

 景色

超巨大岩発見Σ(゚Д゚)

 巨大岩

寄りすぎて比較しにくいのでちょっと引きで歩いている人を入れてみます(;´∀`)

 DSC00215

どっから転がって来たんだろうか・・・

 

肝心の紅葉が微妙なのでもう少し奥に突き進んでみました

すると駐車場のまわりに少し華やかな葉っぱを発見!

 駐車場

 なんだかカラフルでおっきい葉っぱが!これイイネ(≧∇≦)b

楓

 他にもちょこちょこ紅葉がありました

楓

 そして赤いもみじを見るとやっと紅葉を見に来た達成感が出てきました

もみじ

 

駐車場を見渡すと足湯はっけーん

足湯1

入口は駐車場からでいい感じです

足湯2

 中はこんな感じ

足湯3

屋根もしっかりできてます

足湯屋根

すぐ裏に小さな滝がありました

滝

場所を少し移動して、吊橋を渡り武田尾温泉のある川の対岸へ行きます

吊橋渡り

対岸

 石積みの水路がなんとも言えません

水路

水路2

その他にもすごい苔の階段を発見しました

苔階段

 

とまぁこんな感じでふらっと片道30分の散策に行ってきました

すぐ行けるけど普段行かないようなところが意外と楽しかったりしますね

天気はそれほど良くありませんでしたがハイキングの人が結構来ていました

外国人もきていて少し驚きました

対岸から橋

それではもう一度吊橋を見ながらお別れといたしましょう

SEE YOU(^_^)/~

 

鉄骨という選択肢

設計ブログ 設計ブログ

日に日に秋が深まる季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
先日、紅葉を楽しむために御在所岳に連れて行って頂きましたが、
ロープウェーの高さに生きた心地がしませんでした。
IMGL9342

さて、高さという事で、ただいま工事中の物件をご紹介させて頂きます。

IMG_20151118_104234IMG_20151118_105541

なにやら大掛かりな事になっていますが、鉄骨のテラスを組み立てています。

道路と宅地の高低差があるお土地で、広いテラスが作れないか、というご相談でした。


メーカーの既成品で高所向けのテラスは確かに有るんですが、設計に制限があったり、

床板がデッキ状で隙間があり、雨の日には下に停めた車が濡れてしまったり、

テラスの足が何本も立ってしまい、駐車場の有効寸法や、見た目的にもよろしくありません。

 

そこで今回は骨組みを鉄骨でご提案させて頂き、テラス部分をコンクリートで仕上げる事により、

数々の問題を一気に解決してしまった訳です。

 

ちなみに、完成はこのようなイメージです。

ブログ用2

コンクリートの仕上げにしてありますので、将来的にこの上に人工芝を張ったり、また石貼りにしたり、

各種グレードアップが可能です。

排水についても、勾配を設けて排水パイプを繋ぎますので、水が溜まりにくくなります。

IMG_20151118_121529 ブログ用1

テラスの下の部分についても、極力広いスペースが確保出来るよう、足は1本で支えています。

IMG_20151118_121548

また、塗装がしにくい裏側については、デッキプレートをメッキ加工する事で非常に錆びにくくしてあります。

※白い骨組みの部分は写真の段階ではサビ止め塗装と、下塗りです。


なかなか鉄骨を扱っているお庭屋さんは少ないんじゃないかと思いますが、

鉄骨は鉄骨屋さんに、お庭はお庭屋さんにと、別々に依頼すると、それぞれの取り合いが難しく、

それだけお打ち合わせの手間も増えてしまいます。

その点、弊社では両方を合わせたトータルなご提案をさせて頂けると思います。

 

敷地の活用にお悩みの方、こんな方法もございますのでご検討下さいませ。

 

 

 

 

11月も半分が過ぎ冬はもう目の前です

 

しばらく間が空きましたがひまわり成長日記の続編です

 

まずは10月の終わり頃のようすから

ひまわり10月23日1

ツボミみたいなのが突如現れました

ひまわり10月23日2

これが開いてお馴染みのひまわりの花が咲いてくれるはず(;´∀`)

 

そしてさらに11月に入り休み明け会社に来ると

ひまわり11月09日1

いきなり咲いていました(゚∀゚)

そしてもう一本咲きそうになっています

ひまわり11月09日2

 

 

そして日が経つにつれて・・・

ひまわり11月10日

ひまわり11月12日

ひまわり11月13日 (2)

しっかりと花びらが開きましたヽ(=´▽`=)ノ

 

あとはちゃんと種が収穫できるかが問題です

どんどん寒くなってきているので早く種をつけてくれると嬉しいです

 

それではまた種がついたらご報告いたします

SEE YOU(^_^)/~

 

 

 

 

 

伏見稲荷と平等院鳳凰堂

設計ブログ 設計ブログ

京都の紅葉にはまだ早いかな…と思いつつ、先日、かねてから行ってみたいと思っていた伏見稲荷と平等院鳳凰堂を訪れました。IMG_5177

商売繁盛・五穀豊穣の神様として、厚い信仰を集める伏見稲荷大社。
安産や、万病平癒、学業成就などのご利益があるそうです。

IMG_5148

期待通りの赤い鳥居の道。思った以上に道のりは長い。

IMG_5154

鳥居を寄進された方のお名前や会社名が記されています。

「申年の男」って…誰?

伏見稲荷は拝観料無料、そしてお稲荷さんの目の前の広い駐車場も無料でなんだか全体的に太っ腹というか大らかな印象でした。

 

そして次に訪れたのが平等院鳳凰堂。24年9月から約2年間の修復工事を終え、今年の春から拝観再開されました。IMG_5198

10円玉に記されたあの姿。本物をゆっくり眺めることが出来てその美しさに感動!

建物も素晴らしいけれどお庭も美しい…建物の前に造られた池に建物の姿が映り、周辺の景色と建物の調和が計算され尽くしていることに驚きます。

 IMG_5215

藤原頼通は、当時の人が思い描いていた「極楽」の世界を表現するために鳳凰堂を建立したのだそうです。当時の建築技術を忠実に再現してお色直しされた鳳凰堂を眺めていると当時の人の美的感覚の素晴らしさ、心の余裕が感じられます。

平成の大修復にあたり、長年の経年劣化をふまえた侘び寂びを表現するのか、それとも新築当時のきらびやかな姿を忠実に再現するべきなのか色んな意見が飛び交ったそうです。私個人的には当時の人がどんな色を好んでどんな技術を持ち、どこまで細かい表現をしていたのか、最初に人々が作ろうとしていたものはどんなものだったのかを知りたかったので「金ぴかでよかったー!」と思いました。

IMG_5235

宇治といえばお茶。拝観後、鳳凰堂の入り口向かいのお茶屋さんでティータイム。抹茶ぜんざいが美味でした。

 

ところで鳳凰堂のもう一つの見どころは平等院ミュージアム鳳翔館。近代的な建物が上手く周りの空間に溶け込み、辺り一帯は鳳凰堂を中心に史蹟名勝に指定されているそうです。

展示内容や展示方法が斬新で素晴らしく、一見の価値あり。昔の建築と現代の建築双方の美しさを一度に味わえるのも平等院鳳凰堂の魅力だと思います。

これから全盛期を迎える京都の紅葉見物のついでにちょっと伏見・宇治まで足を伸ばしてみませんか?

 

   

ページトップへ


Copyright © Feeling Garden 坂林盛樹園. All Rights Reserved